September 16, 2005

三つになれば安定するけれど

トライク
最近、新しいタイプの三輪自転車が出てきています。


ランドウォーカーランドウォーカーやトライクと呼ばれる自転車がそれです。今までと違い、前輪が二つで後輪が一つです。今までの後輪が2輪り3輪タイプの自転車より目新しいこともあってか、とてもスポーティーな感じがします。

これまで後輪が2輪のものは、その間隔を広くとって間を荷台にし、安定性と積載性が高い設計でした。前2輪がスポーティーに見えるのは、前の2輪の間隔が狭いというのもあると思います。またその分、後2輪になっているものと比べ、カーブもより軽快に曲がれて、運動性も高いようです。

前二輪のタイプは、より普通の二輪に近い操作性をもちながら、段差を斜めに乗り上げても転倒しにくく、低速でもふらつかず、安定を保ちやすくなっています。必ずしも高齢者向けに限っているわけではありませんが、のんびり走行できるなどと書いてあり、中高年や高齢者も意識しているようです。

事実、高齢者に購入者が多く、その満足度も高いと言います。今後の高齢化社会を考えれば、当然出てくる戦略なのでしょうし、今後需要が高まっていくことを見込んでいるものと思われます。もちろん、さらに安定性の高い、従来型の三輪型自転車も、依然として販売されています。

スイングチャーリーこうしたランドウォーカーやトライクを街で乗っているのは、まだ目撃したことがありませんが、従来型は、頻繁ではありませんが、街中で見ることもあります。後ろ2輪の従来型3輪については、電動アシストタイプも売られています。

今後、高齢化社会が急速に進展するにつれて、自転車に乗る人も高齢化するわけで、昨日も書きましたが、どうしても脚力が衰え、速度が出ない分、ふらつきます。低速でも安定し、安全な三輪は、今のところ圧倒的に少数ですが、今後は増えてくるのかもしれません。

高齢者の安全の確保のために、安定したトライクの需要も増える可能性はありますが、高齢になったからと言って、二輪をあきらめる必要はありません。高齢者も当たり前のように、普通の2輪に乗っている人も少なくありません。私も、歳をとってもなるべく二輪に乗りたいと考えます。

ヘルメットで気づかなかったりもしますが、颯爽とロードバイクに乗っている白髪の紳士とすれ違うことがあります。今どき、元気にジョギングしている高齢者だって見るくらいですから、ヒザなどへの負担がより少ない自転車は、高齢だって充分乗れるはずです。

若い頃から、継続して自転車に乗っているという方も多いのだろうと思います。もちろん、50代や60代で始めても、決して遅くないのが自転車だと思います。子供の頃以来だったとしても、ちょっと足慣らしをすれば、すんなり入っていけるはずです。

電動アシスト高齢になっても元気に自転車に乗っている方は多いですが、逆に言うと自転車に乗っているからこそ、運動をしているからこそ、歳をとっても元気でいられるという面もあるに違いありません。実際、そういう方は大勢いると思います。

足腰を鍛えることは、健康を保つ上で重要です。また、認知症の予防にも有効と言われています。百歳でCMに出て有名になった、双子のおばあさん、きんさん・ぎんさんも、それ以前は認知症の症状が出ていた時期があったそうです。でも足を鍛えたことなどによって復活したと聞きます。

プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんは70代でエベレストに登る凄い人ですが、そのお父さんの敬三さんも、百歳にしてモンブランからスキーで滑走する凄い人です。例としては特別すぎかもしれませんが、敬三さんも、若い頃から、ずっとスキーを続けてきたからこそ出来るという面があるのでしょう。

最近では、予防介護ということも言われるようになりました。町民に運動を推奨することによって、老人医療費を劇的に減らした町も話題になりました。今では多くの高齢者が運動をし始めています。寝たきりや認知症を減らし、周囲の介護負担を軽減するためにも重要です。

高齢になって、クルマの運転免許を返上した人が、自転車に乗り換えるという例も多いのではないでしょうか。歩いて行ける範囲に商店が減っているなどの場合、貴重な交通手段となる場合もあるでしょう。3輪の自転車の活躍の場も広がっていくのかも知れません。





先日、4メーターもあるニシキヘビの捕獲のことを書きましたが、その後も続出しています。こういう話題は、単独では話題になりませんが、一旦取り上げられると、俄然話題性が出てきますから、ある程度続きそうです。ボールパイソンにピラニア、サソリにイグアナに3匹の子ブタですか(笑)。セアカゴケグモもまた見つかりましたし、次はなんでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50080904
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)