November 05, 2005

どんな天気でもマイペースで

AWTT1東京ビックサイトで行われている東京国際自転車展、東京サイクルショウ2005をのぞいてきました。そこで、このブログでも以前取り上げた全天候型自転車に乗ってきました。


AWTT2祝日と土曜日は混雑が予想されたので、時間を作って昨日ちょっとのぞいて来ました。そこであの全天候型自転車に試乗できると言うので、せっかくの機会ですので順番待ちに並んで乗ってみました。実際に間近で実物を見てみると、思ったより少し小さいという印象ですね。

乗り込むと、狭いです(笑)。やはり周りを囲まれているので圧迫感があります。ハンドルの根元にはパネルがあって、速度などの表示が出るようになっています。まずクルマと同じように鍵をまわしてスイッチを入れなければなりません。小さなレバーがあって、片方は走行モード、片方は充電モードです。充電モードは、止まったままひたすら漕いで、充電させるのだそうです。

AWTT3ライト、ウィンカー、ワイパーのほかに、フロントガラスの曇りを止めるための温風まで出るようになっています。ホーンは特徴のある電子音で、さながら小さなクルマのようです。窓から手を出しての合図も出来ないことはないでしょうが、形状から言ってウィンカーやライトその他も必要なのでしょう。座席の後ろには、小さいバッグ一つくらいなら荷物をおけるスペースもついています。室内にバックミラーもついていました。

周りを覆っているパネルは、見た目より薄くて軽いパネルです。ドアなども力を入れれば簡単に曲げられそうです。自分の力で漕がなければならないので当たり前と言えば当たり前でしょうが、思ったより華奢な感じでした。ドアについてる窓ガラスはもちろんプラスチックです。スライドではなく、中に倒して開閉するようになっていました。

ギアは2段オートマチックで、自動的に切り替わるそうです。速度は12〜3キロまでしか出ず、それ以上漕ぐと充電にまわるという話でした。減速時も充電されるようです。乗車スタイルは、ハンドルより前にあるペダルをこぐ、リカンベントに近いスタイルです。外観から見てもわかるように、目線はかなり低くなります。

AWTT4なんだか、一生懸命漕いでもスピードが上がらないのが、じれったい感じです。ジョギングの人にも抜かれそうです(笑)。のんびり走るということでしょうね。試乗コースの途中に作ってあった軽い坂も登ってみましたが、乗車スタイルから言って立ち漕ぎするわけにもいかないので、ちょっとした坂なら登れるという程度でしょうか。

思ったより実用的な印象を受けました。でも、やはり高齢者向けとシロウマサイエンス社の職員が言うように、スピードは出ませんし、用途は限られる感じです。目線が低いこともあって、国道を走って横をクルマが抜いていくことを考えると、ちょっと怖いですね。田舎の農道を行く分には問題ないですが..。実用的には場所も限られる気がします。私は、ちょっと都内で乗る気にはなりません。注目は集められるでしょうけど(笑)。

ブースの方でも、同社はけっこう大きなスペースをとって展示していました。ほかに屋根つきというのはありませんので目立っています。ただ実際には、70万とも80万とも言われる値段では、買う人はかなり限られるでしょう。遊園地にある、漕いでもスピードの出ない足漕ぎカートに乗ったような気分で、自転車と言うより屋根つきで人力の乗り物といった印象です。一人乗りのキャビンや装備など、面白さはありますが、自転車としての面白さとは別ですね。

AWTT5
周りを覆うカバーは軽そうですが、本体が3輪ですしドッシリしていて、重心が低いので、ある程度の横風にも耐えるでしょう。しかし、強風では走行しにくいとは思います。そうそう、以前疑問だった床はありませんでした。足が地面に直接つきます。でも重さ70キロですから、そのまま持ち上げてヒョイと段差をあがる、みたいなことは出来ませんでした(笑)。



そんなにテレビを見る方ではありませんが、某銀行のTVコマーシャルの中で役者が口ずさむ歌の「私がオバサンになったら、あなたはオジサンよ〜」というのが耳についてます(笑)。と言うか、そんな歌詞でしたっけ?森高千里だったとは思うのですが、ホントの歌詞も思い出せません。まあ、どうでもいい話ですが..。そうそう、サイクルショウは今日までです。明日はないので、お間違いなきよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50179494
この記事へのトラックバック
雨の日でも乗れる全天候型自転車が東京国際自転車展に出品されるらしい。 自転車展は、東京ビッグサイトにて11月3日から開催される。
雨でも乗れる全天候型自転車【One And Only】at November 08, 2005 18:43
3輪自転車と聞くと、買い物カゴを後輪で挟んだかのような買い物用3輪自転車を思い出してしまう。あとは、自転車ではないが、ピザの宅配なんかで使われているオート3輪だろうか。
シロウマサイエンス、全天候型の電動アシスト3輪自転車を開発【こんなことあるんだよね】at November 09, 2005 00:23
5月22日にも紹介したシロウマサイエンス社の全天候型自転車が、11月3日から東京ビッグサイトで開催される東京国際自転車展で出品されるようだ。
雨でも乗れる全天候型自転車、東京国際自転車展に出品へ【こんなことあるんだよね】at November 09, 2005 00:24
車体がカバーで覆われ、雨の日でも乗れる全天候型自転車が、発売されます。価格は、80万円。(軽自動車が買える値段) (~_~;)長さ約190センチ、高さ125センチ、幅59センチ、重さ50キロの3輪。屋根の太陽電池とペダルをこぐ力でバッテリーが充電され、上り坂...
全天候型自転車【体感劇場】at November 20, 2005 00:04
この記事へのコメント
nikko81です。

トラックバックありがとうございました。

実は、自転車展に昨年も行ったのですが、
昨年にコレに乗りました。

興味はそそられますが、
買いますか、乗りますかといわれると
難しいところですね。
Posted by nikko81 at November 05, 2005 21:29
nikko81さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうなんですか。昨年のここが初出のようですが、私は今年初めて乗りました。愛知万博でも話題になりましたし、この1年時々話題になってますね。
この値段では私は買えないですね(笑)。他の自転車買います。
乗るにしても、もう少しスピードが出てもいい気がしますね。


Posted by cycleroad at November 06, 2005 01:00
こんにちは。naohさん。
実際に乗ってこられたんですね。

やっぱり実際に乗ってみるのが一番ですね。
とてもわかりやすいです。
Posted by oones1 at November 08, 2005 21:40
oones1さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
naohさんは別の方ですが(笑)、はい。乗ってきました。
たまたま試乗の機会があったものですから、これは乗らない手はないな、と並んで乗ってきました。
乗ってみると印象も変わりますね。
Posted by cycleroad at November 09, 2005 00:58
<naohさんは別の方ですが(笑)

すいません。
いつのまにかごちゃになったようで勘違いしてました。

また、寄らしてもらいます。
Posted by oones1 at November 09, 2005 03:00
oones1さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いえいえ、よくあることですから、お気になさらないで下さい。
わざわざフォローいただいて恐縮です。
またお越しください。
Posted by cycleroad at November 09, 2005 07:54
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)