October 17, 2005

常識をくつがえす逆転の発想

スーツケース最近のスーツケースは、大きめのキャスターとひき手がついて、引っぱりやすくなっているものがありますね。駅での乗り換えや空港内などでも、かなりの距離を引っぱって移動することも多いですから、スムースに牽引出来ることは大事な要素だったりします。


と、聞いて違和感がなかったと思いますが(笑)、実はこれ、自転車なんです。スクートと言います。自転車歴の長い方には見破られたかもしれません。特殊なタイプなので、どこにでも売っているものではありませんが、私もずいぶん以前に、どこかのお店の店頭で見た記憶があります。ところが、残念ながらメーカーが倒産してしまいまして、現在は作られていません。どこかのお店の在庫として残っているかもしれませんが、あまりメジャーなものでないので、期待薄でしょう。

ではない

組み立て方テレビ東京系のテレビ番組「ワールドビジネスサテライト」の、ユニークな新商品などを紹介する、「トレンドたまご」というコーナーで紹介されたようです。そのデータベースに残っていたのを見ますと、2001年の3月のことのようです。価格が19万円となっていますから、その辺りも売れなかった理由なのでしょう。

このSKOOTはイギリス製でした。イギリスのフォールディングバイクには、名車やユニークなものが多いですが、その仲間入りは出来なかったわけです。しかし、数ある折り畳み自転車の中でも異色の存在です。他とは発想が違う気がします。逆転の発想ですね。

スクート普通なら、自転車をどうやってたたむか、と考えます。しかしスクートは、言ってみれば、スーツケースをどうやって自転車にするか、と考えたかのような形状をしています。電車などへの持込のしやすさが最初にあり、荷物としての収まりの良さを優先したデザインです。細かい部分の収納性などもよく考えられていたようです。

いかんせん、倒産、製造中止で入手困難ですので、今さら取り上げても仕方ないのですが、このユニークさは出色です。折りたたみ自転車の種類はたくさんありますし、その折りたたみ方もいろいろ工夫されています。しかし、運びやすい何か別の形状のものを自転車にする、といった発想は、ほかにあまりないものです。

残念ながら、ヒットはしませんでしたが、こういう新発想の自転車も、これからまた出てきて欲しいですね。リュックが自転車になるなんてどうでしょう。靴が自転車になるとか?...インラインスケートですか。椅子が自転車になるとか?...車椅子になってしまいますか。なかなか難しいですね。重さや走行性能、乗り心地や価格などの要素も重要ですが、自転車の常識を破るような製品が見てみたいものですね。



何とかと秋の空、じゃないですが、お天気が不安定じゃありませんか。地域によるでしょうけど..。予報がはずれて晴れたかと思えば急に雨が降ってきますし、見るからに雨が降りそうなのに結局降らなかったり..。自転車で出かけるか判断に困ってる方も多いのではないでしょうか。すかっとした秋晴れ、なって欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50141046
この記事へのコメント
こんばんは。
何年か前に耳にしたことがありますが実物ははじめて見ました。
この発想は愉快ですねえ。
是非、実車を見てみたいものです。
Posted by minivelo20 at October 17, 2005 22:40
minivelo20さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
街で見かけたら、ユニークですから目を惹くでしょうね。私も昔、店頭で一度見たことがあるだけで、その後街中でも店頭でも一度も見ていません。
どこかのメーカーが復刻してくれないでしょうかね。ただ、買うかと言われると、微妙です(笑)。とても軽くて、手軽な値段なら、あるいは考えなくもないでしょうけど。
Posted by cycleroad at October 18, 2005 07:15
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)