February 09, 2007

定年になったら行きたい旅行

その消費動向が注目されていますが、団塊世代が大量に定年退職を迎えます。


定年後の計画は人それぞれでしょうが、中には、キャンピングカーを使って、のんびり日本一周をしたいという希望を持つ人達もいて、キャンピングカーへの関心や需要も確実に伸びる方向にあるそうです。自然の中で滞在したり、好きなときに気ままに移動出来る旅、という点が魅力なのでしょう。

日本でキャンピングカーと言えば、普通はレジャーや旅行用ですが、本場アメリカではモーターホームと呼ばれ、バカンスだけでなく、文字通り動く家として使っている人も多いわけです。もちろん定年後の世代に限らず、より若い世代でも、各地を移動しながら暮らす人がいます。

日本でも、旅行でなら日本各地を巡る人はいますし、定年後に限りません。でも、一箇所に定住せずにモーターホームで暮らす人は少ないと思います。全くないわけではないでしょうが、やはり国民性なのか、狩猟民族と違って定住して暮らしてきた農耕民族だからか、米国とは大きく事情が異なります。

そんな、お国柄の違いという訳でもないのでしょうが、米国には、なんとモーターホームバイクに住んでいる人もいます。バイシクルホームと言うべきか、つまり自転車ホームです。日本流に言うならキャンピング自転車でしょうか。サドルの後ろにあるのはキャビン、すなわち居住空間なのです。仕上がりはともかく、発想は面白いです。

Motorhome bike

屋根付きの自転車と言えば、主に風の抵抗を小さくするため、フェアリングと呼ばれる流線型のカプセル状のものを被せた自転車があります。ベロモービルとか、バイシクルカーと呼ばれ、リカンベントがベースになっている場合が多く、やはり、ほとんどが手作りです。

この自転車ホームにも、サドルの上に日除けはついていますが、フェアリングの外にありますし、それらとは似て非なるものです。これまでも、いろいろ変わった自転車を取り上げてきましたが、家になる自転車、住宅兼用自転車というのは、ありそうで無かったジャンルです。私も初めて見ました(笑)。

自転車ホームキャンピング自転車

製作者であり居住者でもあるライアン・ブライアンさんは、全米各地どころかメキシコまで、この自転車で足を伸ばしたそうです。設計的にはアポロ宇宙船の月着陸船と月面探検車のデザインに影響されたと言います。言われれば何となく印象がないでもありません。横風には弱そうですが、スタンドもしっかりしています。

手作りですが、意外にしっかり出来ているらしく、豪雨にあってもキャビンの中は全く乾燥したままで、非常に快適なのだそうです。確かに、日本なら雨露のしのげる場所で野宿も出来るでしょうが、広大なアメリカ大陸を旅するには、雨以外にも雪や砂嵐など、苛酷な天候をしのぐキャビンが欲しくなるのも頷けます。

走る住宅バイシクルホーム

この自転車ホーム、実はライアンさんの3番目の「船」だそうですが、希望があれば他の人用にも、こうした自転車を製作したいと考えているそうです。スピードは出そうにありませんが、のんびり時間を気にしないなら、こんな自転車で旅するのも、ちょっと面白いかも知れません。

とは言え、アメリカ人から見ても、かなりインパクトのあるスタイルのようですし、さすがにアメリカと言っても目立つのは間違いなさそうです。団塊世代の方の中には、自転車でのアメリカ大陸横断を考えている方もいらっしゃるかも知れませんが、どんな自転車にするかは、よくよく考えることをお勧めします(笑)。



最近、夜遅く更新することが多いのですが、どうしても深夜の時間帯は混んでいるのか、なかなか更新やRSSが反映しない時があります。特に、ここ数日はブログサーバーの調子も悪かったようで、全く閲覧出来ない時間帯もあったようです。エラー画面になって、無駄足を踏ませてしまった方、すみません。

関連記事

自転車の行く手を阻む厚い壁
屋根付き自転車と言えば、風の抵抗を少なくするためのフェアリング。

ベロモービルという未来の波
家の代わりにはならないが、少なくともクルマの代わりにしてもいい。

雨でも自転車に乗れるカタチ
雨をしのぐだけだったら、日本でもこんな自転車を売っている所がある。

どんな天気でもマイペースで
実は後日、私も全天候型自転車に試乗する機会があったので乗ってみた。



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/50711470
この記事へのコメント
これもサイクリストの夢(笑)
これ屋根ソーラーっぽいですね、
アシストは楽そうだな〜
Posted by 田舎者 at February 10, 2007 18:38
田舎者さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
一見すると奇抜に見えますが(笑)、確かに一つのスタイルではありますよね。
月面探検車のイメージですから、ソーラーパネル風ですが、実際は発泡スチロールみたいです。日除けや雨用には実用的な素材ですね。
Posted by cycleroad at February 11, 2007 23:38
こんにちは。

楽しそうですね、コレ。日本だと「排除」されそうで怖いですけど。
Posted by かず at February 15, 2007 19:16
かずさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ほのぼの感がありますよね(笑)。大阪の代執行が先日話題になってましたが、確かに日本で乗っていたら、排除されそうですね。いや、逆にすぐ退避したり戻ったり、移動出来ていいかも知れません。
Posted by cycleroad at February 16, 2007 06:23
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)