December 15, 2011

自転車からアートを生み出す

冬も本番となってきました。


チェーン北日本などでは積雪で、すでに自転車に乗る季節は終わりという方も多いと思います。関東などでは、時折り暖かい日があったりしますが、自転車通勤などを除けば、この時期、休みの日も自転車では出かけずに、もっぱらシーズンオフのメンテナンスという方も多いかもしれません。

ふだんのメンテでは行き届かない部分を分解清掃したり、来シーズンに備えて、痛んだパーツの交換などをしている方もあると思います。磨耗したチェーンや伸びたワイヤー、そのほか劣化したり交換時期に来たパーツを交換して、自転車パーツの廃品が多く出る時期かもしれません。

痛んだパーツ、劣化した部品も平たく言ってしまえばゴミですが、なかには捨てずに再利用しようという人もいます。そんな例は、これまでにもいろいろ取り上げて来ました。今回は、廃品のパーツを『芸術』に再利用している例を取り上げてみようと思います。

Matt Shiley, www.shopkellydrive.comMatt Shiley, www.shopkellydrive.com

こちらは、Matt Shiley さんの作品です。自転車のパーツを再利用したラックや椅子などの家具を作って、“Kelly Drive”というサイトで販売もしています。

Matt Shiley, www.shopkellydrive.comMatt Shiley, www.shopkellydrive.com

その名も“ReCycle Rack”と名づけられたハンガーラックは、ブレーキレバーやシートステー、フォークなどを実に上手く使っています。遠めには自転車のパーツを使っているとは気がつかないくらいです。椅子も、洒落た感じに仕上がっています。

Matt Shiley, www.shopkellydrive.comMatt Shiley, www.shopkellydrive.com

一見、誰でもできる簡単な工作に見えなくもないですが、余ったパーツをただ使っただけでは、なかなかデザイン的にもシャレた家具にはなりません。値段も、数十万円という値段がついています。リサイクルの家具ではなく、あくまでインテリア・アーティストの作品、芸術作品なのです。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

こちらは、Edouard Martinet さんの作品です。 廃パーツを材料にしているのに、生物学的にも驚くほど本物そっくり、形が忠実に再現されています。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

よく見ると、確かに自転車のパーツが使われていることがわかります。例えば下の鳩の尾はチェーンカバーです。


Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet


自転車のパーツだけでなく、クルマやオートバイ、身の回りの金属製品なども使われていますが、廃品を利用したとは思えません。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

わざわざ、この作品のために作ったパーツで作られているのではないかと思えるくらいです。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

チェーンやフォークは、比較的すぐ気づきます。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

実は、それ以外にもスポークやフェンダー、チェーンカバー、ライトやリフレクターなど、さまざまなパーツが使われています。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

それぞれの生物のボディや手足の特徴をうまく捉えているのは、言うまでもありませんが、各パーツの大きさの比率が合わなければ、これほど正確で写実的にはならないはずです。

Edouard Martinet, web.me.com/edouard.martinet

うまいパーツを探してくるだけでも大変です。加えて卓越した技術で作られた芸術作品と言えるでしょう。

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

こちらは、韓国の Yeong-Deok Seo さんの作品です。

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

パッと見ただけでも優れた彫刻であるのがわかりますが、近寄ってビックリ、なんとチェーンだけで出来ています。

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

チェーンだけで、これほどの造形が出来るなんてと、誰もが驚くに違いありません。

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

他の2人もそうですが、ここまでいくと、廃品利用とかリサイクルという範疇を超えています。まさに自転車のパーツを使った芸術と言えます。

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

自転車のパーツを、思いもよらない使い方で素晴らしいアートにしています。

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383

Yeong-Deok Seo, blog.naver.com/duck8383




3人のアーティスト、言わば、「自転車パーツの魔術師」を取り上げてみました。私たちがパーツ交換で、不要になった部品が出ても、ちょっと真似のできない作品ばかりです。その意味では、あまり参考になりませんが、いらなくなった自転車のパーツを、全く違う何かに使えないかと考えて見るのも、面白いかも知れません。





忙しい季節です。なかなか、ゆったりとした時間がとれる時期ではありませんが、パーツのアートで、ちょっと一息入れてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51850448
この記事へのコメント
cycleroadさん こんばんは。

昆虫、鳥、彫刻 !? 素晴らしいですよね。
私にはこんな柔らかい発想は あり得ません。
だからでしょうね、強い感銘を受けます。
本当にすごい。

感動が少なくなってしまった 大人たちに、
是非々々 見てもらいたいですね。
Posted by Fischer at December 19, 2011 22:00
Fischerさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
発想も技術も出来栄えも素晴らしいと思います。細部まで実物を忠実に表現しようとするこだわりに脱帽です。
普通は、ただ廃物を組み合わせただけ、寄せ集めで、写実的どころかマンガチックなものになりがちですが、解剖学的に見ても正確な骨格、素材感、緻密さ、存在感は、非凡なものがあると私も思います。
こういう職人的なこだわりに感動する人は、少なくないのではないかと思いますね。
Posted by cycleroad at December 19, 2011 23:42
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)