October 05, 2005

ヒーローのいる国といない国

ツアー・オブ・ホープ今、アメリカでは大陸を横断する5300キロを自転車で走破する、ツアー・オブ・ホープが行われています。これは、ガン撲滅に向けたキャンペーンで、ツール・ド・フランス前人未踏の7連覇を成し遂げたアメリカの英雄、ランス・アームストロングがプロデュースしています。


ランス・アームストロングを単にアメリカンヒーローと言ってしまうと、伝わらない部分があります。彼は、睾丸ガンに侵され、肺と脳に転移しているとの診断を受け、一説には生存率10%以下と言われる状況から、苦しい闘病生活を克服して奇跡的な復活を遂げ、世界一の過酷なレースで余人の及ばぬ快挙を成し遂げた人です。レースやその言動については、好き嫌いがあるかもしれませんが、英雄と呼ばれる人であることは間違いないでしょう。

ツアー・オブ・ホープチーム「癌は人生で起こった最良のこと」と言い切っています。これは、ガン宣告も受けたことのない一般の人には、うかがい知れない境地です。生死の境をさまよった人が、全く違う生き方を始めるという話は聞きますが、死と向かい合ってはじめて気づくことの出来たこと、があるのでしょう。その彼はまた、自転車レースの最高峰のツール・ド・フランスの勝利者という最高の栄誉より、ガン生還者と言われることを誇りにしています。

彼は、有名なLIVE STRONGなど、ガン関連の様々な活動をしていることで知られていますが、このツアーもその一つです。今年で3回目ですが、サンディエゴからワシントンまでの5300キロを、癌生還者、介護士、研究者、看護師、医師などから構成された複数のチームが分担して走行し、10月8日到着予定です。途中、がん拠点病院で患者を励ましたり、がん治療研究の推進を呼び掛けます。

ここで、つい計算してしまうのですが、5300キロを9日と言うと、24時間無休で走行したとしても、平均時速25キロです。当然ロードバイクですか、途中、起伏もあり、天候も変わるでしょうし、バトンタッチやイベントもあるでしょうから、もっと速いのだと思います。

日本でも、何かのキャンペーンなど、自転車で日本縦断ということがありますが、だいたいママチャリですね。ママチャリだと、いかにも大変、苦行というイメージがありますが、その辺りがかえっていいのでしょう。文化の違いと言えばそれまでですが、平均時速も倍以上違うかもしれません。

「ツアー・オブ・ホープ」チームを応援するため、一般の人々に対しガン関連イベントに参加したり、「ガンと治験についての知識を深めるために自ら努力すること」を約束することを呼びかけています。またメッセージをオリジナルサイト(英語)から送ったり、募金などの協力や、ガンと闘う人を支援し希望を持ってもらうための行動を呼びかけています。


日本においても、年間のガン死亡者数は30万人に及びます。しかし、その治験やガンとの闘病については、まだまだ知られていない部分があります。ガン患者の弱みに付け込む詐欺まで起きています。その点で、こうした取組みが目立つことのない日本は、アメリカより遅れている部分があることは否めません。

この「ツアー・オブ・ホープ」は、ランス・アームストロングの企画ですから、当然自転車が使われるわけですが、こうした数々の社会的貢献や彼の存在自体が、自転車に対するイメージアップにも大きく貢献していることは間違いありません。先日ニューヨークへ出かけた時にも、多くの人が黄色いジャージを着てロードバイクにまたがっていましたが(笑)、その人気は随所に感じられました。

彼のようなヒーローのいない日本では、ロードレースはマイナーなスポーツですし、なかなか自転車がカッコいいと感じる人は増えません。どうしてもママチャリや放置自転車のイメージが先行してしまいます。結果、なかなか理解されない部分があります。その点でもうらやましいですね。



1ヶ月くらい前に、この欄で一度お願いしただけにもかかわらず、ジワジワ上がってとうとう第3位くらいまで来てしまいました。下のリンク、人気ブログランキングの話ですが。読まれた方が、いつもクリックしていただいていると思うと、本当に感謝です。
別に3位になったから何だということもないんですが、やはり嬉しいですし、大勢の人に見ていただける可能性も増えます。自転車好きが増えるかもしれません(笑)。
何よりも、ブログを更新する励みになります。ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50118072
この記事へのトラックバック
お待たせしましたー!予定通り朝8時から一
私を海に(自転車で)連れてって!【けつのあな】at October 06, 2005 03:24
この記事へのコメント
はじめまして。
このエントリーと催し自体、感銘を受けました。
知りませんでした。ランスのバイタリティーは本当に凄いと思います。

僕も競技志向とまではいかないけれど通勤、趣味の自転車好きです。
さまざまなトピックスを読んで参考にさせていただきます。
表記あったのでリストにも登録させていただきますね。

P.S.漕ぎ×ヘッドフォンは大の反対派です。
Posted by デンドン at October 10, 2005 02:41
デンドンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
凄いですよね。死を間近に見た人の持つ凄さもあるのでしょうね。私みたいな凡人が偉そうに言うことじゃないですが。

いえいえ、参考にしていただけるようなトピックがありますかどうか。話のネタぐらいには、使っていただけるものがあるかもしれませんが。ありがとうございます。

ヘッドフォン、個人の勝手のように見えますが、周りが聞こえてないで走行するのは、危ないし迷惑だと思っている方も多いようですね。
Posted by cycleroad at October 10, 2005 07:58
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)