September 21, 2005

ネットワークする事の可能性

京都新聞先月末の京都新聞の記事に、自転車版「JAF」設立へ、というものがありました。


京都などの自転車愛好家らが自転車を使いやすい街づくりを各地で進めようと「全国自転車ネットワーク」の設立準備を進めているそうです。ここでも何度か取り上げましたが、有名な「自転車ツーキニスト」の疋田さんらが準備委員会を結成したそうです。

個人的に、おおいに期待したい話です。「自転車にとって、日本の車道と歩道はいずれも走りにくいのが現状なので、こうした自転車を取り巻く状況を改善し、交通の核にしていくのが狙い」となっています。私も何度も書いていることで、大いに賛同します。

各地で駐輪場の提供や修理サービスなども展開していくそうです。クルマ版のJAFのように出張修理までするかは別として、修理サービス拠点の増加を歓迎される方も多いのではないでしょうか。もちろん、趣味のサイクリストには、一般向けの修理サービスの必要性は薄いでしょう。

しかし、全体の大部分を占める、ママチャリなどに乗っている人には朗報になるかも知れません。修理体制が整うほど、簡単に捨ててしまわれる自転車も減ると思われるので、その点でも意味があります。不要な自転車の放置減少にもつながります。

全国自転車ネット課題は、この試みがどれだけの人に支持されていくかでしょう。自転車の利用者とメーカー、保険会社などに呼びかけて連携し、となっています。メーカーや保険会社などはユーザーの反応にもよるでしょうから、ユーザーの大部分を占める、ママチャリなどに乗っている一般の人の反応がカギになってくるのかもしれません。

その場合、日本人の9割が、駅前の無秩序な駐輪を連想し、自転車を否定的なものとして捉えている、というところが問題です。歩道を暴走するような自転車も、悪いイメージを増幅しています。欧米では法規も違うので、そのようなモラルの低い利用者が少ないこともあり、環境に優しい、いいイメージがあります。またロードレースも盛んで、市民に親しまれており、選手は人々の尊敬を集めているところも違います。

そう考えると日本での自転車はハンデを背負っていると言わざるを得ません。また街を走る自転車の大部分がママチャリということもあり、その決して軽快とは言えない走りが、自転車の本来の魅力を大幅に減じており、多くの人が自転車の良さ、楽しさを一部しか理解していないのもネックになりそうです。言ってみれば、この構想が手本としているドイツなどと比べると、自転車文化や社会背景、人々の理解度などの基本的要件からして違うと言えます。

京都新聞JAFと言うと、どうしてもロードサービスのイメージです。自転車版JAFと言っても、あまり自転車に興味のない一般の人は、特に必要性が感じられないでしょう。一瞬、意外さを感じるかも知れませんが、それほどのインパクトでもありません。JAFがドライバーの団体であるように、自転車に乗る人の立場を代表する団体であることも、もっとアピールするべきだと思います。

これだけたくさんの人が自転車に乗っていても、そうした団体の必要性を感じていない人がほとんどだと思います。必ずしも政治的圧力団体が必要なわけではありませんが、自転車に乗る人の意見や思いが結集することによって、何が実現出来るのか、明確なメリットや必要性、ビジョンなどを是非、広く示してほしいものです。

多くの人は、自分の利用する範囲の状況にしか興味ありません。自転車を趣味とする人ですら、こうした社会的活動には興味もなく、趣味としての自転車に対してしか、意識が向かないかもしれません。実際、歩道走行がどうしたとか、マナーがどうのなんて、自分には関係ないよというサイクリストも多くいます。

別に、それはそれでいいとは思います。しかし、そうしたバラバラのユーザーの声を結集し、全国の自転車乗りをネットワークすることにより、自転車をとりまく環境が向上し、人々の理解やマナーも向上し、インフラが整備され、ひいてはイメージも良くなるいい循環が出てくれば、もっと楽しく、もっと走りやすくなるはずです。

コンピューターをつないで行ったら、単なるコンピューターの束が出来たのではなく、誰も見たことのない、新しいインターネットという世界が出来たように、単なる利便性の向上や、自転車の活用にとどまらない、新しい社会の形成に寄与していく可能性も高いと思うのです。





アメリカのテレビのお天気キャスターが、大型ハリケーン・カトリーナは日本のヤクザの仕業と発言し、物議をかもしているそうです。ハリケーンを人工的につくり出すため1976年に開発されたロシア製機器を購入して発生させた、米国による原爆投下への報復措置だそうです。この話がネットを通じて広まり、全米の約四十のラジオ局が同氏にインタビューを申し込む騒ぎになっているというのも、なんだかなぁ(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50090716
この記事へのコメント
TBありがとうございました。確かに期待したいところですね。実は僕のブログの左隅に「補足ホームページ」へのリンクがあって、そのホームページでブログの各カテゴリーに関連したホームページやブログのリンク集を作っています。このブログも近いうちに加えたいと思います。支障があるようでしたらご連絡ください。
Posted by けいすけ at October 12, 2005 16:55
けいすけさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
あまり話題にはなっていないようで、マイナーなんですが、期待しています。
支障なんて、とんでもないです。加えていただきありがとうございます。けいすけさんのブログは、幅広いカテゴリに関して書いてらっしゃっるので参考になりますね。
Posted by cycleroad at October 13, 2005 07:24
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)