December 29, 2006

フォローの風を起こすパワー

つい先日も、台風並みの低気圧がもたらす冬の嵐が日本列島を駆け抜けました。


そのあと10月並みに暖かくなって驚いたりもしましたが、今年はどうやら暖冬傾向のようです。それでも冬至を過ぎ、いよいよ本格的に冷たい木枯らしが吹きすさぶ冬本番になっていきます。寒風にも負けずに乗っている方もおられるでしょうが、自転車には厳しい季節です。

PacificWind赤城おろしとか、遠州や上州の空っ風、六甲おろしや比叡おろしといった、冬に北から吹く乾燥した冷たい強風(季節風)をさす言葉もたくさんありますが、自転車に乗っていると、この時期の冷たくて強い向かい風に気持ちが萎えることもあるのではないでしょうか。

冷たくなくても、強い向い風や横風は自転車にとって悩みの種です。大きな川沿いにある、吹きっさらしのサイクリングロードなどでは、強い追い風に乗って調子よく走ってしまうと、引き返す時の帰りの向い風の強さにめげたりすることもあります。そんな時、サイクリングコース沿いで店を出している、おでんやの親父に、

「兄ちゃん、これから風上に帰るのかい。そいつはてーへんだ。ほれ、これでも背負って行きな。」

なんて差し出されたら嬉しいのが、PacificWindの ThrustPacです(笑)。そもそも、おでん屋が出ているかは別として、普通の時にラクをするためと言うより、そんな向い風の帰り道にめげそうな時に欲しいアイテムです。無風なら90Kgの人でも56km/hくらいまで速度が出るパワーだと言います。

ThrustPacPacificWind

PSYCLONE(CYCLONE?)、HURRICANE、TORNADO、というネーミングもさることながら、マンガにでも出てきそうな道具を実際に作って売り出してしまうところがユニークです(笑)。言ってみれば風力アシスト自転車ですが、後方へ吹き出す風の力だけで走行できます。

↓中央の再生ボタンのマークをクリック(または2度クリック)すると再生します。
 音が出ますのでボリュームに注意してください。



動画で見るぶんには、なんだかとても楽しそうです。ちょっと担いでみたくもなります。しかし、ラクをするために動力を使うなら、最初からオートバイにしたほうがエネルギー効率的に言っても良さそうです。重いエンジンを担いだ上に、音もかなりのうるささです。

同じようなスピードや航続距離なら、原動機付自転車やバッテリーで動く電動バイクなどのほうが、よっぽど静かで軽くて小さくスマートな気がしないでもありません。ただ原付バイクや自動二輪はサイクリングロードを通れませんが、このThrustPacなら自転車に乗っていることに変わりありません。

風力アシストバイクPower Jet Pack

道路交通法的にどんな扱いになるのか微妙な気もしますが、少なくとも自転車には動力がついていないわけです。自転車を降りてカヌーやスキー、スケートボードなどに乗り換えても使えます。考えてみれば、同じように動力のないパラグライダーで使えばモーターパラグライダーそのものです。逆にこちらが元祖のような気もします。

これはリモコン模型ですが、背中にユニットを背負って飛ぶパラグライダーがモーターパラグライダー

いろいろ使える駆動力としての汎用性の高さはメリットです。しかしモーターパラグライダーのエンジンユニットなら日本でも手に入るでしょうが、さすがに担いで自転車に乗っている人は見たことがありません。走行中、下手に振り返ることも出来なさそうですし(笑)、やはりちょっと実用性に欠けるのかも知れません。



この時期になると、テレビのニュース番組が、「年内の放送は今日までです」なんて言ってどんどん終わっていきます。実際に年末年始くらい、大した事件もなく平穏だといいんですけど..。
そんなわけで、サイクルロードも年内の更新はおしまいにします。皆さん、良いお年を。

関連記事

サイクリングのプランニング
向い風の時は輪行してしまう手もあるが、計画時から風向きを

快適サイクリングを阻むもの
海風や季節風だけでなく、都市気候が生み出す局地的な風もある

ベロシティという都市の理想
一人でチマチマ風を起こすくらいなら、こんな構想を実現したい



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50679353
この記事へのコメント
自転車の面白さを知ることが出来た、ブログでした。
ココまで詳しいのはココくらいです。
今年はそういう意味でありがとうございました。
来年も良い年になりますようお祈りしております。
Posted by SNOW at December 31, 2006 18:50
いろいろ多面的な薀蓄ある記事をありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
Posted by クロタマ at December 31, 2006 22:17
SNOWさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
過分なお褒めの言葉をいただき恐縮です。詳しいかどうかは別としましても、「自転車って実は結構面白いよ」というのが一番伝えたいことでもあります。自分の趣味を押し売りするつもりはないのですが、自転車を見直す人が増えるといいなと思っているので、そう言っていただけるのは嬉しい限りです。
こちらこそ、読んでいただき、ありがとうございました。SNOWさんにとっても、いい年でありますように。
Posted by cycleroad at January 01, 2007 01:24
クロタマさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
あちこち脈略のない話題も取り上げましたが(笑)、読んでいただき、ありがとうございました。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。
Posted by cycleroad at January 01, 2007 01:27
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)