January 26, 2008

自転車通勤する距離とコース

寒い日が続きますが、毎日頑張って自転車通勤されている方もあるでしょう。


自転車で通勤している方の平均的な通勤距離はどのくらいなのでしょうか。片道10キロとか15キロ、場合によっては20キロでも可能でしょう。中には、それ以上というツワモノもいるに違いありません。しかし片道65キロとなると、さすがに通勤としては厳しいものがあります。

職場まで往復80マイル、およそ130キロもあるのに自転車で通勤している人の話が、今週のシアトルタイムズにローカルニュースとして載っていました。アメリカ北西部の太平洋岸に位置する、ワシントン州シアトル郊外に住むNat HongさんとBob Barrettさんの二人です。

シアトルの街湾に面している

シアトルと言えば、あのイチローが所属するシアトルマリナーズの本拠地としてお馴染みですが、地図で見てみると、太平洋からは奥まったところにあるピュージェット湾に面した街なのがわかります。このPuget湾は氷河の侵食で出来た入り組んだ地形が特徴で、北のファンデフカ海峡を通じて太平洋につながっています。

つまり、海が陸地の奥深くまで、複雑に切れ込んでいる地形なのですが、Nat Hongさんは、その湾内にあるベインブリッジ島に住んでいます。本土とは橋でつながっていますが、職場のあるBremertonという町までは、ぐるっと海を迂回して片道65キロも走らなくてはなりません。

アメリカのことですから、クルマでなら40マイル通勤するのは珍しくありませんが、自転車でとなると、54歳のHongさんでなくても困難です。もうお気づきかも知れませんが、このHongさんの自転車通勤経路、実は海の上です。橋ではなく、海の上を水上自転車で通っているのです。

水上自転車通勤自転車で海を越える
動画はこちら

道路沿いに行けば、最短ルートでも約65キロありますが、直接海を越えて通勤すると20キロ弱ですみます。そのうち、海上を行くのは1.6キロ、およそ15分程です。オールで漕ぐ普通のボートでもいいわけですが、足でこぐ水上自転車もラクですし、双胴式のフロートで安定感もあります。

長年、Hongさんは向こう岸に見える職場のある町へ行くのに、わざわざ大回りをしなければならないことに苛立っていました。確かに、毎日ぐるっと廻って長い距離をドライブするのは癪でしょう。そこで、この水上自転車と、向こう岸にも普通の自転車を置いて、乗り継いで通うことにしたというわけです。

連結型で二人で通勤帰りに夕飯のおかずを..(注:上の写真はモデルで、記事とは直接関係ありません。)

もう一人のBob Barrettさんも水上通勤をしています。Barrettさんが住むのは、同じ湾内にある小さなKetron島ですが、こちらは道路が通じておらず、フェリーで本土へ渡るしかありません。ある時、ポートの展示会でWater Bikeを見たBarrettさんが、自分の「足」で通うようになるまでに時間はかかりませんでした。

Barrettさんは目の前に見える本土までの片道2マイル、3.2キロを25〜30分かけて横断しています。彼の使うHydroBikeの価格は1,400ドルですが、週に5日、もう7年近く水上自転車を使っていることを思えば、1日3ドルかかるフェリー料金で、とっくに元をとって、お釣りが来ています。

スポーツとしても景色を楽しみながら>(注:こちらの写真も記事とは直接関係ありません。)


なんと言っても水上自転車ですから、ガソリン代がかかりません。空も海も汚さず、きわめて環境にいい乗り物であることにも、とても満足しています。HydroBikeは、ペダルでスクリューを回す仕組みですが、HongさんもBarrettさんも、およそ時速8キロの速さで巡航出来ると言います。



Barrettさん、例え雪が降ろうとこのウォーターバイクで渡りますが、風が強くて渡れなかったことは六年間で六回しかありません。Rainier山を望む景色も最高で、海の上にいると、のんびりして心が洗われる気がするそうです。環境だけでなく、自らの健康に大きく貢献していることも感じているBarrettさん、ちなみに64歳です。

野生生物にもよく遭遇し、水鳥だけでなく赤ちゃんアザラシが、すぐそばまでやって来たこともあります。万一のため救命胴衣をつけていますが、二人とも海に落ちたことは一度もありません。ただ、奥さんは心配しており、夫の生命保険の更新確認も怠らないそうです(笑)。

シアトルしかし、海の上を自転車通勤するとはユニークです。ニュースになるくらいですから、いくらアメリカのこととは言え、さすがに多くはないのでしょう。日本ではちょっと聞いたことがありません。湾と言っても、ずっと奥まった地形なので、東京湾などとは違い、波の高さなどの条件が違うのかも知れません。

海上を行く1マイル、1.6キロは東京で言うと、ちょうどレインボーブリッジを渡るくらいの距離です。ちなみにレインボーブリッジは徒歩では渡れますが自転車は禁止ですから、芝浦方面からお台場方面に自転車通勤するには、ぐるっと晴海のほうへ迂回せざるを得ません。

日本でも、もしかしたら海・川・湖・沼・池・ダムなどに行く手を阻まれて、自転車で通勤することを断念している方、あるいは大きく迂回を余儀なくされている方もあるのではないでしょうか。決してお勧めはしませんが(笑)、こういう方法もある、ということで..。



子供が風船で飛ばした手紙が、15年の月日を経て千メートルの深海からカレイに張り付いて見つかったと、テレビでもニュースになっていました。ロマンチックと言えばそうですが、普通はゴミとして捨てられるだけの話のような気もします。千メートルの深海にまでゴミが広がっているとも言えますね。

関連記事

一杯飲みながら自転車通勤を
自転車通勤だと、一杯飲んだ後に乗って帰るわけにはいかないが。

思いもよらない場所で楽しむ
例え夏の間だけだとしても、この方法で通勤するのは、無理っぽい。

たまには気分をかえる必要も
毎日毎日自転車通勤していれば、時にはイヤになることもあるだろう。



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51169753
この記事へのコメント
僕も、ずーっと前から、自転車通勤してみたいと思ってます。
自転車は持ってますから、あとは職を見つけるだけです。
Posted by 赤蝮銀次郎 at January 29, 2008 04:16
赤蝮銀次郎さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
これから職を探されるのであれば、まず自転車通勤が認められているかや、適切な距離、通勤手当、特に夏場の着替え場所の確保とか自転車を終業時刻まで置いておく場所などの諸条件もチェックしたほうがいいかも知れませんね。
Posted by cycleroad at January 29, 2008 22:59
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)