October 24, 2005

今日にでも遭うかもしれない


最近、多くの人が治安の悪化を感じていますが、身の回りには様々な犯罪に巻き込まれる可能性にあふれています。中でも可能性の高いものはひったくりではないでしょうか。



警察庁によれば「ひったくり」の年間認知件数は、平成14年で5万3千件です。なんと一日に150件です。最近は多少減少しているようですが、まさに今日巻き込まれてもおかしくありません。新聞でも、地域面のごく小さな記事にしかなりませんし、ふだん意識していませんが、探せばごく近所でも起きているのではないでしょうか。

少年による犯行も多く、中には小学生までいるそうです。捕まっても少年なら見逃してもらえると思っているのでしょうか。もともと、空き巣や車上荒らしなどと比べても罪悪感が少ないのでしょう。万引きの次くらいに安易な窃盗犯罪と言えるのだと思います。

しかし、奪われそうになったバッグを離さなかったり、引っかかって被害者が引きずられ、ケガをする例も多くあります。犯人がバイクやクルマを使うことも多く、引きずられて死亡した例まであります。悪質なものは、銀行帰りなどを狙い高額の被害になる例もあるようです。

特に歩いている女性を狙うことが多いようですが、自転車の前カゴを狙った犯行も多いです。全く手を離しているわけですから、油断していれば簡単に持っていかれます。試しに街を注意して歩いてみると、かなり無防備な人も多いです。バックの取っ手が飛び出し、持って行って下さいと言わんばかりの状態まで見ます。

こうした被害を防ぐため、徒歩の場合はバッグをタスキがけにするとか、車道側を歩かないとか言われています。自転車の前カゴの場合は、すでに多くの人がご存知だと思いますが、ひったくり防止ネット類が売られています。おそらくホームセンターや大きめのスーパーマーケットなどを探せば見つかるはずです。

いろんなタイプもあるようです。器用な人なら針金やゴムひも、魚の焼き網などを使って自作してもいいかも知れません。自転車に備えつけておけば、最初は面倒でもすぐ習慣になってしまい、さして苦にもならないでしょう。ふだん前カゴにバッグを入れている人は、是非すぐにでも備えるべきだと思います。知識としては知っていても、対策として実行しなければ意味がありません。

もし引ったくり防止ネットを忘れたり、なくした場合などは、バックを入れた上に雑誌を一冊置くだけで効果があるそうです。雑誌もなければ、チラシでも新聞紙でも何でもいいでしょう。無いよりはマシなので何か載せるといい、というのも覚えておいて損は無いでしょう。思わぬ被害にあったり、ケガをしないために、身の回りの人にも注意してあげたいですね。



女性の場合、バッグを持たずに手ぶらで、というわけにはいかないでしょうね。服にポケットも少ないでしょうけど、なるべくなら貴重品は身につけておけば、バッグを盗られても被害は少なくてすみます。現金はあまり持ち歩かなかったとしても、カードや免許証などの再発行やカギの取替えなどの手続きだけで、膨大な手間です。今どき顧客名簿でも入っていれば大変ですし、自分の個人情報も悪用されかねません。やっぱり「備えあれば憂いなし」ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50154663
この記事へのコメント
トラバありがとうございました。
このあたりでも物騒で、毎日何かしらのお便り、学校から配布されてきます。
ぼ〜っと歩かないように、また自転車に乗る時も気をつけます。

夜中、あまり出歩かないようにしないといけませんね、日本も。
Posted by コングBA at December 02, 2005 09:07
コングBAさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ひったくりみたいな粗暴犯増えてますね。犬の落し物(笑)なら痛快ですし、最悪現金などを盗られても仕方ありませんが、弾みで転倒して亡くなった方までいますから、ひったくりと言っても馬鹿に出来ません。
男の人でも、不意を衝かれれば転倒するでしょうし、気をつけるに越したことありませんよね。
Posted by cycleroad at December 03, 2005 11:11
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)