November 14, 2005

自転車がもっと活躍する場面

自転車のプロといえば、様々な自転車競技の選手、日本では特に競輪選手が思い浮かびます。アテネオリンピックでも活躍しました。でも、ほかにも自転車のプロはいます。


最近各地でお目見えし始めているベロタクシーのドライバーもそうですし、忘れてはならないメッセンジャー、いわゆる自転車便の人達も、仕事として自転車に乗るプロです。自転車便とバイク便(ここで言うバイクはオートバイです)、両方を同じ会社が営業しているところもありますが、日本ではまだまだバイク便の方が多いと思います。

博多竹八日本では、あまり見たことがない人も多いかも知れません。大きな都市にいても、あまり気づかない人もいると思います。会社などでも使うのは、宅配便とバイク便が圧倒的に多いでしょう。何より、バイク便でなくて、自転車便でなければならない荷物など、あまり聞いたことがありません。自転車よりオートバイの方が速いと思っている人も断然多いです。いきおい、値段の安さで勝負せざるを得ないことも多いのだと思います。

ところで突然ですが、博多と言えば「めんたいこ」です。博多で明太子を取り扱っている博多竹八という会社が、明太子の自転車便によるデリバリーをはじめたそうです。デリバリーする自転車便は、地元のメッセンジャー会社で、送料はお客様はからは取らずに、明太子屋さん持ちで届けるそうです。市内周辺エリアなら2時間、急ぐ場合はプラス400円で1時間以内に届けてくれるそうです。

面白いサービスですね。ただし、なぜ自転車便を使うということになったのかは、よくわかりません。そもそも、博多に住んだことがないので、そんなに急に明太子が必要になる理由もよくわかりません(笑)。ただ、私は博多に親戚がいますので、東京のその辺で売っているものとは、味が全然違うことは知っています。

サイトを見るといろいろ書いてありますが、急な出張には、駅で買ってもよさそうですし、帰郷のおみやげは急がないでしょう。社内の親睦に急に明太子が食べたくなるのか、取引先のお祝いは、明太子に限るのか、パーティのおもてなしに明太子が出るものなのか、ちょっと、そのあたりの事情はわかりません(笑)。

冗談はともかく、博多竹八は新しい販路になりますし、家庭からの注文も少なくないようです。自転車で運べるものという印象から、書類や図面、あるいは、せいぜいMOやCD−ROMなどを思い浮かべてしまいますが、運ぶものは何もそういったものに限らないわけです。また特に長距離でなければ、オートバイである必要もむしろありません。(通販ですと、もちろんトラックのクール便ですが..笑)

考えてみれば、バイクになっている所も多いものの、昔は郵便屋さんだってどこでも自転車でした。今も残ってはいますが、あまり見なくなってしまった牛乳配達も、昔は自転車でした。蕎麦屋も酒屋もクリーニング屋も自転車だったわけです。大量に運ぶとなると変わって来ますが、多品種少量のものをタイムリーにデリバリーするなら、自転車に運べるものは多いはずです。

今までクルマやオートバイで運んでいたものを自転車にしてみる。あるいは、この明太子屋さんのように、自転車で素早く届けることによって付加価値を生み出す。自転車で届けることによるイメージアップを狙う。直接手渡しすることによりお客様の反応も把握できる。などなど、考え方によっては、いろいろなものが運べるかもしれません。

別に、バイク便を目の敵にしているわけではありませんが、例えばニューヨークではメッセンジャーの方を断然多く見ましたが、日本ではバイク便の方がまだまだ多いでしょう。環境にもやさしく、渋滞や大気汚染もひき起こさないメッセンジャー、自転車便は、いろんな場面でもっと増えてもいいと思いますね。



ピータードラッカー氏が亡くなりましたね。ごく最近まで、95歳とは思えないほど精力的に活動されてましたので驚きました。もちろん経営学者としても偉大な人物ですが、企業の経営者のみならず、世界の指導者の考え方にすら、当人は自覚せずとも大きな影響を与えていた事は間違いありません。私も、その書を読むたびに凄い人だと思っていましたので残念です。ほんとに惜しまれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50196214
この記事へのトラックバック
サイクルカルチャーの発信源NY発・バイシクルフィルムフェスティバル NYで毎年開催されている自転車関連のショートフィルム映画祭、バイシクル・フィルム・フェスティバルが今月22日(火)、23日(水・祝)の二日間に渡って西麻布・スーパーデラックスで開催されます...
Fifth Annual Bicycle Film Festival【D2 Blog】at November 14, 2005 12:40
日本国内のメッセンジャー会社の地図とHPへのリンクです。
メッセンジャーマップ@エコ声【エコ声】at November 14, 2005 16:46
明日あさってですが、バイシクルフィルムフェスティバルというイベントがあります。すでに他のサイトやニュースでご存知の方もいるでしょう。このブログにも、D2ブログさんが、11月14日の記事にトラックバックしていただいてましたので、それをご覧になった方もいらっ....
改めて認識する自転車の存在【サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜】at November 24, 2005 18:42
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)