February 20, 2006

ゴミにするしか手はないのか

いわゆるPSE法を巡って、抗議の声が上がり始めています。


似ていますがBSE(狂牛病)ではありません。簡単に言うと、この法律は「電気用品安全法」と言い、電気製品の安全性を示す「PSE」マークを貼った製品でないと今年の4月から販売できなくなると言うものです。これだけなら悪い話ではありません。電気製品以外でも様々な規制がありますし、耐震偽装や松下電器の石油温風機による一酸化炭素中毒の死亡事故などを見ても、消費者の安全を守る規制は必要です。

しかし、これには大きな問題があるのです。新聞などのメディアでも今月に入って徐々に報道し始めていますが、この法律によって2001年より前に製造された電気製品などの販売が、中古も含め、一切出来なくなってしまうのです。家電製品などの中古品を販売する業者には死活問題です。春以降は売れない在庫を抱えて倒産が相次ぐ可能性が高まっています。

電子楽器を駆使する音楽家にとっても問題です。音色の関係から過去の電子楽器を好んで使うアーティストも多く、この法律によって古い機器の流通が事実上出来なくなることが懸念されています。

これからの日本の音楽と芸術文化の発展に大きな支障をきたすことを危惧して、坂本龍一氏や高中正義氏らが連名で署名活動を始めました。

オーディオマニアなども、現在は製造されていないような機器を使っていたりしますが、そうしたビンテージものの機器も一切売買できなくなります。当然買取もされないので、機器の価値が実質ゼロになってしまうわけです。業者も、商品としての在庫を売ることが出来ないのであれば、一気にゴミとして廃棄せざるをえません。埋立処分場の問題もありますが、不法投棄も心配されます。

いろいろと個人の生活にも影響が及びそうですが、法人でも死活的な影響を受けるのは中古販売業者だけではありません。高額な電気設備や機械装置などは、どこでも新品を買うわけではありません。中古の機械が買えないとなると、中小の工場などなら問題でしょう。また、大きな機器の担保価値がいきなりゼロでは、経営にも影響しかねません。

さらに、こんなに影響が懸念されるにもかかわらず、この法律の存在があまりにも周知されていなかったという問題もあります。2001年の法律の施行から5年間の猶予があったとは言うものの、あと2ヶ月と迫っていても、この法律について知らない国民は大勢います。

かく言う私も最近知ったのですが、多くの人が最近まで知らなかったはずです。まるで旧製品の在庫が解消されるのをそっと待っていたかのようです。しかも、中古品販売に関しては法律に明記されておらず、昨年の11月に突如、含まれるとの解釈がなされたという話もあります。

確かに電気製品の安全は大切ですが、今どき、どんな事故がおきていて、どんな危険があるかの事例も不明確です。2001年以降の製品にはPSEマークがついていますが、逆にPSEがついている製品でも事故は起きているそうです。

経産省も電気用品安全法と、改正前の電気用品取締法の安全基準はそれほど変わっていないと認めています。そもそも法律の目的自体か不明確であり、以前の製品の販売を禁止するのは、「市場にいろいろなマークの製品が混在するのは好ましくない」(経産省)ためでしかないのです。

国民の利便は無視して、業界のために新品が売れるようにした、あるいは登録検査機関の利権のためと言われても仕方ありません。2001年以降に製造された製品が新しい基準に基づくのは結構ですが、過去の製品の中古としての流通まで禁止する必要があるのでしょうか。

古い仕様で新たに作れないのは仕方がありませんが、すでに販売された製品まで後から販売規制しなくてもいいのではないでしょうか。過去に基準が無かった訳でもないですし、特段問題もおきていません。古いものも、いずれ壊れて流通しなくなるでしょうから、それで何の不都合があるのでしょう。

一見すると正義のように見えます。しかし、消費者の安全という正論を根拠にしているようでありながら、実は必要のない規制、行き過ぎた部分ではないでしょうか。新品を買えばいいという問題ではありません。音楽マニアや中古業者だけの問題でもないでしょう。

リサイクルやゴミの不法投棄、環境への影響だけを考えても、かなり疑問と言わざるを得ません。どう考えても「もったいない」です。私も細かい部分まではわかりませんが、常識的に考えても納得できる話ではありません。続々と問題にする声が上がりはじめているのも当然ではないでしょうか。

参考
中古家電、もう売れない? 電気用品安全法が猶予切れ asahi.com
「名機」が販売禁止に 4月に迫る「電気用品安全法」   ITmedia ニュース
経過措置の 終了に伴う電気用品の取扱いに関して 経済産業省
電気用品安全法のページ 経済産業省
電気用品安全法(PSE法)に対する署名 日本シンセサイザー・プログラマー協会
電気用品安全法@2chまとめ
「谷みどりの消費者情報: 電気用品安全法のPSEマーク」へのコメント



個人で出来ることは多くないと思いますが、まず少しでも多くの人に知ってもらうことかも知れません。特に中古販売の部分は法律の運用や解釈の問題のようですので、反対の声が多ければ変わる可能性もあるのではないでしょうか。今後の動きが注目されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50360473
この記事へのトラックバック
2001年より前に製造された電気製品などの販売を禁止する「電気用品安全法(PSE法)」が4月から本格施行されるということで、対象機器の緩和を求め、松武秀樹さんや坂本龍一さんら電子音楽家が署名活動をWebサイトで始めたとのこと。 2001年の施行以来、猶予期間は5年間あった....
坂本龍一さんらがPSE法緩和を求め署名活動。【ぬるいSEの生態】at February 21, 2006 09:15
今日は急遽予定の番組を変更します。 ブログ界(?)で、今こんなモノが廻ってます。。。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− おまいらの聴き親しんだ
中古電気製品は消えていくのか?【オークションとサッカーとビンボーの日々】at March 14, 2006 21:41
3月14日、経済産業省は安全性を示す「PSE」マークがない一部家電製品の販売が4月から禁止される問題で「希少価値が高いとされるシンセサイザーやステレオ、真空管アンプなどの電子楽器や音響機器の一部を除外する」と発表しました。 家電や電子楽器、ゲーム機器など....
(動画あり)PSE問題、経済産業省は、世間知らず!【One And Only】at March 14, 2006 22:16
もう直ぐ中古アンプやシンセサイザー、レコードプレーヤー、電源内蔵型ゲーム機、テレビ、電気洗濯機などが販売できなくなります。これは一大事! 経済産業省は2001年4月に「電気用品安全法」を施行。本格施行までの猶予期間を品目ごとに5年、7年、10年後と設定し....
電気用品安全法が4月から本格施行・・・「ビンテージ物」が買えない!【One And Only】at March 14, 2006 22:36
中古家電、知恵絞る 電安法、4月から本格実施  安全性が確認できない中古家電製品などの販売を禁じる電気用品安全法(電安法)が4月から広範な品目で本格実施される。目印の「PSEマーク」がない01年度以前の製品の多くは販売できなくなる。中古品やリサイクルの...
中古家電、もう売れない?【zaraの当方見聞録】at March 15, 2006 21:26
リサイクル店困った 中古家電の販売制限、音楽業界もNO - CNET Japan ACアダプターを経由する製品も対象とはなっていない。 しかし,ACアダプタそのものは対象になっているようで。
ACアダプタ【Kyan's BLOG II】at March 16, 2006 00:46
この記事へのコメント
 この機器にどんな危険があるのかな〜と、タンスの上におとなしく乗ってる愛用のレコードプレイヤーを見ながら考えてしまいます。火でも吹きますか?替えの針は買えるのでしょうか?また経済効果を狙った失敗政策ですか?ゆとり教育がいい例ですからね。土日休みでも皆お金は使いませんよ。ない袖は振れない。結局、教育の失敗を文部省が謝罪するなんて、ありえない事態に・・・。今度は何省が謝罪するんでしょうね。なんで物事を片方からしか見られないのか?
賢い連中が集まって政治してるんとちゃうんかいな?頼むでほんま。
Posted by キルワニ at February 20, 2006 09:40
キルワニさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
なるほど、ゆとり教育ですか。迷走する政策や首をかしげたくなる法律はいろいろありますね。
法律を成立させるのは国会ですが、法案はほとんど各省の官僚が作成するわけですし、その省益しか考えない姿勢や縦割り行政の弊害はよく言われることですね。この経済産業省の暴挙とも言える法解釈や運用指針に対して、小池環境大臣は何をやっているのでしょう。二階大臣にかみつくぐらいのことはあってもいいと思うんですけど..。
官僚や政治家も優秀な人は多いでしょうが、あまりに市民の感覚とずれた人も多いということでしょうね。
Posted by cycleroad at February 20, 2006 12:43
トラックバックありがとうございました。ところで今のブログ運営で満足されていますか?

みんなと同じじゃつまらない!アフェリエイトや情報起業じゃ儲からない。ブログ〜Web2.0を使い倒す!

ブログ関連ベンチャー企業と起業支援の有志団体がボランティア・ベースでブログの活用法を世に問う無料イベントを開催します。あなたのブログ生活を、いつもと変らない毎日を、そして人生を変える転機になるかも知れません。ご興味がありましたら、ぜひご参加ください。ブロガーズ・ディ実行委員会は、あなたのチャレンジを応援します。

アクティブ・ブロガー・ショー@ちよだ:4月9日(日)竹橋
http://www.blog-headline.jp/blogger/archives/2006/03/post_6.html
Posted by ブログ読み比べリンク集!Blog-Headline at March 21, 2006 21:33
ブログ読み比べリンク集!Blog-Headlineさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
面白そうな企画ですね。わざわざお知らせいただきありがとうございます。
Posted by cycleroad at March 22, 2006 01:13
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)