July 06, 2005

オリエンタルな自転車の素材

竹のフレームBrano Meresさんという方の製作による、竹で出来た自転車のフレームです。


こちらが完成車他にも、こちらのサイトなどを見ますと、昔から竹で作られることはあったようです。初めて、この竹のフレームを見た時、ふと香港を思い出しました。香港に旅行されたことがある方はご存知だと思いますが、香港では、建築現場の足場が全て竹で組まれているのです。

最初見た時は驚きました。何せ、どんな高層ビルであろうと竹の足場なのです。街のあちこちで見られます。(参考:りえさんのブログ)でも考えてみれば、あくまでも足場です。土台になるわけでも柱や軸にするわけでもありません。建物に沿って足場が組まれているだけなので、竹でもなんら問題ないわけです。

昔の竹の自転車見た目は頼りなさげな気がして怖いですが、香港の人にしてみれば当たり前なのでしょう。暑い気候でも熱を持たず、伸縮せず、安価で豊富に手に入り、何よりも軽いなど、メリットも多いわけです。逆に、日本のような鉄パイプの足場の方が、崩れてきたら危ないじゃないかと言われれば、そんな気もしてきます。

まさしく固定観念と言えるでしょう。そんなことを、この竹のフレームの自転車を見て思い出しました。普通、自転車のフレームと言えば、クロモリやハイテン鋼、アルミやカーボンなどが当たり前だと思っていましたが、それも固定観念なのかなと思わないでもありません。

竹の自転車竹なら、断然軽いだろうと思いながらよく見てみると、重量は10.7キロとあります。軽いと言えば軽いのですが、それほどではありません。もっと軽い素材もあります。竹に出来ない部品も多いですし、今の素材加工技術ならば、竹より軽く出来るというわけでしょう。

すると、竹のメリットはと言えば、「しなり」くらいでしょうか。いかにもオリエンタルな雰囲気があって、魅力的ではありますが、やはりディスプレイ用など、アイキャッチになるくらいなのかも知れません。 




このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/27283991
この記事へのコメント
はじめまして!
竹の足場の話題にトラックバックありがとうございました!
竹の自転車、かわいいですね!
先日、中国で応用編(?)の竹の乳母車を見ましたよー。
Posted by りえ at July 08, 2005 19:49
りえさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
へぇー、竹の乳母車ですか。乗ってる赤ちゃんも涼しそうなイメージがありますね。天然の素材としての竹も、もっと見直されるべきかも知れませんね。
Posted by cycleroad at July 09, 2005 08:40
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)