November 26, 2005

予想を裏切るレンタサイクル

鳴子温泉古くからの湯治場としても有名な宮城県の鳴子温泉は、日本国内にある11種の泉質のうち9種が集まり、源泉数は370本以上という温泉好きには堪らないところです。私も行ったことがありますが、オニコウベスキー場などもあって冬でも楽しめます。


その鳴子温泉で、以前も取り上げたことのある三輪の自転車トライクを無料で貸し出す試みが行われ、好評を博しているようです。温泉だけでなく、鳴子温泉郷をのんびり走ってもらうイベント「鳴子トライクめぐり」です。車窓からでは味わえない温泉地の景色や隠れた魅力を体感してもらう狙いのようですが、トライクという3輪自転車が珍しいことも手伝っていると思います。

トライクめぐりもちろん、平坦ならば温泉地を散策するのに、自転車はもってこいです。でも、これが駅前放置自転車の再利用だったら反応も違うでしょう。ふだんスポーツタイプの自転車に乗っている人でなくても、あまり魅力を感じず、利用も伸びないのではないでしょうか。トライクは私も試乗したことがありますが、やはり乗ってみたくなる珍しさ、アピールするものがあります。

このイベント、観光地における脱自動車移動と来訪者の健康増進を両立させる調査事業として、国の助成も受けているそうですが、イベント後もレンタルを続けるみたいです。温泉側は、増えつつある三十代を中心とする女性客に、健康増進や環境重視をアピールする狙いがあり、新しい観光の目玉にしたいようです。さらに同じ宮城県内のトライクのメーカーも、自社製品のメッカにしたいと考えているようです。

こうした形で、自転車に接する機会があるのはいいですね。普通のママチャリタイプのレンタサイクルなら各地にありますが、もっと本格的な自転車をレンタサイクルとして導入するところが増えたら面白いと思います。このトライクもメーカーの思惑どおりの好評だったようですし、自転車の販売促進と新しい観光資源の両立なんて作戦、ほかでも使えるかも知れません。

温泉でなくても、ちょっと街の観光に自転車が欲しいなという場所は多いです。温泉町、城下町、宿場町、蔵の町、陶芸の町、歴史の町など、地域全体が観光地という場所はたくさんあります。そうした観光にレンタサイクルをという動きは珍しくありません。しかし、いざ借りようとすると、錆びて整備も満足にされていないママチャリということが往々にしてあります。

誰でも乗れるという点で、必ずしもママチャリが悪いとは言いませんが、やはり整備の行き届いていない自転車では、誰でも楽しくありません。逆に、ふだん乗れないような自転車が用意されていれば、利用率も上がります。

京都府の井手町では、MTBで町内をまわる、毎年恒例の「山吹MTB・CHALLENG EFESTA2005」が開かれたようです。このMTBチャレンジ・フェスタは、同町の豊かな自然と歴史の魅力をPRしようと行われていますが、タイムを競うレースではないので、初めての人でも観光気分で、自転車を止めて景色を写真に撮ったりするなど、自分のペースで楽しめるようです。

チャレンジ・フェスタこのイベントは必ずしも観光客向けではないようですが、観光地のアピールと共に、ふだんなかなか体験できないMTBでのトレッキング体験、野山を走行するチャンスというのも、やり方によっては観光客を呼べるのではないでしょうか。たかだかマウンテンバイクを用意するだけで、他の観光地との差別化も出来るかもしれません。

観光地全体のお客が激減し、銀行に融資を止められ廃業が相次ぎ、何百年も続いたような名旅館まで倒産するほど、長らく観光地では厳しい冬の時代が続いていたようです。サイクリングくらいで、お客が呼べるなんて甘いと言われればその通りでしょう。

しかし、レンタルサイルと言っても、どこへ行ってもママチャリしか出てこないのも事実です。単なる足でなく、楽しんでもらうべきなのに、とりあえず置いてあるだけの場所も多いです。自転車イコールママチャリでなく、本格的ロードバイクやBMXを貸すところがあってもいいのではないでしょうか。都会では充分出来ない試乗や体験を目当てに来る人だって考えられます。

また一部の人しか乗れないとは限りません。多くは初めての人でも乗れますし、若い人だけでなく中高年でハマる人も意外と多いです。ロードバイクやMTB以外でも、タンデムやリカンベントなど特徴のある自転車を導入する手もあるでしょう。鳴子の例は、話題性もあり利用率も上がるという好例なのではないでしょうか。

かねがね感じていることですが、全く自転車に興味もない人が、ママチャリではない自転車に乗ると、目からウロコが落ちることはよくあります。ただ、乗るチャンスがありません。旅行で観光地を訪れたときなどは、絶好のチャンスです。ふだん自転車に乗らない人が、旅行先でたまたま乗った自転車で、その気持ちよさを再認識するなんてことも起きるようになるでしょう。



紅葉は、だいぶ平地に降りてきました。鳴子あたりは、もう来月中頃にはスキー場開きでしょう。秋もいいですが、冬の温泉もいいですよね。最近は都内や近郊でも温泉が掘られてたりしますが、どこか自然の多いところへ行きたくなります。温泉好き、行きたくなるのは日本人の血ですかね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50219162
この記事へのトラックバック
才倉黄土さんの「サイクルロード ??千里の自転車道も一ブログから??」の記事「予想を
レンタサイクル【fu_r Notizen】at November 28, 2005 00:20
この記事へのコメント
おっしゃるとおりだと思います。私も車生活の時は普段自転車なんて、のろうとも思いませんでしたが、たまに観光地へ出かけたときには、レンタサイクルに乗ることがありました。しかし、ご多分に漏れず「ママチャリ」。やはり自転車は疲れるな。という印象しか抱かなかったと思います。

京都や鎌倉にはスポーツサイクルをレンタルしてくれるところもあるようです。こちら金沢も観光地ですから、こんな試みあっても良いとは思うのですが、ショップとしての利益には直接つながらないせいか見たことがありません。全国の観光地が抱える駐車場問題、観光と自転車振興の「妙案」として十分ありだと思うのですが、、、。
http://www.kctp.net/jp/index.html
http://www.rentalmtb.com/index.html
Posted by matta at November 26, 2005 09:11
mattaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね。疲れるし、スピードは出ないし、大きさやポジションがあわないし、サドルも錆び付き、ブレーキはききにくく、空気圧も少なめ、なんて事がよくありますよね。
京都や鎌倉は観光客数も違いますし、レンタルやさん同士の競争もあるのかもしれないですね。情報ありがとうございます。
でも金沢はあってもよさそうです。兼六園周辺だけでなく、犀川や港の方とか行動範囲が広がりますよね。
以前、金沢では観光シーズンの中心部の渋滞対策として、パークアンドライドを検討しているという記事を読んだ記憶があるのですが..。違ったかな。
郊外の駐車場に停めて、自転車に乗り換えた方が、渋滞に並ぶよりよっぽどいいですよね。
Posted by cycleroad at November 27, 2005 07:42
 こんにちは。レンタサイクルが古いママチャリであった為がっかりした事は多々有ります。観光地は坂道が多い、なのに変速機も付いてない。

 もし、それが整備されたスポーツ車だったら、とても楽しい思い出になったろうにと思った事が何度もあります。普通の人にスポーツ・健康増進としての自転車が再認識できる数少ない折角の「チャンス」であるのに...。

 併せて、観光地の自転車専用道や自転車用の観光周遊コースの設置も進めて欲しいですね。良い自転車が有っても、安心して走れる道が無いと仏に魂が入りません。

 ご紹介のトライク、面白そうですね。しかし、自分で買うとなると、価格と置き場所の二つがネックに成りそうですね。しかし、レンタサイクルにはとても良いと思います。
Posted by unclemac at November 29, 2005 10:10
unclemacさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね、ふだんスポーツタイプの自転車に乗っている人なら、その落差も大きいですね。10分かそこら通勤や買い物に使うならともかく、せっかくの旅先でのサイクリングが安っぽい自転車だとガッカリします。
観光地の自転車道についても同感ですね。整備されていればポイント高いです。古都などでは、なかなかそうも行かないでしょうが、街のあちこちを見てまわりたい、町自体が観光地のところで安全・快適に周遊できたら、観光地としての魅力が増しますし、集客力も大きくなるでしょう。
さらに、整備されたいい自転車が置いてあれば、いい印象が残って口コミや再訪につながるでしょうね。
Posted by cycleroad at November 29, 2005 21:03
横レス失礼します。

ちょっとレンタサイクルについて調べてたら、
金沢に、このような業務をされるタクシー会社が
見つかりました。

http://po6.nsk.ne.jp/asuwataxi/rentaru.html

簡単ながら、これにて。
Posted by fu_r at November 30, 2005 00:26
fu_rさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
へー、個人タクシーですね、この会社。どのくらいの台数の自転車で営業されてるかわかりませんが、足りないときは駅のレンタサイクルを借りて下さいみたいに書いているので、そんなに多くはないでしょう。
ユニークですね。元すし屋とかも書いてありますが、ルーフキャリアをつけたタクシーもやっていたくらいですので、自転車にも乗る方なのかもしれませんね。観光客との接点を持つことによって、タクシーの営業にもプラスになるのかもしれません。
わざわざ、面白い情報をありがとうございました。
Posted by cycleroad at November 30, 2005 06:49
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)