January 05, 2006

自転車で魅せるワザと芸術性

サイクルフィギュア2006年もスタートしましたが、今年は冬季五輪があります。2月10日からですから、もうあと1ヶ月もすると、トリノオリンピックの話題でもちきりになるでしょう。


どの競技も楽しみですが、昨年暮れに熾烈な代表争いを演じたフィギュアスケートは、多くの人が注目し、日本のメダルも期待できる人気種目なのには間違いありません。ところで、フィギュアと言えば、サイクルフィギュアをご存知でしょうか。話が強引な展開ですが(笑)、まさしく自転車版のフィギュアスケートがサイクルフィギュアなのです。もちろんこちらは氷の上ではありませんが..。

フィギュアスケートと、サイクルフィギュア。スケート靴か自転車に乗ってかの違いはありますが、同じポーズ、姿勢を保ったまま惰性で移動出来る点が共通しています。また両者とも、その場で回転する運動などもあります。そういう意味の動きでは共通するところがあります。またサイクルフィギュアも、同じように音楽にあわせて演技し、その美しさと難しさ、芸術点と技術点を競います。

サイクルフィギュアサイクルフィギュア自転車のほうが逆に小さい14m×11mのスペースで行われますが、同じようにワザの難易度や芸術性で判定されます。種目はシングル、ペアと、団体があります。私はビデオなどでしか見たことがありませんが、そのアクロバティックなワザにはビックリします。普通になんとなく見てると、大して凄いと感じないかも知れませんが、なまじ自分でやることを想像してしまうぶん、凄く感じます。

もちろんハンドルの上に逆立ちしたり、サドルに頭で倒立するなんて、挑戦したくもありません(笑)。一人を肩車しての曲乗りなんて出来るものでもありません。団体の競技でも、一見なんとも無く見えたりしますが、終始前輪を上げたウィリー状態のまま、さらにハンドルから手を離したまま、後進したり円を描いたりしています。しかも4人とかで揃った動きです。言葉で書いても凄さが伝わりませんが、よくその状態を想像してみてください。

BMXを想像してしまうと比較的容易そうに思えます。BMXで片輪だけの状態になるのは、主にペグと言って、タイヤの中心軸の延長のような部分に乗るからです。言わば一輪車と同じようなバランスです。しかしこちらは、ペグの上に乗っているわけではありません。ペダルに足を置いた状態で、手を離したまま、前輪を上げ続け、前進したり後進したりするのです。しかも、ずっと前輪をつきません。

サイクルフィギュアサイクルフィギュアサイクルフィギュアサイクルフィギュア

サーカスとか上海雑技団の人ならともかく、普通の人にちょっと出来ない芸当です。でも、体操やフィギュアスケートだって普通の人に出来ない技はたくさんあるわけで、トップ選手になると凄いと言うことです。決して特殊なスポーツというわけではありません。日本では全く知名度のないスポーツですが、ヨーロッパではわりとメジャーで人気もあり、19世紀から行われています。

自転車競技というと、どうしてもレース系ばかり考えてしまいますが、スピードスケートに対してフィギュアスケートがありますし、陸上競技も走るばかりではありません。投擲系や跳躍系もあれば、体操などもあるわけです。そう考えると、自転車にもサイクルフィギュアのような競技があるのが、むしろ自然とも言えます。BMXとかトライアルなどもあるわけですし、日本では知られてないだけでしょう。

サイクルフィギュアサイクルフィギュアサイクルフィギュアサイクルフィギュア

写真のような、前後輪の間隔が狭く、ドロップハンドルを付け間違えたようなハンドル、サドルにも特徴ある自転車が用いられます。ちょっと見慣れない自転車です。またサイクルフィギュアという言葉は和製英語で、正式にはアーティスティックサイクリング(Artistic Cycling)と言います。まだサイクルフィギュアのほうがイメージが沸きますが、アーティスティックサイクリングは、もっと馴染みの無い言葉です。芸術をしながらのサイクリングするのかと思ってしまいます(笑)。

芸術的サイクリング?後向きバイオリン走

そんな勘違いをしたわけではないでしょうが、この方は、バイオリンを弾きながらサイクリングしてます(笑)。しかも後ろ向きに走っているのです。タキシードに蝶ネクタイもこだわりのようですが、これが芸術なのかスポーツなのかはともかく、彼のサイトを見ますと、バイオリン演奏ありとなしの両方で、後ろ向き自転車走の世界記録ホルダーらしいです。これもあんまり挑戦する気は起きませんけどね(笑)。



まだお正月気分が抜けないのは私だけではないと思いますが、そろそろペースを整えないといけませんね。お正月の一連のスポーツが終わったと思ったら、大相撲初場所、あっという間にトリノ五輪になりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50287936
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)