May 01, 2005

二人で自転車に乗れるところ

タンデムは禁止?タンデムと言えば、オートバイの高速道路の二人乗りが先月解禁されました。自転車の場合は、子供を乗せる場合を除き二人乗りは禁止ですが、タンデム自転車というのもあります。


ただ、よく言われるように長野県を除いて、原則としてタンデム自転車は公道を走行できないようです。道路交通法施行細則という各自治体の条例によって規制されていますので、県によっても取り扱いは違います。解釈によっては、三輪のタンデムならいいなどという話もあるようですが、走っているのを見たことはありません。現実には、一部の遊園地等にあるだけなのでしょう。

タンデムのレンタルところが、そのタンデム自転車ですが、昨日紹介したパレスサイクリングには、何台も走っています。デートにもおすすめと書きましたが、タンデム自転車も無料でレンタルしているのです。実際にカップルや親子が楽しそうに走っています。

冒頭の写真の標識は、この皇居前のパレスサイクリングの実施時に表示されているものです。こんなにたくさん走らせているのに、なぜわざわざ「タンデムを除く」の標識にしているのか、逆に不思議ではあるのですが、ここではタンデムでも問題なく走行出来ます。

佐賀県は「特殊3人乗り自転車による観光振興特区」と「タンデム(2人乗り)自転車による自転車のまち満喫特区」というユニークな特区を申請したものの、残念ながら却下されたようです。一般の公道を走らせるのには、安全上の問題があるということなのでしょう。

私も幼少の頃乗ったことがありますが、親子でタンデム自転車をこぐなんて、子供にとっては貴重な体験です。また、視覚障害のある人と健常者が一組になって一緒にタンデムに乗るイベントなども開催されているようです。海外では、もっと普及している国もあるようですし、日本でも、もう少し乗れるところが増えてもいいように思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/20644343
この記事へのトラックバック
このブログの過去の記事に、タンデム自転車についてのものがあるのですが、その記事へ、実際のタンデム自転車の製作者の方から、一昨日メッセージが寄せられました。それをきっかけに調べてみますと、長野県以外でもタンデム自転車で走行できる可能性があることがわかりまし....
どうしても二人で乗りたい時【サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜】at November 12, 2005 09:36
この記事へのコメント
3輪のタンデムを作っている人です。
歩道を走れないというデメリットがありますが、3輪であれば東京、大阪、愛知など人口比で語ればかなりの場所で車道を走れます。
自転車のスペックという視点から見るとスペックダウンであることも否めません。
しかし、自転車を楽しむと言う観点からすると大変点の高い自転車であると思っています。
Posted by markAG at September 30, 2005 20:49
markAGさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
サイト拝見しました。実際に作って販売してらっしゃったんですね。失礼いたしました。
なるほど、やはり3輪のタンデムなら、公道を走れるわけですね。未確認のまま、あいまいな書き方をしてしまいました。
大人になってからも、大きな公園で、二輪ですがタンデムに乗ったことがあります。確かに楽しいですよね。
わざわざお知らせいただき、ありがとうございます。
Posted by cycleroad at September 30, 2005 21:44
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)