November 15, 2007

かぶりたいと思うヘルメット

公道を走行する以上、事故のリスクは絶えず付きまといます。


ルールを守れば、自転車で走行すること自体が危険だとは思いませんが、公道上には危険な運転をするクルマもあれば、交通ルールを無視する自転車もいます。スポーツバイクの場合は、平均して走行スピードが速いこともあって、一旦事故が起きた場合には、重大な結果になる可能性もあります。

その場合、頭部への衝撃が致命傷になることが多いのは確かでしょう。ゆっくり歩道を走行するのならともかく、車道をそれなりの速度で走行する場合には、やはりヘルメットをかぶった方がいいことは論を待ちません。ただ日本では法令で義務付けられているわけではないので、かぶっていない人も多く見ます。

OGK ENTRAGiro INDICATOR

個人的には、せめてスピードを出して走行する場合には、かぶった方がいいとは思いますが、ヘルメットをかぶりましょうなどと声高に主張するつもりはありません。自己責任の問題です。危険があると思えば、かぶる気になるでしょうし、スタイル的にかぶったほうが格好がいいと思えば、かぶるのではないでしょうか。

ただ実際のところ、さまざまな理由でヘルメットを敬遠する人は少なくありません、なぜ、自転車用ヘルメットをかぶるのを嫌うのか、その理由を考えてみたいと思います。(写真をクリックすると発売元、販売元、又はネタ元のサイトにリンクします。)

Giro ATLAS IIGiro TRANSFER

まず、自転車用のヘルメットは、どれも同じようなデザインばかりで、あの形が自分に似合わないので、かぶりたくないと言う人は少なくないでしょう。確かに似たタイプばかりで個性に乏しいとも言えそうです。もっと他の用途のヘルメットを参考にするなど、商品のデザインが多様化するべきなのかも知れません。

乗馬用ヘルメットロンドンポリスヘルメット

競馬用ヘルメットビンテージハーフヘルメット・ゴーグル付

すでに何らかのヘルメットを持っている方なら、いくつも買いたくない、置き場所に困るなどの理由があるかも知れません。オートバイのヘルメットには、フルフェイスからジェット型まで形を変えるタイプがあるようですが、いくつかの用途に兼用のヘルメットがあっても良さそうです。

警備員用ヘルメット5wayヘルメット

ヘルメットが、自転車を降りたあと邪魔になる、会社などに置いておくときに困るという方もあるでしょう。実は、折りたたみのヘルメットも存在します。たいして小さくならないような気もしますが(笑)、少しの差でカバンや引き出しに入る可能性も高まります。

折りたたみヘルメットStashkit Folding Cycle Helmet

ヘルメットをかぶると髪型が崩れるから、という人も多いでしょう。女性がポニーテールや「おさげ」などにすると、物理的にかぶれないこともあるはずです。そのあたりの配慮は、アメリカの少女用の野球のヘルメットにヒントがありそうです。さすが野球の国です。ただ右のほうは、どう見ても日本の風景のようです。

女性用野球ヘルメット
三つ編みOK

デザインが保守的でつまらないと感じる人もいます。もっと自由度が高かったり、個性的だったり、ユニークだったりしてもいいでしょう。子供用にはキャラクター入りのものもありますが、もっと斬新で人目をひくようなヘルメットがかぶりたい人もいるに違いありません。

大笑いヘルメットスイカヘルメット

左は本物の防弾ヘルメット、右はチェーンソーで木を切る時に使うような防音ヘルメットですが、シールドがついていると、虫などが目に入らなくて便利です。いろいろなものを防いだり、多様な機能を付加するようなヘルメットがあったって悪くはありません。

防弾ヘルメット

ハスクバーナヘルメット


軍用ヘルメットにもヒントは詰まっています。左のものは、旧チェコ軍の鉄カブトですが、いざという時、鍋にもなります(あまり関係ないですが..笑)。右のは、ヘルメットに迷彩柄のヘルメットカバーを取り付けるようになっています。戦場によって変えるのでしょう。自転車用でも気分で外側を変えられたら楽しいかも知れません。

チェコ軍スチールヘルメット
ファントムオリジナルヘルメット・カバー

そもそも、自転車用ヘルメットは海外から入ってきたデザインです。なぜ日本オリジナルなものがないのでしょう。日本古来のヘルメットと言えば兜です。さすがに、このままではギャグですが、この形を元に和風のヘルメットが出てきても不思議ではありません。

着用兜スターウォーズ ダース・ベイダー兜飾り

お気づきの方もあるでしょうが、上の右の兜は、吉徳の「スターウォーズ ダース・ベイダー兜飾り」です。妙にマッチして違和感がありません。それもそのはず、ダース・ベイダーのヘルメットは日本の兜をモチーフにデザインされたと言われています。未来的なデザインが、実は和風テイストだったりするわけです。

スターウォーズ ダース・ベイダー レプリカヘルメットストームトゥルーパープラハーフマスク

自転車用ヘルメットのメーカーなんて知らないし、聞いたこともないブランドなんて身につけたくないと言う人もいるかも知れません。左はルイヴィトン、右はシャネルのヘルメットです。OEM(他社ブランド製造)などで、有名ブランドのヘルメットを製造することも検討の余地があるのではないでしょうか。

ルイヴィトン レディースヘルメットCHANEL シャネル ヘルメット

必ずしもあのカタチにこだわる必要もないと思うのですが、自転車用ヘルメットというと、最初の写真のような形が連想されます。結局のところ、実用上は自転車用のヘルメットが軽くて通気性も良く、一番あっていると思うのですが、多くの人には見慣れない分、ちょっと違和感があるのかも知れません。

自転車用のヘルメットには、まだまだ改良やバリエーション開発の余地はありそうです。でも、やはり何と言っても自転車に乗る時、ヘルメットをかぶる習慣やかぶった経験のないことが、普及率の低い一番の原因なのではないでしょうか。スポーツバイクのブームと言われる中で、もう少し脚光が当たってもいいような気がします。



今年の流行語大賞の候補が発表されています。KY、産む機械、事務所費、ナントカ還元水、しょうがない、お友達内閣、背水の陣内閣、共生、身体検査、姫の虎退治、(消えた)年金、ふるさと納税、無能力化、政治がらみが例年に増して多いような気がします。今年もいろいろありましたね。
 
関連記事

ヘルメットに何を期待するか
長年にわたって不変のように思えるバイクヘルメットも、実は新しい構想も。

いかに危なっかしく見せるか
ヘルメットをかぶっている方が、むしろ危険だとする驚くような調査もある。

ヘルメットは自らかぶらせる
自転車用ヘルメットはこういうものと考える固定観念があるのかも知れない。



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51086642
この記事へのコメント
面白い記事読ませて頂きました!!
兜なんかは、見た周囲が事故起こしそうな気もしますがw、こうやって見ると頭部を守るものっていっぱいあるんですね。スポーツにも野球やらホッケーやらありますしね。

オートバイメットは確かに種類があるのに、バイクメットというと型が決まっていますね。洗練されていった結果、あのような形に行き着いたのだと思いますが、何も100人が100様にスポーツバイクしているわけでもないですから、もっと色々考えられても良いですね。
Posted by キャプテン at November 18, 2007 00:16
キャプテンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ほんとです。工事用とか消防士用とか仕事でかぶる人も多いでしょうし、細かく挙げればキリがありません。
確かに集約された面はあるのでしょうね。バイクヘルメットも、BMX用とかダウンヒル用とか競輪用とか種類はありますが、おっしゃるように個性には乏しい気もします。服とか靴などに匹敵するほど多様化すべきとは言いませんが、もう少しおしゃれを楽しめる要素があると、もっと多くの人がかぶりたくなるようなヘルメット、ヒット商品が出てくるかも知れませんね。
Posted by cycleroad at November 19, 2007 12:13
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)