May 31, 2005

乗れない人にも乗ってもらう

踏み込み式三輪自転車いくら自転車が身近な乗り物だといっても、乗れない人が存在します。


それは、子供やいわゆる自転車に乗れない大人だけとは限りません。身体に何らかの障害があって乗れない方もいらっしゃるわけです。上の写真は、そんな方にも乗ってもらうために工夫された自転車の一つ、「踏み込み式」の自転車です。

よく見るとペダルの形が違いますし、前のギアもありません。ヒザや脚力などの関係で、ペダルを回転させられなくても踏み込むだけで進む自転車なのです。左右交互でも、両方同時でも、片方だけ踏み込んでも進むそうです。実際に、左半身が不自由な方が東京から栃木まで出かけた例もあると言います。

この自転車を製作されているのは、障害者用自転車製作二十六年(!)の堀田製作所代表の堀田健一さんです。サイトを見ると、四輪タイプや電動アシスト付、踏み込み式の折り畳み自転車まであります。他にも、ハンドルを押し下げるだけのブレーキとか、ペダルの代わりに手で操作するレバーなどいろいろです。一人一人の障害に合わせて、オーダーメードすることもあるそうです。

今は電動車椅子もありますが、それでは動かせる部分も衰えてしまうことになります。使う人の身体機能の維持や改善、リハビリにもなるわけです。ただ、過保護になっても、逆に無理をさせてもいけないので、使う人と製作者の意思の疎通が大切だと言います。

そんなハンドメイドの自転車は、利用者にとって、大きな力と喜びになっているようです。自分の力で走り回ることは、単に行動範囲が広がるだけではありません。掲載されている利用者のお便りを見ると、活動的になって気持ちまで明るくなる、世界が変わった、別人になったようだ、など、この自転車の存在の大きさが感じられます。

堀田さんは、さまざまなアイデアや工夫を編み出し、数々のご苦労をされながら、四半世紀にわたって1500台以上もの自転車を作り続けてこられたそうです。どんな障害でも注文は断ったことがないというのも、職人魂のようなものを感じさせる話です。

自治体が購入に助成を行う動きもあるようですが、まだまだ十分とは言えないようです。もちろん、こうした自転車の存在を知らずにあきらめてしまっている方も少なくないものと推測されます。自転車で自由に走り回る喜びを、少しでも多くの人が味わえるようになるといいなと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/23657742
この記事へのコメント
二年前までは暇さえあれば自転車に乗っていましたが、(軽い)手術後、何となくさぼっています。このブログを読ませていただき、「風を切りながら自分で動いて、見て、聞いて、考える」ことの楽しさと大切さを再認識しました。
現在、サラリーマン技術者からフリーランス翻訳者を目指す長旅中です。ブログにその旅景色をしたためています。私もこの夏にはサイクリングを復活させます。また立ち寄らせていただきますので、よろしく!
Posted by SomethingAnother at June 18, 2005 22:36
SomethingAnotherさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
再認識されたとの事、何かのきっかけになったのであれば、こんな嬉しいことはありません。自転車は、乗ればすぐまた、楽しさを思い出しますから、この夏は相当日焼けされることになるかもしれませんね(笑)。またお寄りください!
Posted by cycleroad at June 19, 2005 01:34
こんにちは。お久しぶりです。いよいよ長年勤めた会社からの退職に向け、具体的な行動を始めました。その状況も、(若干デフォルメする必要はありますが)投稿していきます。

年内には、自転車で遠出できる時間がぐっと増えそうです。またおじゃまさせていただきます。
Posted by SomethingAnother at August 24, 2005 08:05
SomethingAnotherさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ごめんなさい、コメントいただいたのを見逃していまして、返信が遅れました。前回コメントしていただいた続きに書いていただいたようですね。ご配慮いただいたようで恐縮です。
そうですか。何事も一歩踏み出す、0から1は大きな力が必要だと思います。1から2はそれに比べれば楽だと思いますが、どこかでルビコン川を渡るときも来ると思います。自分の信念に基づいて行動されているご様子、頑張ってください。
SomethingAnotherさんも書いておられるように、自転車に乗ってるときって、いろんな考えが浮かびますよね。私も、普段と違って、ふと客観的に自分を見れたりすることもあります。気分転換にも、健康増進にもなりますし、なにより楽しいですし..。いい時間が増えるといいですね。
Posted by cycleroad at August 29, 2005 14:30
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)