June 08, 2005

速度でも変わる消費カロリー

私も以前は全く無頓着に食事をしていましたが、健康を意識するようになってからは、食事の内容やカロリーにも気をつけるようになりました。


食事をしにレストランなどに行くと、メニューにカロリー数が書いてある場合があります。特に女性はカロリーを気にしながら料理を選ぶ人も多いと思います。私は、以前はほとんど気にして選んだことはありませんでした。極端に言えば好きなものを食べたいだけ食べていました。

何度か書いていますが、自転車に乗るようになって体重が減り、健康診断の数値が見る見る良くなりました。もともと肥満と言うほど太っていたわけではありませんが、やはり無頓着に食べていると、どうしても太り気味にもなりますし、体脂肪、特に内臓脂肪が増えます。

おなか周りに脂肪がつく、いわゆる中年太りは格好が悪いだけでなく、生活習慣病のリスクも高くなります。自転車に乗って、せっかく痩せたら維持したいですし、もっと体脂肪率を下げようとか、内臓脂肪の割合を下げようとか、欲も出てきます。体脂肪率などは、食事を無頓着にしているとすぐに戻ってしまう気もします。

すると、食事の内容や野菜の摂取も大切ですが、全体のカロリーも気になり始めます。と言っても、私の場合は厳密に計算しているわけではなく、なんとなく無駄にカロリーの高い脂っこい食事は避けるとか、昼にこのカロリーは取りすぎだとか、そんなレベルではありますが..。

付き合いや勢いで、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうことは、どうしてもあります。でも、自分の年齢や体重、身長などのデータから、おおよその一日の必要カロリーを知り、基礎代謝量を知り、そこから、必要十分なカロリー数の食事量がどのくらいであるか知っておくのは無駄ではありません。

出入りで「入り」が超過していると、やはり必ず体重は増えてしまいます。このサイトのように、必要カロリーや食事のカロリーを計算できるサイトはたくさんありますので、計算してみるのもいいでしょう。日々の食事厳密に計算するのは大変ですが、おおよその目安を知っておくのも意義があると思います。

反対に消費するカロリー、特に自転車に乗ったときに、どのくらいカロリーを消費するか、また、どの程度の脂肪が燃焼できるか計算できるサイトは、こちらです。このサイトは自転車のスピードなどによっても変わってくる消費カロリーを計算できます。

ブルーの部分の数字、年齢、平均速度、性別、体重、運動時間を入力して、消費カロリーを計算します。平均時速は、ママチャリで普通にこぐ早さが毎時15キロ程度だと思いますので、目安にして下さい。また、運動時心拍数は、鼻歌が歌える程度より少し頑張っているくらいで、180−年齢というのが目安になるでしょう。

一般的に言って、必要なカロリー数より食べすぎている場合が多いと思います。日本人の食事も高カロリー化していますし、おいしいものや旨い酒の誘惑も小さくありません(笑)。これを、必要カロリーに近づけようとすると、必然的に腹八分になると思います。お腹がすくと、いつも何か口にしてしまう習慣に気づく人も多いでしょう。食事前の腹ペコ感が、今まで足りなかったことに気づくかも知れません。

あまり食事がつまらなくなっても仕方ないですし、厳密に食事制限なんて、やろうと思ってもなかなか出来るものではありません。しかし、ダイエットまで行かなくても、適正な体重コントロールは、健康には欠かせません。出入りするエネルギーについても、少し意識してみてはいかがでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/24545183
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)