August 04, 2005

歩行者天国を行きかう自転車

秋葉原の街並み関東のローカルな話題ですが、東京秋葉原と茨城県のつくば学園都市を結ぶ、つくばエクスプレスの開業が8月24日に迫っています。


東京都は開業に合わせ、家電やコンピュータの街、秋葉原をIT産業の産学連携拠点とする再開発計画「秋葉原クロスフィールド」を進めているそうです。開業前にもかかわらず、5月のJR秋葉原駅の乗降客数は前年同月より1割以上増えたと言いますし、すでに秋葉原の再開発の効果が出始めているようです。

少し前ですが、日曜日に秋葉原へ行ってきました。電車ではしょっちゅう通るのですが、下車したのは久しぶりです。いつの間にか高層ビルが何棟も建っており、加速度的に変わっています。しかし街のハードもさることながら、なんと言っても、家電やコンピュータの街からオタクの街、「萌え」の街になって来ています。

恥ずかしげな様子は全くない

世代によっては理解しにくく、眉をひそめる向きもないではないですが、今やオタク市場は数千億という規模ですから、経済的にも無視できない存在です。もちろん、電気街としても健在です。ヨドバシカメラなどの、今までなかった量販店も進出してくるそうです。他にもゲームやコミック、同人系、フィギュアなど、渾然一体となってます。

秋葉原の歩行者天国も、ずいぶん様変わりと言うか、雰囲気が変わってきました。相変わらず男性の多い街には変わりがありませんが、萌え系のコスチュームを着た幼い感じの女の子が歌を歌っていたり、黒やピンクのメイド服を着た、幼い感じの女性がメイド喫茶のチラシを配っていたりします。男性は、人だかりになって写真やビデオを撮っています。

いろんなコスチューム

歩行者天国と言えば、自転車も降りて押すよう厳しく規制しているところもありますが、秋葉原の場合は平気で走り回っています。歩道と同じ感覚で、何の疑問もなく乗り入れているようです。悪気もないのでしょうが、取締りもされてないようです。この曖昧さがアダとならないといいのですが..。

混みあう場所もありますし、路上のあちこちでパフォーマンスをしています。夢中でそれをカメラに収めている人もいます。あちこちのパフォーマンスに気をとられて、よそ見しながら自転車を走らせている、かなり危なっかしい人も見ます。

自転車が通る

気づくと、平日と違って路上に停めてある自転車もかなり多いです。けっこうマニアックな自転車も停まっていました。もちろん、萌え系以外にも、電子部品やらミリタリーやら、いろんなもののマニアの街、趣味の街ですから、いろんな人がいるでしょう。どういう重なりになるのかわかりませんが、自転車で来ている人も他の街よりかなり多い印象を受けました。

自転車が多い

今日は、街の観察日記風にしてみました。渋谷や原宿、六本木に、汐留やお台場もいいですが、最近は秋葉原も面白いと思います。好き嫌いの分かれる街ですが、再開発でめまぐるしく変貌しています。特に最近行っていないという人は、結構驚くかもしれません。自転車で行くのもいいですが、よそ見にはくれぐれもご注意を。




このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/29609835
この記事へのトラックバック
「歩行者天国」って言葉を知ってやがるか? よく考えてみたら、最近この言葉をめっき
歩行者天国【俺のワーキングライフ】at September 03, 2005 11:52
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)