August 19, 2006

わずかな違いで大きく変わる

以前に比べれば、本格的に自転車に乗り始める女性も徐々に増えてきているような気がします。


街で女性サイクリストを目撃する機会にはバラツキがありますので、単に気のせいや地域的な違いもあるかも知れませんが、私の周囲でも話を聞いたりすると、増えているのかなという印象があります。圧倒的に男性が多いことは間違いありませんが、夫婦やカップルで楽しむ人も増えているのかも知れません。

ステムも交換可能女性だから云々と決め付けるつもりは毛頭ありませんが、私が見聞きして気になった例を参考までに書いておこうと思います。それは自転車のサイズがあっていない場合が意外に多いのではないか、ということです。

もともと、特に小柄な女性の場合、なかなかサイズ的に選択肢が少なかったりするようです。でも、もしかしたらフレームサイズ以外にも身体に合わないセッティングのため、いらぬ苦労をしている場合もあるのではないかと思うのです。

ママチャリを買うような感覚で、色と見た目で決めた女性も聞いたことがあります。むろん欲しい自転車、惚れた自転車という要素も大事だとは思いますが、サイズが合わなかったばかりに楽しくなくなって、ついにはホコリをかぶる可能性も少なくないでしょう。残念なことです。

もちろん、そんな大胆な選択をする人は例外です。お店の人や詳しい友人などに聞いたり、店頭でもサイズを合わせて買う場合が普通です。フレームサイズやステムの寸法等を自分に合わせて購入するでしょう。特にロードバイクの場合は、身体の寸法を測るシミュレーターに乗ったりもするはずです。

このごろはメーカーによって、レディスモデル、ウーマンモデルなど呼び方はともかく、女性用バイクをラインナップしている会社もあります。女性用とは銘打たないものの、フレームサイズが420ミリなど、小さなものをラインナップするメーカーや、タイヤも650Cと小さめなものを採用しているモデルもあります。

420ミリのモデルもあるしかし、フレームのサイズは気にしても、意外に無頓着なのはクランクの長さやチェーンリングの選択ではないでしょうか。クランクの長さは、普通の市販車を購入する場合なら、おそらく170ミリくらいが多いと思いますが、小柄な女性の場合は長すぎる場合があります。背の高さ、足の長さも違う男性と同じストロークになるわけですから、考えてみれば合理的ではありません。

またチェーンリングも、脚力の違う男性と同じギアになっている場合があります。そのため、フロントのインナー、つまり小さいほうのギアしか実は使っていない、なんて人もいます。リアも限られたギアしか使っていなかったりするわけです。

当然のことながら坂も苦手となり、仕方なく降りて押す場合が増えたりします。坂を極端に嫌ったり、重いギアを頑張って踏んでヒザを壊したりするわけです。これでは楽しくないですし、せっかく始めた自転車が長続きせず、興味を失ってしまうことになりかねません。

クランクセットフロントトリプルにする手も

サイズがどうであろうと、また基本的にどんな乗り方をしていようと、とやかく言うつもりはないのですが、知らないが為に自転車の楽しさが味わえない、あるいは半減しているのなら、もったいない話です。せっかく最初のハードルを越えて本格的に自転車に乗り始めたのに、ここでつまづくのも残念です。

個人差がありますが、場合によってはチェーンリングやクランクも交換すべきでしょう。軽めのギヤ比となる、「コンパクトドライブ」(メーカーによってコンパクトトランクセットなどと呼ぶ場合もある。)なども出ています。男性との体格差、体力差、筋力、心肺能力の差は当然なわけですから、こうした部品も積極的に替える手はあります。

コンパクトクランクセット男性の場合、体格や年齢などによってだけではなく、峠を登る場合など、積極的にコンパクトドライブに替えて試してみる人も少なくないと思います。こういう決めつけ方をすると怒られると思いますが、あまり女性の場合、そうした研究をする人が少ないようにも感じます。

一般的に言って、子供の頃から男の子がメカ好きなのも大きいとは思いますが、少しでも速く走りたい、かっこよく乗りたいという研究熱心さについても、男性の方が勝っている気がします。今は、書籍や雑誌、インターネットでも情報は簡単に収集できるわけですから、活かさない手はありません。

自転車のパーツは高い部品を選べばキリがありませんが、こだわらなければ意外に安く買えるものです。たかが歯車に、と考える方もいますし、高いと思うか安いと思うか人それぞれです。でも、それによって得られる効果からすれば、むしろ安い気がしてくるかも知れません。

いいえ、峠なんか行かないわ、と言う女性もいるでしょう。速くも走りたくないし、ギヤもあまり変えずに、のんびり走りたいのよ、と言う女性もいるに違いありません。もちろん構いません。ただ、あまりにラクに坂が登れるようになって驚いた、坂が好きになったなんて人も実際にいるのです。

峠や速度はともかく、故障防止にもなるわけですし、それはヒザに限りません。クランクやチェーンリングに限らず、ちょっとパーツを変えたり、サイズを調整しただけで、悩んでいた痛みが消えることだってあります。今までより更に楽しい世界が広がっている可能性があるのです。もし、そんな状況に気づいたら、周囲の男性諸氏もアドバイスしてあげたら喜ばれるかも知れません。



それでも海外と比べると、まだまだ日本は女性サイクリスト(ママチャリ以外の)が少ないと思います。この差はどこから来るのでしょうか。もっと女性を誘う必要があるのかも知れませんね(笑)。

関連記事

パッと見にはわからない怪物
タイヤのサイズ表記がわかりにくいという人も多いが..

女性が自転車に乗らない理由
海外と日本の差はともかく、女性が自転車に乗らない理由は



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50566661
この記事へのコメント
ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にて、あなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?

ご登録はサイトよりお願い致します。
http://www.blog-station69.com
Posted by BlogStation at August 19, 2006 23:28
Cycleroadさん、こんにちわ!
言いたくないのですが、暑いですね…。

私の妻にも数年前に、自転車の話を何度もしました。
誕生日にクロスバイクも買って、ツーリングの誘いもしました。
だけど…。どうしてなんでしょうね?
私の人生の悩みのひとつです。
Posted by choko0247 at August 21, 2006 14:50
BlogStationさん、お誘いありがとうございます。検討します。
Posted by cycleroad at August 22, 2006 06:42
choko0247さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
暑いです(笑)。昨日、一昨日は甲子園も熱かったですね。
そうですか。でも、そういう方は少なくありませんよ。それに、男女で趣味・嗜好が違うのは自転車に限りません。ショッピングとか、おしゃべりとか、男女で好みが分かれるものはたくさんあります。むしろ、それぞれの趣味を尊重して干渉しない、というのも夫婦で波風を立てない秘訣かも知れませんね(笑)。
Posted by cycleroad at August 22, 2006 06:53
はじめまして!
私は今年の春からロードバイクを始めた主婦です。
最近ちょっとずつ山にも行き始めました。
cycleroadさんのお話、興味深く拝見しました。
正直、今はギアもどうしたらいいのかわからないまま「ガシガシ」上っています。(笑)
「ケイデンス」とはよく言われることですが、ケイデンスを計れるサイコンを持っていないのでイマイチよくわかりません。
でもその辺りを勉強したら、山がもっと楽しく走れるかもしれませんね。
また、勉強しに来ます!(^-^)ゝ


Posted by haru at August 24, 2006 17:41
haruさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ギアを上手く使えると、もっとラクに登れたりして結果として楽しくなる人も多いですよ、というだけなので、あまりとらわれたり、気にする必要はありません。
回転数はともかく、とりあえず同じ回転のペースが保てるようシフティングすることを心がけてはいかがでしょう。疲れも減ると思います。
ケイデンスは、自分が通常走行しているときのスピードと使っている前後のギアさえ覚えておけば、後で自分の自転車のタイヤの周長から逆算出来ます。ふだんの自分の標準的なケイデンスを一度算出してみると参考になると思います。
最初はガシガシも、大いに結構だと思いますよ(笑)。だんだん走り方も効率的になっていくものですし、その為のいろいろな方法論にも興味が出てくるでしょう。そんな試行錯誤も楽しみのうちですからね。
Posted by cycleroad at August 25, 2006 07:15
こんにちは。

ロードバイクの購入を計画している、女子?です。
今は、GAINTのMTBを乗っています。
これからサイクリングイベントにいろいろ
出てみたい、そしていつかはしまなみ海道を
サイクリングしたい!という思いから
ロードの購入を検討中です。

今のMTBはこのページのとおり、あまり相談できずに
自転車屋さんとちょっとだけ話して購入を決めてしまいました。そのため、今回のロードは勉強いろいろしようと思い
見ているところです。

今気になっているのは、BASSOのVIPERです。
いろいろ見ていると、サイズが小さく女子にも乗りやすいみたいで、さらに気になっています。
サイクリングでゆったり楽しむにもクロモリがいいのかなとも思ってます。


どこかのHPに
「コンポはティアグラですがクランクだけスギノになってるのがニクイ!」とありました。

ティアグラとソラの違いは、今日自転車屋さんで教え頂き、なるほど!と思ってきたのですが、
クランクの違いを知りたくて、このブログにたどり着きました。
たしかに、漕ぐことで、走れるわすもんね。
長さがあってることが大切なのですね!!
クランクにも、ランクやメーカーの違いも勉強したいと思います。
あと、この自転車はフォークだけカーボンです。
フォークだけカーボンなことはどんなメリット?なのかなぁと疑問です。ショックの吸収とかいいのかな。


少しづつ勉強して、秋〜冬に購入予定です。
秋冬に購入したほうが、品数もそろっていると見たことがあったので(^^)

またブログでいろいろ勉強させてくださいませ。
目指せ、素敵女性サイクリスト☆

長文コメント失礼しました!
Posted by ゆきんこ at April 30, 2011 21:53
ゆきんこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ロード購入を計画してらっしゃいますか。サイクリングイベントにしまなみ海道、いいですね、楽しみですね。
初めてのロードならば、クロモリという選択はいいと思います。いろいろ経験を積んで、知識が増えてくると、また違った素材にも乗りたくなるとは思いますが..(笑)。
ネットで下調べはいいのですが、実際に選ぶには、なんと言ってもフィッティングが重要ですから、実物を置いている自転車屋さんへ行って、店員さんとよく相談するのがいいと思います。
実物にまたがってみるだけでも乗りやすさなどが想像できると思いますし、印象も変わってくると思います。
フォークにカーボンを使うのは、一般的に言って振動を吸収するためです。ただ、MTBのサスペンションのように吸収するわけではありません。
フォークが固いと、乗り心地も固く感じます。そして路面の小さなデコボコの細かい振動が直接腕に伝わり、長い距離を走行していると疲れてくるのです。それを防ぐためにカーボンを使っているものと思われます。
当該モデルに詳しいわけではありませんので、実際には店員さんに確認してみてください。
あまり知識もなく、いきなり色とか見た目だけで自転車を購入してしまうと、身体に合わなかったり、いろいろ知らなかった現実にぶち当たって、気持ちが萎えてしまう女性も少なくないようです。
その点、ゆきんこさんは研究熱心のようですから、きっと素敵な女性サイクリストになれると思いますよ。
あれこれ悩んだり考えたりするのも楽しい時間だと思います。
自転車選びをゆっくり楽しんでください。
Posted by cycleroad at May 01, 2011 23:11
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)