March 14, 2008

みんなの笑顔を引き出す装置

謎の吸血生物チュパカブラです。


未確認飛行物体はUFOですが、謎の未確認動物のことをUMAと呼びます。雪男にネッシー、ビッグフット、日本で言えばツチノコなど、まだ確認されていない生物、UMAはたくさんあるわけですが、主に南米で目撃談の多い謎の生物が、このチュパカブラです。日本での知名度は低めですが、中南米では有名です。

チュパカブラ
火を吐く?

そのチュパカブラを模した奇抜な自転車を作ったのが、自転車アーティストのJay Broemmelさんです。このチュパカブラ自転車のほかにもユニークな自転車を製作されています。下は想像上の動物、ドラゴンです。凝っているのはハンドルを切るとドラゴンの目が動くところです。

ドラゴン自転車目も光る



謎や架空の動物ばかりではなく、実在するものも作っています。アメリカ・サンフランシスコにある有名なゴールデンゲートブリッジです。よく見ると吊り橋に虹がかかった形になっています。出来栄えはともかく、自転車で金門橋を作ろうという発想が非凡です。

ゴールデンゲートブリッジ自転車橋に虹がかかる

実はこのBroemmelさん、前回取り上げたCyclecideの一員なのです。Cyclecideは、自転車ロデオを主催する団体ですが、元々は改造自転車愛好家のクラブだったと言います。言わば、ここから始まったわけです。Cyclecideのメンバーは他にもいろいろな自転車をつくっており、現在の自転車ロデオでも使われています。

よくあるタイプこのあたりは定番か

前回は、シーソーやメリーゴーランドのような大掛かりな作品ばかりで、個性あふれる改造自転車は、ほとんど取り上げませんでした。なかにはバカバカしい感じのものもありますが、スルーするのはあまりに惜しいので、今回も引き続きサイクルサイドについて、そのユニークな作品を見てみたいと思います。

ジェットエンジン?子供が喜びそう

こちらは正義のヒーローが乗りそうです。火を出すのが好きみたいです。

4輪車?骨格は骨

奇抜なアイディアが目をひきます。夜、骨だけ浮かび上がったらギョッとしそうです。

魔法使いのほうき?核爆弾?

モチーフはハリーポッターではなくオズの魔法使いだそうです。やっばり火が好きです(笑)。右の方は、よく見ると核爆弾の上に乗っています。

前が見えない?リカンベント?

かなり強引な感じですが二人乗りもあります。右はリカンベントでしょうか。

息を合わせて2人乗り

前輪が微妙にシンクロしていません。息の合ったペアでないと乗りこなせません。

ビヤ樽運搬車バンパー付き

左はビール運搬専用、右のは追突防止のバンパー付きです。一見、実用的な気がしないでもありません。

安定するのか?車輪を平行に。

ロデオ用の、「乗りこなす」ための「乗りにくい」自転車もいろいろあります。

ハンドルは後ろハンドルを切ると直進

ハンドルが後手にあったり、ハンドルを切らないと直進しないなど、見るからに混乱しそうです。

ロングホイールベースショートホイールベース

簡単そうに見えますが、乗ってみると意外に難しかったりするものなのでしょう。

サドルがハンドルより前に腰がひけてる?

よく見ると、サドルがハンドルより前にあります。右のはサドルが後ろ過ぎてひっくり返りそうです。

子供も真剣女性もポーズ

いわゆるチョッパー型の自転車も多いですが、あまりにホイールベースが長いと、曲がるにも苦労しそうです。

何を叫んでいるのか?ご機嫌でポーズ

左の男性、何か悲鳴を上げているようにも見えます。その後ろの人は腹を抱えて笑っているのでしょうか。どんな仕掛けがあったのか気になります(笑)。

背高自転車アメリカ人が好きな形

それにしても皆さん楽しそうです。





彼らにとって粗大ゴミ置き場に捨てられている自転車は、宝の山です。でも日本でなら、一部再利用や途上国に二束三文で売られたりしますが、ほとんど廃棄物として処理されるだけです。あまり改造して使うという人は聞きません。わざわざ改造する意味がないと言えば、ないでしょう。

Heavy Pedal Cyclecide Bike Rodeo自転車ロデオ

確かに、必ずしも役に立つ自転車とは言えません。ナンセンスなものもありますし、わざと乗りにくしたり、単なるジョークのようなものもあります。個人的にはこうしたセンス、嫌いではありませんが、何の役に立つのかと言われれば、全く立たないかもしれません。日本的な「改善」や「技巧」とは対極的な改造です。

前も回る?ロデオ?

ただ、精緻で無駄のない走りに徹した自転車も美しいですが、時にはこんな変わった自転車に乗ってみるのも楽しいと言わんばかりの参加者の笑顔が印象的です。素朴な遊具が、こんなにも人々の笑顔を引き出すわけで、そう考えると、決して無意味な改造とは言えないでしょう。

暴れ自転車?乗りこなす楽しさ

一般的に自転車は個人スポーツですが、みんなで広場に集まって、変わり種自転車の乗りこなしを競ったり、ころんで笑いあったりというのも、たまにはいいということでしょう。日本にはないノリですが、まさにロデオが伝統的にその場だったわけです。別に必ずしもアメリカ文化がいいとは思いませんが、ちょっと羨ましい気もします。



他人を乗せるだけあって、意外にしっかり作られているように感じます。欲張って写真の枚数が多くなってしまいました。これでも、ほんの一部に過ぎないわけですが、表示に時間がかかるようだったらすみません。

関連記事

夏休みの工作を楽しんでみる
アメリカには、ほかにも手作りで自転車作りを楽しむ人は少なくない。

アートかレースかパレードか
その自転車改造を、お祭りとして楽しんでしまおうとする人達もいる。

乗るだけでなく自転車を創る
自転車を自作する人たちのユニークな発想やアイディアに感心する。

自転車捨てるのもったいない
こんな自転車を作ってどうするのだろうと思ってしまうのは確かだが。


このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51223694
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)