October 24, 2006

意外な場所で意外なイベント

以前よりは、各地での自転車イベントの開催が徐々に増えつつあります。


市民参加のサイクリングや長距離のライドイベントからロードレースなどの大会まで、地域の振興や観光客の誘致に貢献する例も出てきているようです。とは言っても、自転車レースの盛んなヨーロッパに比べれば、まだまだ盛んとまではいきません。

街中を下るコース大会によっては多くの観客が詰めかけるレースもありますが、やはり自転車レースのファンが中心で、一般的な知名度が高いとは言えません。日本ではギャンブルとしての競輪のイメージが定着している影響もあってか認知度も低く、自転車競技自体の人気が高くないこともあります。

球技などと比べると構造的なハンデもあります。スタジアムで開催できるトラックレース等を除けば、競技場内だけという訳にはいきません。ロードレースなどの場合、沿道で観戦していても一瞬で通り過ぎてしまうので、見て面白いと感じてもらいにくいわけです。

競技があまり知られていないと、競り合いやかけひきといったレースの醍醐味も理解してもらえない不利があります。マウンテンバイクのダウンヒルやクロスカントリーなどの大会にしても、コースが人里離れた山の中では、やはり集客的に不利です。

そんな状況もあって、自転車レースの開催なんて考えもしない自治体も多いことでしょう。でもちょっと待ってください。世界には、こんなレースもあります。Lisboa Downtown、ポルトガルの首都リスボンで開かれている大会です。

ポルトガル語だとLisboaとなりますが、英語ならLisbon Downtownです。でもリスボンの下町ではありません。世界的にも珍しい、街中で行われるマウンテンバイクのダウンヒルレースなのです。以前はRedbull Downtownなどとも呼ばれていた名物イベントです。

どんなレースか文章で説明するより、見てもらえば一目瞭然なので、例によってYouTubeの動画をどうぞ。(画面中央をクリックするとスタートします。音が出ますのでボリュームにご注意を。ブラウザの設定によっては、もう一度クリックしてください。何も写っていない場合は再読込みしてみて下さい。)

 Lisboa Downtown 2006 (final run)

当然のことながら、クラッシュシーンもあります。

 Lisboa Downtown 2006 (crash)

こちらは、昨年のもの。

 Lisboa Downtown Red Bull 2005

リスボンの街を一望するサン・ジョルジェ城をスタートして、街中の細い道や階段を一気に駆け下りるレースです。ただでさえ滑りやすそうな石畳もあれば、クルマを使ったジャンプ台(ドロップオフ)もあり、民家の中を通り抜けたりするなど、変化に富んだコース設定になっています。

街の交通を規制して開催される関係上、選手のコース試走は数回に限られており、アクシデントも多発します。観客がコースを横切ったりしてしまうこともあると言います。選手にとっては冷や汗ものですが、間近で見る観客にとってもスリル満点です。

リスボンダウンタウンLisboa Downtown

狂気のレースなどとして、テレビのバラエティ番組で紹介されたこともあるので、見たことのある方もいらっしゃるかも知れません。確かに、普通の人にしてみれば自転車で階段を爆走するなんて狂気の沙汰に思えるでしょう。でも、ある程度MTBに乗ったことのある人にとっては、そんなに驚くことではありません。

素人でも、ちょっとした階段なら、すぐ降りられるようになるものですし、サスペンションも付いていますからジャンプも問題ありません。もちろんレースは簡単ではありませんが、決して無謀なわけではありません。ダウンヒルならぬこのダウンタウンレース、ポルトガルでは年々盛り上がって、シリーズ化される話もあるようです。

このLisboa Downtown、最近は日本の選手も参戦しています。世界的にも珍しいレースなので奇抜に感じますが充分現実的です。プロの選手でなくても、国内で開催すれば出てみたい人は大勢いるのではないでしょうか。

Lisbon Downtown街中のダウンヒル

日本でもいかがでしょう、このダウンタウンレース。まず思いつくのは長崎ですが、日本の場合、山すそや丘にまで街が広がっているところは少なくありません。探せば、意外に多くの街で、開催できそうな坂や階段の多い地区が見つかりそうです。

都市部だけではありません。石段街で有名な群馬県の伊香保温泉でなくても、山ぞいの温泉なら、うってつけの場所が見つかるかも知れません。長崎などは自転車に乗れない人も多いと言われますが、坂や階段が多く自転車に向かない、乗る人が少ない場所ほど、このレース開催には向いているわけです。

このレースなら説明も不要、見るだけで楽しめます。観光地でのイベントとしても魅力的です。ビジュアル的に言ってもテレビ向きのイベントですし、大きな話題になること間違いなしです。果たしてどの位の自治体で開催可能なのかわかりませんが、「日本初」ならなおさら注目されますから、早い者勝ちかも知れません。



東日本は、凄い雨でした。気温も下がったので、風邪をひかないようにしないと..。

関連記事

地域をスポーツで活性化する
ジョイアスロンなど新しいものを含め、増える自転車イベント

クリティカルマスに至る地球
自転車イベントと言えば、クリティカルマスなどもあるわけで

アートかレースかパレードか
こちらも日本には無いタイプのイベントだが、参加してみたい

日本では起きそうにない
見たいわけではない(笑)が、こちらも何故か日本では起きない



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50627017
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)