October 12, 2005

魅惑の自転車世界へようこそ

ツノダ自転車自転車が趣味という人は多くはありません。


このブログをご覧の方は、多少なりとも自転車に興味を持ってらっしゃると思いますが、自転車が趣味の人と、世間一般の人の自転車に対するイメージには、大きな乖離があります。私も自転車に興味のない、一般的な人と話すとつくづく感じるときがあります。そしてその人達のほうがマジョリティです。

普通の人、という言い方も変なのですが、趣味のサイクリスト以外の人の自転車のイメージは、まず誰でも乗ったことのあるママチャリのイメージでしょう。大多数の人にとっては、歩くより楽だから、歩くより速いから、歩くより便利だから乗っているに過ぎないのが自転車です。荷物が積めて、買い物カゴ代わりになる程度のものかもしれません。

ほとんど、自転車イコール、ママチャリであり、そう言えば競輪、そしてオリンピックの種目にもあったかなという程度でしょうか。派手めのサイクルジャージを着てロードバイクに乗っていれば、それは競輪選手の練習風景と思っている人も多いと言います。カゴや荷台やスタンドのついてない自転車は、単に壊れているだけと思っているかもしれません(笑)。

実際に、格安なママチャリを、使い捨てのようにする人も少なくありません。たまに折りたたみ自転車などが、福引や懸賞の賞品だったりしますが、新しい靴か傘をもらったくらいにしか感じないかもしれません。事実、自転車より履いている靴の方が高いという人も多いでしょう。

身近にある生活用品であり、スーパーのチラシの特売欄には出ても、テレビCMなどに出ることは少なくなりました。最近では、盗難防止が充実した新製品か、自転車協会の安全基準の宣伝くらいのものですが、あまり見ません。具体的には思い出せないのですが、昔はTVのCMも、いろいろあったようです。

二十面相も狙っていると、言うのも子供用自転車などで知られるメーカー、ツノダのサイトに、1970年代頃に流されていたCMが見られるようになっていました。曲とあわせて懐かしい方もいらっしゃるのではないでしょうか。私は記憶にないのですが、いかにもその当時の雰囲気が出ているように思えます。

(画像をクリックするとメーカーのサイトへ飛びます。一番下のほうに動画へのリンクがあります。)

もちろん、今だったら全く違うものになるでしょうが、今の時代に、こうした自転車のイメージをアップし、自転車のカッコよさとか、楽しさを訴えるようなCMを流すところが出てこないものでしょうか。最近でこそ、健康に良いとか環境にやさしいと認識され始めていますが、依然として単なるアシであり、ありふれた生活用品です。値段も5千円から1万数千円のものとしてしか見ていないと思います。

ナウな自転車ママチャリとして、安いほどいいという価値観を否定はしませんが、自転車が楽しいというところまでは、なかなか行かないのが現実だと思います。もっと魅力的な自転車の世界をアピールし、それに気づいて調べたり、乗ってみようかなと考える人が増えて欲しいと思います。

そして、数千円の自転車では味わえない、軽快な走りや楽しさに気づいて欲しいものです。そうならないと、なかなか本当の意味での自転車の普及は望めませんし、クルマの代替の都市交通としての可能性も開けないでしょう。健康や環境への貢献にしても、楽しくなければ続きませんし、マナーも向上しないでしょう。

マナーの悪い自転車が安全面からも問題になり、放置自転車などの社会問題がなかなか好転しないのも、きちんと自転車を理解した本当の意味でのサイクリストが増えないからのように思えます。

ヨーロッパなどと比べても、日本はママチャリが大多数を占める、特殊な自転車環境にあると思います。決して、自転車オタクと見られたくないから言っている訳ではありません(笑)。趣味のサイクリストなら理解していただけると思いますが、メーカーや販売店なども含め、関係者の方には、自転車のイメージアップや消費者への啓発も考えて欲しいものです。




◇ ◇ ◇

昔は、プロ野球のオールスターのMVPの賞品だったという話も聞いたことがあります。隔世の感があります。と、思ったら、2003年のオールスターのサンヨー賞の副賞も自転車だったようです(笑)。電動の9万円相当くらいのものですが..。ツノダのサイトにも書いてありましたが、昔はロールスロイスより高かったとか..。今は誰でも乗れるようになったことには、感謝しなきゃならないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


 

Posted by cycleroad at 07:00│Comments(4)
この記事へのコメント
はじめまして
僕も趣味で自転車に乗っていますが、一般(ママチャリにしか乗らない)人と自転車の話すと自転車に対するイメージに、大きな乖離があるなーと感じます。
その分、自転車が好きな方と話すとかなり盛り上がってしますのですが
才倉さんもこちらの記事でおっしゃっているように、大多数の人にとっては、歩くより楽だから、歩くより速いから、歩くより便利だから乗っているに過ぎないのが自転車だと思います。
なにより違うなーと思うのがその乗り方、タバコを吸いながら乗ったり、メールを打ちながら乗ったりとマナーの悪い人が多い。(とはいっても趣味で自転車に乗っている人が皆が皆マナーがいいとは言い切れませんが)
話は変わりますが、昔は自転車のCMがあったのですか
今とは違い当時は自転車は「かっこいい」乗り物だったんですねー
PS.コメントの方長くなってしまってすいません。
Posted by road fun at October 12, 2005 13:08
road funさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ありますね、自転車好き同士、話があって盛り上がるって。
私も思いますが、我々は普通の人達より、マナーの悪い人が気になるというのもあるのかもしれませんね。
ええ、実を言うと私もCMは、あまり記憶にないんですが、やっていたような気がします。今より高かったですし、子供にとっては今より憧れの存在だったと思います。
長くても、一向に構いませんよ(笑)。ただ、このコメント欄は文字数制限があるので、引っかかったら2つに分けて下さい。


Posted by cycleroad at October 13, 2005 07:13
はじめましてネコ娘といいます。
私もつい先日までは、自転車はママチャリで買い物
するときに使うだけの存在でしたが、
縁あってロードバイクにはまってしまいました。
女性の場合、自転車に対して「足」としての
イメージが特に強いかもしれませんね。
Posted by ネコ娘 at October 21, 2005 21:09
ネコ娘さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね。ロードバイクに乗っている人口は圧倒的に女性が少ないでしょうね。女性の「足」という固定観念を打ち破って、もっと乗る方が増えるといいと思うのですが..。
おそらく、このブログをご覧になる方も男性の方が多いでしょうし。
ネコ娘さんのように、何かのきっかけがあれば、楽しくなると思うのですけどね。何か女性が好かない要素とかあるのでしょうか?
ブログ開設おめでとうございます。多くの女性を(男性も)自転車の世界へ引き込んじゃってください(笑)。
Posted by cycleroad at October 22, 2005 11:05
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)