November 25, 2005

電動アシストでないアシスト

ギグレース京都でギグレースの大会が行われたようです。あまり耳慣れない競技ですが、言ってみれば新しい自転車レースなのです。


実はギグレースとは、犬で自転車をひかせるレースです。ギグレースのギグ(Gig)とは、辞書を引くと1頭引き2輪馬車という意味となっています。欧米では下の写真のような、立ったまま乗る台車と言うかカートで競技を行うようです。映画「ベン・ハー」のイメージでしょうか。日本人はあまり馬車になじみがありませんが、ちなみに「バギー」「カブリオレ」「キャラバン」「キャリッジ」「チャリオット」「コーチ」「クーペ」「ワゴン」なども全て馬車の種類です。自動車の種類に引き継がれているものも多いですね。

ギグレースさて、ここで言うギグレースは馬でなく犬ですが、元々は犬ぞりレースから来ているようです。雪がなくても犬ぞりレースが出来るようにカートになったようですが、日本では独自に、自転車でのギグレースが行われるようになったのだそうです。つまり犬ぞりのソリのかわりが自転車です。

自転車なら手軽に手に入ります。立って乗るカートでは、別途製作や保管も大変ですし、かと言って他にあまり用途もなさそうです。とりあえず、ハーネスと呼ばれる引き縄があれば練習も出来ます。競技の普及面でも懸命な選択でしょう。もちろん犬の足に負担がかかりますから、舗装路ではなく土のコースを走るので、マウンテンバイクなどが使われるようです。重心の低さや扱いやすさから、熟練した人はBMXを使う事が多いそうです。

ギグレース協会昨今のペットブームを受けて、ドッグランと呼ばれる犬の運動場のような設備が各地に出来始めています。またフリスビーフドッグと言って、人間が投げたフリスビーを犬がキャッチして持って帰る競技や、アジリティと呼ばれる犬の障害物競走なども盛んになってきているようです。ギグレースもそうした流れの一部でもあるのでしょう。

ギグレースは、基本的には犬が自転車を引いて走りますが、人間は自転車を押して走ってもよく、もちろんペダルをこいでもいいそうです。そうするとダートの自転車レースになってしまいそうですが、実際には犬が走るのも速く、引っぱられる形になるようです。こぎ過ぎると、ハーネスがゆるので、犬は前のめりなります。遅すぎるとブレーキがかかって、犬は引っぱってはいけないと勘違いするなど、簡単ではないようです。

BMX犬に詳しくない素人からすると、犬に自転車を引かせるのは、犬がかわいそうに思いがちですが、そんなことは無いようです。雪上の犬ぞりでもよく聞く話ですが、犬は走りたくて仕方がないものだそうです。とは言っても、馬に米俵をひかせるような力比べの競技と違って、ソリはひき始めると軽くなります。自転車の場合も車輪なので、同じようにひき始めると軽くなるのがポイントです。ですから決して虐待や重労働の強制ではなく、犬も走れて喜ぶようです。

早速試してみようと言う方もいるかもしれませんが、トレーニングには、いろいろ守るべきポイントがあるようです。もちろん、散歩のついでに公道のアスファルトで練習するのは、いろんな面からNGです。そうでなくても最近のペットブームで、にわか飼い主が、自転車にのったまま散歩させて、トラブルになる例も多いようです。自分や通行人、他の自転車を引っかけケガをさせるなど事故もおきているようです。くれぐれも安全の確保が出来て、他の人に迷惑のかからない場所でやるべきでしょう。

まだまだ一般的ではありません。それもそのはず、単に犬ぞりのトレーニングの一つだったものが、自転車によるギグレース競技となったのが1994年と言います。意外にも発祥の地は京都だそうです。実は以前、犬力自転車の話題や、ウェーキードッグという犬の自転車での散歩道具も記事で取り上げたことがあります。犬と自転車をつないで、スポーツにまでなっていたんですね。私も実際の競技の様子を見たわけではありませんが、ちょっとやってみたい気もします。



健康診断などで胃のレントゲンの時に飲むバリウム、出なくて苦労したこと有りませんか。今日のニュースでは、なんだか副作用もあって、死亡例もあるとか。あまり騒ぐほどの話ではないようですが、今頃になって副作用ってのも..。予防接種だとか、治療法などもそうですが、今までの医療の常識が覆ることも出てきているようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50217368
この記事へのトラックバック
愛犬が自転車引っ張りコース疾走 美山で「ギグレース」 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005112200184&genre=K1&area=K40 リンク元:京都新聞 ギグってのは2輪の馬車の事だとばかり思っていたのですが「ギグレース」ってなると 犬馬車(?)レースにな...
[馬]犬の話題ですが【趣味の吹き溜り】at November 25, 2005 11:49
この記事へのコメント
犬は走りたくて仕方ないのは確かでしょうが、ママチャリでチンタラチンタラ走らされた挙句、マーキングもさせてくれないのでは、やはり可愛そうなんじゃないかなあと思います。ギグレースに参加した犬の写真からは生き生きした犬の表情が分かりますが、街でよく見かける自転車に引っ張られる犬からはそんな表情は見られませんよね。
犬の散歩なんて普通は、朝晩一日2回がせいぜいでしょうから、飼い主も自転車なんかに乗らず、愛犬と、広い所で全力疾走してあげて下さい。と、飼い主さんには言いたいのでした。
すみません。自転車とはあまり関係なくて。
Posted by maksim727 at November 25, 2005 11:02
maksim727さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうでしょうね。私も詳しくはありませんが、飼い主が仕方なく散歩させてるのと、楽しそうに遊んでやっているのでは、犬の様子も違うでしょうね。
最近、メディアでも取り上げられることが増えましたが、ペットブームの反面、捨て犬も増えているとか。一部犬種に人気が集まるので、近親繁殖や遺伝性疾患、問題性格などのチェックなく、社会性の欠如など問題のある犬が大量生産されてしまうらしいですね。結局もてあまして捨てたり、散歩もせずに放置されたり..。
私が偉そうに言うことではないですが、やはり飼い主には責任ある行動をお願いしたいものです。
いいえ、構いませんよ。maksim727さんも犬好きのようですね(笑)。
Posted by cycleroad at November 26, 2005 08:25
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)