May 12, 2006

イタリアという国のイメージ

イタリアの自転車と言うと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。


ビアンキやコルナゴでしょうか。デ・ローザやピナレロでしょうか。カンパニョーロが思い浮かぶかも知れません。もちろんママチャリにしか乗らなかったり、自転車には興味のない私の知人の中には、イタリアになんて自転車メーカーがあるの?と言う人もいますし(笑)、こうしたブランドが日本で一般的に知られているとは言えません。



でもロードレースファンや熱烈な自転車マニアでなくても、特にスポーツ系の自転車に乗るようなサイクリストなら、好き嫌いは別として、幾つかのブランドはご存知でしょうし、イタリア車のイメージをお持ちなのではないでしょうか。もちろん、こうしたメーカーの自転車にお乗りの方、パーツを使ってらっしゃる方もいるでしょう。憧れのブランドもあるかも知れません。

ジャンプバイク人それぞれだと思いますが、イタリアと言えば、伝統的な自転車文化やレースで培われた技術、優れたデザインと言ったところが一般的にイメージされます。しかし、今日取り上げるイタリアの自転車は、その名も「ジャンプバイク(Jump bike)」(左の写真)です。ジャンプバイクと言うと、ダートやバイクトライアルなどをイメージします。とするとマウンテンバイク系の本場アメリカ製かと思ってしまいますが、れっきとしたイタリア製です。

サスペンションと言うか、スプリングはついていますが、ジャンプと言っても自転車ごと跳ぶわけではありません。サドルにまたがったまま、人間だけがジャンプして進みます。文章より実際に見ると一目瞭然なので、是非、下のリンクから動画を見てみてください。何とも形容しがたい部分がありますが、独創的な自転車であることは間違いありません。



WMV形式のJump Bike の動画へのリンク ←(注:音が出ますので、ボリュームに注意)


ジャンプバイクパッと見ると、ただ三輪車を押して走っているようにも見えますが(笑)、ちゃんとサドルに座っています。もちろん身長に合わせて調整できるようになっています。チェーンもギアもペダルもないという面ではシンプルな構造です。普通の自転車と比べて見慣れないので、滑稽に見えないとは言えませんが、たまにはペダリング以外でフィットネスしたい時、足腰のバネを鍛えるにはいいかも知れません。

一味違ったユニークさです。乗ったことがないので何とも言えませんが、想像すると意外に気持ちよく走れそうな気もします。肘が固定されるハンドルという面は、トライアスロンで使う自転車に似ていなくもありません。でも、トライアスロンのランとバイク(マラソンと自転車)を同時にトレーニング出来そうでいて、どちらの練習にもならなさそうです(笑)。

イタリアにだって、日本でも買えるような有名メーカーから、家族経営で手作りの工房まで、多くのメーカーがあります。イタリア人に聞いてみると、自転車のロードレースにしても、日本より盛んとは言え、日本人がイメージするほどメジャーではないそうです。もちろん、街を行き交う自転車にしたって、普通の自転車よりロードバイクが多いわけではありません。

過去にもたくさんの変わった自転車を取り上げてきましたが、イタリアにだって、こんな自転車を作ったり、乗ったりしている人がいても不思議ではないわけです。ただ、ジャンプバイクと言うトライアル系のネーミングイメージもあって、この変り種自転車がイタリア製というのは、二重に予想を裏切られた気がした人も多いのではないでしょうか。



3月中旬以降、更新のペースを落としたわけですが、さすがにここへ来てランキングは下降気味です(笑)。もし時間がおありでしたら、下の人気ブログランキングのリンクから、他の自転車ブログもご覧いただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50463656
この記事へのコメント
イタリア製=高価ってイメージがあります。どんなに安くても25万そこそことかじゃないですか・・・ビアンキとかコルナゴなどは特にwあのジャンプバイクは正直ランニングしてるようにしか見えないようなw・・・
Posted by 沖縄の人 at May 13, 2006 10:17
イタリアバイクといえば・・・
硬い!!!

といったところでしょうか・・・

でもこのJump Bikeはふわふわなんでしょうね(´_ゝ`)クック
Posted by ats_ats at May 13, 2006 16:08
沖縄の人さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
確かに高級イメージですよね。でも日本には入ってきませんが、リーズナブルなモデルのメーカーも当然ありますし、ピンからキリまで幅広く存在するのも当たり前と言えば当たり前です。でもなんか、イメージが出来てしまってるから、余計にジャンプバイクが笑えるのかも知れませんね。
Posted by cycleroad at May 16, 2006 00:37
ats_atsさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
なるほど、そういう印象もありますか。確かにジャンプバイクはふわふわしてそうですが、ある程度の固さがないと沈み込みそうです。逆に同じセッティングで体重が軽くなると、足がつかなくなったりするんでしょうか(笑)。
上り坂とか後ろにひっくり返りそうな気もしますし、どんな乗り心地なのか乗ってみたい気もしますね。
Posted by cycleroad at May 16, 2006 00:47
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)