December 23, 2010

自転車をつかってクリスマス

クリスマスが近づいてきました。


街はクリスマス一色です。クリスマスは家族と過ごすという人、友達とパーティーで盛り上がる人、恋人とデートという人も多いでしょう。クリスマスを目前に飾り付けに精を出したり、パーティーの準備に趣向を凝らしたり、プレゼントを用意したりで忙しい時期かも知れません。

クリスマスくらい、堅い話は抜きにすることにして、世界の自転車好きたちのクリスマスを集めてみました。

Decorate for Christmas, andrewvesselinovitch.blogspot.com
 A More Fun Environment

自転車通勤などで、クリスマスでも自転車に乗るという人なら、自分の自転車に、この日だけはクリスマスの飾りつけをするというのはどうでしょうか。ふだんの道の行き帰りも、ちょっと楽しくなるかも知れません。

Christmas, www.mykindoftown.com
 My Kind of Town New York

街角にとめてあっても、いかにもクリスマスという感じで雰囲気も盛り上がります。

Christmas, www.1designperday.comChristmas, www.1designperday.com
 1 Design Per Day

飾り付けるなら、クリスマスツリーなどに使うイルミネーションを自転車に取り付けてしまおうというのは、誰もが考えるところでしょう。



おそらく世界中で、多くの人が自転車を光らせていそうです。



ベロタクシーも、この日ばかりは、こんなイルミネーションがついていたら人気が出そうです。なんと、これは東京のベロタクシーのようです。クリスマスは書き入れ時で、仕事で忙しい人も多いのかも知れません。

Trees By Bike, treesbybike.comTrees By Bike, treesbybike.com
 Trees By Bike

働いていると言えば、クリスマスツリー用のもみの木を自転車で運ぶというユニークなサービスを展開している人たちもいます。クリスマスツリーを部屋に飾る人は多いはずです。しかし、もみの木を飾ろうにも、大きいとクルマのトランクにも入らず、意外にかさばります。そこで自転車で運んでくれるというわけです。

Christmas tree, www.london-se1.co.ukChristmas tree, www.london-se1.co.uk
 London SE1

クリスマスツリーは、世界各地の街角にも飾られています。もみの木ばかりでなく、中には、ちょっと変わったツリーもあります。ロンドンのBermondsey Squareに、去年お目見えした自転車のホイールによるクリスマスツリーです。反射板やスポークカードが飾りになっています。

Christmas Tree, www.infobarrel.com
 Info Barrel

こちらは自転車全体を使ったツリーです。色を白く塗ったところがポイントでしょうか。

Christmas Tree, www.iransdesign.comChristmas Tree, www.iransdesign.com
 iransdesign

シドニーにもあります。昼間と違って夜はライティングによっていろいろな色に光るので印象が変わります。

Christmas Tree, www.iransdesign.comChristmas Tree, www.iransdesign.com
 iransdesign

同じ自転車クリスマスツリーでも、コペンハーゲンのそれは、自転車をこがないと点灯しないという省エネ型です。

Christmas Tree, buychristmasgiftsonline.us
 Christmas Gifts



スペインのバルセロナのものもペダルをこぐ必要があります。

Christmas Tree, www.wired.com
 Wired

自転車のリサイクルのツリーもいいですが、ちょっと個人では大変です。でも余ったチェーンとスプロケットくらいなら、用意できそうです。クリスマスカードを親しい人に送る人もあると思いますが、こんな手作りのカードを作ってみるのもいいかも知れません。

Christmas card, bicyclecentreseverett.com
 Bicycle Centres

自転車のリサイクルによるアート、モニュメントの完成度という点で秀逸なのはこちらです。自転車のフレームをトナカイにしています。サドルの使い方がポイントです。

Christmas Reindeer, www.instructables.comChristmas Reindeer, www.instructables.com
 Instructables

ツールドフランスの名物男として有名なディディ・ゼンフトさん(Didi Senft)は、いろいろユニークな自転車を製作していることでも知られていますが、彼のクリスマスバージョンはこちらです。

Didi Senft, www.odditycentral.comDidi Senft, www.odditycentral.com
 Odditycentral

ところで、クリスマス商戦もまっただ中ですが、ちょっと面白い商品があったので、そのクリスマスセール用動画を載せてみました。“WALK-A-BIKE”という商品ですが、自転車に取り付けたヒモのようなものがそれです。自転車を片手で簡単に押して歩くための製品です。曲がるのも簡単、階段だって上り下りできます。

なぜ乗らずに押して歩くかと言えば、健康のためのウォーキングをするため、その距離を最大限伸ばすために使うのだそうです。つまり、限界まで歩いたら、自転車に乗って帰ってくるというわけです。いろいろな意味でツッコミどころ満載ですが、やめておきましょう(笑)。



クリスマスセールやイベントなどで、おそらく世界中にサンタクロースの格好をしている人がいるはずです。中には自転車に乗っているサンタもいます。こちらは自転車サンタ大集合の、世界サンタクロース会議での動画ですが、季節は夏、公認サンタの会議はサンタの忙しくないオフシーズンに行われるようです。



この動画の中で、サンタが自転車のベルを鳴らしていますが、おそらくジングルベルの曲を奏でたかったのでしょう。自転車メーカー“Schwinn”のサイトでは、自転車のベルによるクリスマスソングがきけます。自転車のベルを使って、こんな演奏が出来たら面白そうです。

Schwinn Bell Choir, schwinnbellchoir.com
 Schwinn Bell Choir



いろいろなクリスマスのシーンが出てきましたが、クリスマスの過ごし方の趣向やアイディア、飾り付けや演出のヒントになるものはあったでしょうか。

皆さまも、楽しいクリスマスをお過ごしください。メリー・クリスマス。


 iTunes Store(Japan)        iTunes Store(Japan)


しかし、子供の頃は、なんであんなに待ち遠しかったんでしょうね(笑)。

関連記事

デル株式会社クリスマスでも自転車に乗る
クリスマスに関連する自転車の動画もいろいろとアップされている。

世界中で働くサンタクロース
この時期、サンタに扮する人が自転車で移動する場面も多そうだ。

自転車のおもちゃを作る理由
クリスマスのプレゼントは自転車という子供も多いのかも知れない。



このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51707595
この記事へのコメント
毎回楽しい情報を頂いて、面白く拝見しております。
自転車漕いで光らせるツリーがあれば、ボランテイアやっても良いですね!

最初のビデオは雪の上を走っていますが、例のスパイクタイヤですかね?
光る服は、普段でも使いたい気がしました。
Posted by ヨッシー at December 24, 2010 20:57
初めまして、記事を拝見しまして面白いですね、自転車のクリスマスツリー、今はこんな感じで自転車を上手く利用してるんですね驚きました、ユニークな自転車は何度かテレビで拝見しました。
私は自転車で遠くまでサイクリングのイメージより無かったので発想の転換というものですね。
Posted by ヤマセンshop at December 24, 2010 22:16
はじめまして、
くりすまもいろいろですね。
ひらがなで、クリスマスはちょっとイメージがわきずらいですね。
Posted by Supple at December 25, 2010 19:07
ヨッシーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ツリーもただ見るというだけでなく、参加すると言うか自分の足で光らせられるというのがいいのかも知れませんね。
おそらくスパイクタイヤでしょう。確かに視認性は高いですが、普通の日でも一人で光らせるのは、ちょっと周りの目が気になって勇気がいるかも知れませんね。
Posted by cycleroad at December 25, 2010 23:54
ヤマセンshopさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
もちろん、いろいろな素材で作られた変わり種のツリーは多いと思いますが、世界中でも、結構身近にあるリサイクル素材ということなのかも知れません。
確かに、自転車は乗るものという普通のイメージからすると、世界にはいろいろな発想をする人がいるものですね。
Posted by cycleroad at December 25, 2010 23:59
Suppleさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
敬虔なキリスト教信者からすると、日本のクリスマスも不思議に思えたりするのでしょうけど、世界にもいろいろなクリスマスの過ごし方があるようですね。
Posted by cycleroad at December 26, 2010 00:11
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)