October 06, 2005

原油高による少ないメリット

アメリカで自転車が売れています。


この2ヶ月で4倍に増え、1970年代のオイルショックの際に記録した史上最高の年間2000万台に迫る勢いだそうです。もちろん価格は大きく違いますが、販売台数だけなら、過去1年間の自転車販売は自動車販売を上回ったそうです。

当然のことながら、原油高が影響していることは間違いありません。アメリカのガソリン価格は1年間で5割近く上がったそうです。日本とは税率も違いますし、それでも安いというのはありますが、急激な上昇です。ハリケーンの影響もあって原油の精製能力が落ちており、なんと日本がガソリンを緊急輸出するほどです。

原油高の原因についてはいろいろな議論があります。産油国の増産余力の減少や、ヘッジファンドなどの投機的資金の流入、中東やアフリカの政治的リスク、BRICs特に中国の輸入増大、ベネズエラなどの反米化、アメリカ石油産業の戦略、WTIなどの指標の問題など、簡単には論じ切れません。いずれにせよ世界経済に与える影響が心配されています。家計や景気にも響きます。でも省資源化が進む可能性があることについてのみは、歓迎される傾向かもしれません。

アメリカは、京都議定書には参加しませんし、石油をガブ飲みする産業構造というイメージがあります。確かにGNPあたりの原油使用量から言っても2倍以上日本よりエネルギー効率が悪いです。燃費の悪い大型車に乗り、大量消費、高エネルギー社会でもあります。エネルギー効率を向上させる余地は大きいでしょう。

そんな中で、アメリカで自転車?と首をかしげる向きもあるでしょう。イメージと違うかも知れません。アメリカは日本の25倍も広いし、クルマ社会だから自転車に乗る人なんて、ごく僅かのような気がする人も多いでしょう。ところが、そうでもありません。

確かに国土は広大ですが、アメリカ人一人一人の生活圏が日本人の25倍もあるわけではありません。もちろん、広大な土地の広がる郊外に住んでいる人だっていますが、大小の集落に住んでいれば、特に都市部では、自転車で移動出来る部分も多いわけです。

日本ほど鉄道網が発達していませんので、全くクルマを使わないワケにはいかないでしょうけど、クルマ使用を控える余地もあるわけです。

自転車保有台数は、一人当たり日本の0.7台に比べてアメリカは0.4台ですが、総数では、日本の8500万台に対し、1億2000万台もあります。日本の年間の自転車販売台数は1100万台ですから、現在は倍近く売れているわけです。

アメリカは現在、何度目かの自転車ブームでもあるようです。3000万人以上が定期的に自転車に乗り、500万人が自転車通勤をしているとの統計もあります。しかも年率2パーセントの割合で、自転車に乗る人が増えているそうです。

1991年あたりを境に、連邦交通省により戦略的な都市交通基盤の見直しという視点から、非常に合理的な政策が進められています。都市交通ばかりか環境対策、医療費、土地利用、石油節約、その他社会的コストの削減効果ばかりか、個人や企業のメリットまで踏み込んでシビアに計算しています。

その有効性を数値的に明らかにし、市民の総トリップ数、移動距離の自転車が占める割合などの具体的な数値目標をたて、予算化しています。例えば、高速道路税収から年間10億ドルが自転車・歩行者のための道づくりに拠出されるようになったそうです。自転車道についても、州の事情にもよりますが、例えばニュージャージー州では約1300キロに及ぶ自転車専用道路が州内を結んでいます。アメリカ全体では、総延長で日本の4倍、一台当たりでも2.5倍の自転車道があります。

もちろん全体からすれば一部です。ブッシュ政権の環境対策とは反する部分もありますが、民間レベルでは、もともと環境意識の高い人は多いのです。肥満が深刻な社会問題ですし、州政府も民間組織も企業も、奨励している団体も多いです。日本のように「環境にやさしいから乗りましょう」などという抽象的なスローガンとは違い、アメリカ人らしい合理的な精神に基づいて、着々とその有効利用や実質的な基盤整備も進んでいます。

ヨーロッパと比べると、そうしたイメージは薄いですが、自転車を都市交通に組み込む流れは、もはや先進国では常識となっています。日本でも多くの識者が指摘するところですが、こうした部分も、もっと世界の趨勢に目を向けていかなければならないでしょう。




◇ ◇ ◇

自転車にあまり興味のない人も何かのきっかけで、このブログを見て自転車をちょっと見直すといいなと思ってます。理由は、「このブログについて」にも書いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


 

Posted by cycleroad at 07:00│Comments(2)このBlogのトップへ前の記事次の記事
この記事へのトラックバック
 ハリケーン・カトリーナとリタの後の石油の供給不安と価格高騰をうけて、長年の石油産業の友人であるGlobal Warming (George W.) Bush大統領もさすがに自動車に乗るのを控えてガソリンを節約するようテレビで呼びかけました。 京都議定書に反対と明言した4年前にはチェイ...
アメリカの自動車業界も様変わりin N.Y. Times【温暖化いろいろ】at October 07, 2005 20:13
この記事へのコメント
 ほんと、ちゃんとした自転車、一台買って、山、走ってみろ、って。
Posted by 大阪自転車党 at October 06, 2005 09:46
大阪自転車党さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
確かにヒルクライムにせよ、ダウンヒルやクロスカントリーにせよ、普通の街中のサイクリングと違う経験をすると、目からウロコが落ちるかも知れませんね。
Posted by cycleroad at October 06, 2005 20:15
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)