November 13, 2005

ゆくゆくは自転車におまかせ

サイクルモード昨日は幕張メッセで行われているサイクルモード2005というイベントに行ってきました。各社の最新モデルなどの展示や、その場で試乗が出来るというものです。


混雑最初、入場するまでの間は、幕張メッセの他のホールで別のイベントはやっていなかったようで、閑散としていました。ところが会場に入場してみると、かなりの人出です。入場料当日1000円ですし、それなりに興味がある人でないと来ないと思いますが、けっこう混雑してました。

各社のブースに展示もありますが、試乗用の自転車が多数用意されており、入場時に申し込みをすれば、共通でどれでも試乗出来ます。ただ、だいぶ混雑していたので、人気のメーカー、人気のモデルには長い順番待ちの列が出来ていました。なかなか最新モデルに試乗できる機会はありませんから、皆さんお目当てのモデルの列に辛抱強く並んでいたようです。

試乗私も、特にお目当てがあったわけではありませんが、各社のモデルをいろいろ乗り比べてみました。あまりの行列が出来ているものはパスしましたが、多少なら順番待ちもして、乗ってみました。同じメーカーのグレード違いを乗り比べて、値段の差(笑)を実感したり、似たタイプのモデルを何社か乗り比べて、その特徴を感じてみたりしました。

結局のところ、かなりの数の自転車に乗りました。試乗コースも長短いくつかあって、展示場内がメインですが、一部、屋外のアスファルトも走行できるようになっていました。ところによって渋滞が発生してまして、必ずしも自由に速度を出せるとは限りませんでしたが..。

やはり、メーカーによって人気が違いますね。もちろん用意された台数も違いますが、比較的すぐ乗れるものと、どうしてもそれに乗りたいワケではない私には、並ぶ気が失せるほどの順番待ちのものもありました。本格的なロードやMTBはもちろんですが、クロスバイクやタウンユース系やコンフォート系のモデルを試している、あまり慣れていないと思しき方も大勢いました。

ネクサス私も、せっかくの機会なので、数十万円クラスのモデルから、人気のミニベロ、リカンベント、その他変わった自転車などいろいろ乗ってみました。トラックレーサーではありませんが、固定ギアのビアンキなどにも乗ってみました。ペダルが全く空回りせず、やろうと思えばバックも出来るギアです。渋滞していたこともありますが、慣れないと、ちょっと乗りにくいですね。独特の感覚があります。

人気メーカーのものは順番待ちも大変なので、サイズは合いませんがウーマンモデル(女性用)にも、あえて乗ってみました。個々のモデルのインプレッションを述べても、あまり面白くないと思いますので書きませんが、やはり、ふだん乗らないタイプや違うメーカーの自転車に乗ってみるのは面白いですね。視野が広がる感じもします。そんなに人気が高いメーカーではなくても、意外といいモデルがあったりもします。

ネクサス私はあまり詳しくないですが、メーカーごとの特徴や、素材の違いによる乗り味、部品のグレードの違いなども、いろいろ感じることが出来ます。何せ混んでいたものですから、広く網羅したわけではありませんが、とても面白かったです。これで、もう少し空いていて、スイスイ試乗できれば言うことなしなんですが..。

そんな中の一つで、何年か前から出ていますが、シマノのネクサスシリーズを採用したルイガノのコンフォートモデルの自転車に初めて乗ってみました。写真の小径車とは別のモデルでしたが、ギアをオートにしておくと、速度に応じて全部自動で切り替わります。見てると、けっこう頻繁に切り替わっています。おいおい、誰が切り替えてるんだよ、って感覚で不思議な感じです。前のギアもちゅんと切り替わって、後ろのギアと結構複雑な組み合わせを使います。

ネクサス自動のモードと、スポーツ走行向け自動モードがありましたが、慣れるとちょっとじれったい感じもあります。何より手持ち無沙汰です(笑)。いちいち電子音がしますし、サイコンの画面表示にいろいろ出て、電子的な感じです。慣れないからかも知れませんが、私は、自分でギアを変える方が好きですね。

ゆくゆくは、みなシフトチェンジは自動になっていくのでしょうか?シティサイクルや、コンフォートタイプと呼ばれるようなカテゴリーはともかく、私はそんなことはないと思うのですが..。でも、クルマだって昔はマニュアル車しかなかったわけですが、今は乗用車のほとんどがオートマチック車です。自転車だって、昔のシフトレバーはダウンチューブについていたわけです。圧倒的に便利で、マニュアルであることのメリットが少なくなれば、自動になっていくのかも知れませんね。



混んでいたと言っても、幕張メッセの2コマ分ですから、メインのホールの1/4くらいでしょうか。ほとんど知る人ぞ知るで、世間の大多数の人から見ればマイナーなイベントには間違いありません。ところで、このサイクルモード2005ですが、来週は大阪で開催されます。関西方面、大阪の方が近い方、興味のある方はチェックされてみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50194618
この記事へのトラックバック
ウイダーガールがPR「サイクルモード2005」 千葉・幕張メッセで12−13日に開催される「サイクルモード2005」で来場者をサポートするウイダーガールの美乃利(23)=写真左=と関根綾佳(21)=同右=が1日、PRのため東京・大手町のサンスポ編集局を訪....
ウイダーガールがPR「サイクルモード2005」【快適くるま~らんど♪【裏日記】】at November 19, 2005 17:00
この記事へのコメント
こんにちは。
自分はサイクルモード2005には行けませんでした。
それにしても、写真の行列はすごいですねー
東京サイクルショー2005とは大違いですね(笑)やはり自転車は見るよりも乗る物だってことでしょうか

オートギアは自分もあまり好きではありません。同じ速度でも重いギアを踏みたいときもあれば、クルクルと回したいときもあり、自動だとイライラしてしまいそうです。
やはり、自分で変えるのが一番です。
Posted by road fun at November 13, 2005 19:23
いいですね〜。
ぼくも来週大阪でのほうに行こうと思っています。
関東人は関西人より1週間も早く2006年モデルとご対面できていいですね。
Posted by ikkun_21 at November 14, 2005 00:36
road funさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
メーカーによって、ずい分違いましたね。行列は。
サイクルショーに出展せずに、サイクルモードに出展することにした人気メーカーも多かったからだと思いますよ。
そうですね。まだ少ないですし、慣れないということもありますけど、フィーリング的にもまだ不満な感じはありますね。
スイッチ一つで、マニュアルにも切り替えられるので、そういう使い方も出来ますよ。今は私もマニュアルの方がいいと思いますが、もう少し改良が進んで、慣れてきたら面倒くさくて、マニュアルにしなくなるものなのかも知れません。
Posted by cycleroad at November 14, 2005 07:16
ikkun_21さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ニューモデルを早く見たいということもあるでしょうけど、まあ、1週間の違いですからね。
考えようによっては、関西の方は充分下調べをしてから出かけられるということもありますよ。サイクルモードについての記事などを、ゆっくりチェック出来ますからね。
今週末はじっくり楽しんできてください。
Posted by cycleroad at November 14, 2005 07:47
先日はTBありがとうございました。
サイクルモード行ってきたんですね!試乗も楽しまれたようで、良かったですね(^^
シマノ製のように、ギアチェンジの楽しみを残しつつの「セミオートマ」的な発想は、自動車の世界でもシェアを広げていますから、これからどんどん新しい技術がでてきて、ゆくゆくはギアチェンジは自動(オートマ)になりそうですよね。
こちらからもTBさせていただきました。
また遊びにいらしてくださいませ(^^
Posted by 快適カーライフクリエイター・たか at November 19, 2005 17:00
快適カーライフクリエイター・たかさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
はい、行って来ました。クルマほどではありませんが、自転車の世界にも、技術革新が波が押し寄せているようです。単価は安いですが、台数は一桁違いますし、世界的な標準技術として普及すれば大きいのでしょう。
ただ、今でもシマノは圧倒的ですから、クルマの世界と違ってシェアを争うという感じではありません。部品の品質以外にも付加価値をつれるということなのでしょう。
Posted by cycleroad at November 20, 2005 00:59
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)