July 26, 2010

バスで行くか自転車にするか

路線バスは、多くの地域で私たちの身近な交通手段です。


鉄道の駅と連絡したり、都市の中心と郊外を結んだり、通勤や通学など普段の生活に密着した移動手段となっています。鉄道の廃止に伴う代替交通となったり、鉄道網が充実していない地域では、住民にとって生活を支える貴重な公共交通の柱、頼みの綱となっていることも少なくありません。

しかし、最近は過疎化や少子高齢化、自家用車を利用する人の増加などに伴って赤字路線が増え、バス会社は厳しい経営を強いられるところが増えています。利用者が減少すれば、本数を減らすなどの合理化策を取らざるをえません。それが不便さを拡大させ、さらに利用者が減る悪循環に陥ります。

シャトルバス(日本中央バス)、Photo by Tokyodesert,licensed under the Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 Unported.
タウンバス(日本中央バス)、Photo by Tokyodesert,licensed under the Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 Unported.

既存路線が廃止されれば、高齢者など自家用車が使えない人にとっては死活問題です。生活のアシを奪われ、日々の食料品の買い出しすら困難となる、いわゆる買い物難民が発生している地域もあります。バス会社による路線の廃止計画に対して、存続を請願する運動が展開されたりしています。

廃止が計画されないためにも、住民は普段から利用を心がけなければなりませんが、バスを必要としている人たちの利用だけでは採算ラインに達しない場合も多いのは間違いありません。なんとか採算がとれるくらいまで利用者が増えるよう、住民の立場からも、バス会社の営業努力が期待されるわけです。

ノンステップバス(日本中央バス)、Photo by Tokyodesert,licensed under the Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 Unported.東京とも結んでいる日本中央バス、Photo by Tokyodesert,licensed under the Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 Unported.

バス会社は、ノンステップバスなどの車両を導入して利用しやすくしたり、ラッピング広告などで収益源を増やしたり、路線に合ったサイズのバスを導入してコストの削減に務めるなど、さまざまな努力をしています。環境や住民の健康に配慮して、低公害車などを導入する会社もあります。

群馬県を中心に営業する日本中央バスも、そんなバス会社の一つです。ノンステップバスやラッピング広告を導入したり、なるべく市民が利用しやすくなるよう、路線によってはシャトルバスやタウンバスを走らせたりしています。また、いろいろな工夫やサービスを充実させることで、利用者の利便性を確保しようとしています。

Photo by Koba-chan,under the GNU Free License. 長距離バスなども運行していますが、路線バスを主に運行しているのは群馬県内です。群馬県は、ご存じのように関東平野の北部に位置する内陸県です。利根川や渡良瀬川の流れる県の南部、県庁所在地の前橋や高崎、伊勢崎などは関東平野の北端に位置しますが、県の北部には山岳地帯が連なっています。

言わば、県の中心部は扇状に山に囲まれたような地形をしています。イメージ的には、中心部から郊外へ向かうほど、標高が高くなる感じです。もちろん、そう単純な形ばかりではありませんが、郊外には丘陵地帯も多く、扇状地や段丘などの地形もあって、県の中心部が一番低くなっていると言えるでしょう。

そこで、日本中央バスが一部の路線に導入しているのが、自転車を載せられる路線パスです。よく、海外では、バスの前方に自転車用のキャリアが取り付けられているのを見ることがあります。バスの利用者は、バス停まで乗って来た自転車を、そのキャリアに乗せて、バスに乗り込むことが出来るわけです。

自転車を前方に搭載日本では、一部の送迎バスなどを除くと、今まであまり見られませんでしたが、昨年、神奈川中央交通が導入に向けた試験を実施しています。私も記事で取り上げましたが、前方に自転車を載せた営業運転としては日本初の試みと報じられていました。まだ日本では、あまりなじみのあるスタイルではありません。

日本中央バスの自転車を載せられる路線バスは、これとは違います。なんとバスの車内に自転車を載せられるのです。まさに自転車ごと乗り込める路線バスといった感じです。バスの外側には、そのことを示すステッカーが貼られているので、自転車を載せられるバスはひと目でわかるようになっています。

バス停では、自転車ごと乗客が待っているという光景が見られます。バスが来ると、中央のドアから自転車をバスの車内に載せます。そして写真のような器具に前輪を差し込み、ゴムバンドで固定します。運転手が手を貸してくれますので、誰でも自転車を載せて固定することが出来ます。

自転車を載せられる日本中央バス、www.ncbbus.co.jp座席の間に自転車を固定する装置が付いている。www.ncbbus.co.jp

一台のバスに最高10台程度載せられるそうです。台数分の固定装置が設置されています。バスの前方キャリアだったら、せいぜい2〜3台ですから、自転車利用者が多少集中したとしても大丈夫です。しかも、自転車の分の運賃は無料と言いますから、利用者にはありがたいサービスです。

自転車で出かけたけど途中で疲れてしまったとか、出先でお酒を飲んでしまったなんて場合でも、自転車を載せて帰れるわけです。もちろん急な雨や強い風など天候の急変時にも助かります。前方キャリアと違って車内搭載ですから、自転車を雨に濡らさずに運べるのも嬉しいところです。

自転車が載せられる路線バス、Photo by Tokyodesert,licensed under the Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 Unported.自転車乗車可、www.ncbbus.co.jp


群馬県の地形からすると、自宅から市街地へは下り坂となって、自転車でラクにアクセス出来る人も多いことでしょう。でも、当然帰りは上り坂になってしまいます。長い上り坂を延々登って帰るのは辛いですが、行きは自転車で出かけて、上り坂の帰りだけバスに自転車を載せて帰ることも出来るわけです。

バスの本数が少なかったとしても、自転車ならば、時間を気にせずいつでも出かけられます。帰りは自転車をパスに載せて帰ってくれば、自転車とバスの『いいとこどり』のような使い方も出来るわけです。なるほど、これは便利です。バス会社にとっても、自転車利用者までお客として取り込める、上手いアイディアと言えるでしょう。

自転車を載せられる日本中央バス、www.ncbbus.co.jp自転車搭載可、www.ncbbus.co.jp

逆に、市街地から路線バスに自転車を載せて、赤城山や榛名山方面への高原サイクリングに出かけることも出来ます。スポーツバイクに乗る人なら、分解して輪行という手立てもありますが、普通のシティサイクルでも、手軽にパスに載せられるならば、誰でも簡単に高原サイクリングへ行けるわけです。

まだ路線は限られますが、住民にとっては行動の選択肢が広がるサービスです。群馬県は、日本でもトップクラスの世帯当たりのクルマ保有台数の多い県ですが、イザという時にバスが利用できるならば、自転車で出かけてみようと考える人が増えるかも知れません。

群馬県特有の事情もあると思いますが、坂道の関係が無くても、バスに自転車を載せられれば、行動範囲が広がることになります。バスと自転車の相乗効果で、新たな需要が生まれる可能性もあるでしょう。バス会社にとって、自転車利用者も潜在的な顧客と見る発想の転換は、もっと注目されていいのかも知れません。


楽天トラベル株式会社


続々と甲子園出場校が決まっています。球児たちにとっては、文字通り暑い夏の中、熱戦が繰り広げられています。今年もこの季節になりましたね。

関連記事

楽天トラベル株式会社景色を楽しみながら運動する
バスに自転車を載せれば、こんなに独創的なサービスも生まれる。

不況の今こそ投資すべきもの
バスの利用拡大の切り札は自転車として、連携を図るバス会社も。

自転車が使えない場面で使う
朝夕は渋滞で、駅へのパスが定時運行出来ないのが悩みのタネ。



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51665322
この記事へのコメント
ネットで道路幅調べたら2.75〜3.50mでした。路線バスや大型の車幅が2.4m位です。片側2車線の道路の左側車線を自転車が通ると、左側車道を走行している自動車は右側車線にはみ出るか車線変更しないといけません。右側車線が空いていると良いのですが、右側車線に大型車両だと、自転車を追い越すのもひやひやします。だから自転車は歩道と言うので無くて、自転車専用レーンが必要と感じます。車道と歩道の間の植え込みを自転車専用レーンに代えたら走りやすくなりそうとつくづく思います。
 息子の通学で東急路線バスを使っています。東急バスの定期券は近郊区間以外は全線乗り放題です。知的障害が有って自家用車に大人しく乗ってくれないので、バスは多いに役に立ちます。
 大人210円だから家族4人でバスに乗ると往復で1680円です。休日高速1000円とかに比べるとかなり割高感が有ります。電車と違って乗り継ぐと2倍の運賃です。
夏休み中の小児運賃50円は子どもにバス乗る習慣付けとしては良いアイデアと思います。
 
Posted by ジャムおばさん at July 27, 2010 18:37
ジャムおばさんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
路側帯が狭かったり、特に交差点付近ではなくなってしまいますので、おっしゃる通り、自転車レーンは整備すべきですね。
今までは、自転車レーンでなくて、そのぶんを少しでも歩道を広げたり、車道との間の緩衝地帯としての植え込みにしようとしてきましたから、余計そう感じます。
私もさんざん書いていることですが、そのあたりは道路行政の抜本的な変更が必要だと感じます。
確かに、バスも路線によっては均一料金など、距離が短い場合に割高感がありますね。最近は、コミュニティバスなど、100円くらいで乗り放題のものも増えているようですが、地域によっては、いろいろと事情があるのでしょう。
Posted by cycleroad at July 27, 2010 23:21
近所のバスは元のバスのデザインが分からなくなるくらい車体に広告が載ってるんですが、
パッと見た感じではどこのバスだか分かりにくい・・・

自転車を載せるなど利用者に利益がある方向で進めてくれると嬉しいです
Posted by 職人気取 at July 28, 2010 22:51
一部の地域に限らず、全国に広がって欲しいです。そうすれば、家族旅行が自転車で可能になるでしょう。渋滞の緩和やCO2削減に大いに貢献できますし、何より季節ごとの風を肌で感じる事が出来ます。又、人間の身体にとっても非常に有益な事なので是非実現すべきだと思います。
Posted by 通行人Ω at July 28, 2010 23:49
職人気取さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
最近、そういうラッピングバスもよく見ますね。正面だけは広告が入っていないと思いますが、横から見ると、どこのパスだかわからないこともあります。
乗客で混雑度するバスは無理でしょうけど、地域によっては載せられるバスは多いと思いますね。
Posted by cycleroad at July 29, 2010 23:56
通行人Ωさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
誰でも手軽にバスと自転車を乗り継いで旅が出来るようになったら面白いですね。
停留所で降りた後の行動範囲が広がれば、観光にも使えるようになります。観光客を取り込めれば、バス会社にとっても大きなメリットがあるでしょう。
Posted by cycleroad at July 29, 2010 23:59
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)