November 21, 2012

自転車が今後獲得すべき機能

自転車に求められる機能はいろいろあります。


走行性能のような基本的なこと以外にも、安全面や耐久性、快適性能などいろいろ考えられます。安全性を高めるという観点に立てば、夜間の視認性も、その一つに挙げられるかも知れません。ただ現状では、あまり考慮されていない機能の一つと言えるでしょう。

前回は、夜間の視認性を向上させるためのグッズについて取り上げました。手袋やヘルメット、リュック、ベルトといったもの、身体に着ける道具、用品でした。今回、自転車本体や、それに取り付ける部品についても取り上げておこうと思います。

こちらは、特殊な蓄光塗料でペイントされた、夜間は光るフレームです。昼間に見ても綺麗な蛍光色ですが、夜は暗闇に浮かび上がって見えます。これは視認性のアップに大いに貢献するでしょう。電力も不要で、わざわざ部品を取り付けたりする必要がないのも利点です。

Glow Series, purefixcycles.comGlow Series, purefixcycles.com

同様に光るホイールも用意されています。フレームは普通のものにして、ホイールだけ光るものにすることも出来ます。どちらも光る面積が大きい点が有効だと思います。こうした光るフレームを販売しているメーカーは他にもありますが、一部に限られています。

Glow Series, purefixcycles.comGlow Series, purefixcycles.com

光らせるためだけにフレームを変えるわけにもいきません。ホイール以外にも、ハンドルバーを光らせたらと考える人がいます。不思議な感じですが、これも目立つことは間違いありません。最近はLEDなど新しい光源や素材が開発されていますので、ハンドルを自発光させるのも充分可能だと思います。

Clever Handlebars, www.yankodesign.comClever Handlebars, www.yankodesign.com

パーツを交換しなくても、ネオン管などを使えば、後付けで手軽に光らせることが出来ます。以前であれば、自転車に電飾をつけるなんて変わった趣味と見られがちでしたが、最近は、夜間の視認性の重要性が理解され始めていることもあってか、徐々に一般に受け入れられつつあるようです。

Fibre FLare LightFibre FLare Micro Flare Light Duo

実際に、自転車を光らせるためのアクセサリーが、製品としても売られるようになってきています。テールライトのように「点」ではなく、「線」で光らせたほうが、より有効です。スポークやバルブキャップとして取り付け回転してタイヤ全体を光らせるアクセサリーなども含め、少しずつ種類が増えているようです。

でも、単に光らせるだけのアクセサリーというのも面白くないとばかり、インフレーター、タイヤに空気を入れるポンプを光らせるというアイディアを考えた人もいます。携帯用のポンプとして、自転車のフレームに取り付けておき、夜間はテールライトのように発光させることが可能です。

Protector Portable Inflator by Jurmol Yao, www.tuvie.com/protector-portable-inflator-by-jurmol-yao/Protector Portable Inflator by Jurmol Yao, www.tuvie.com/protector-portable-inflator-by-jurmol-yao/

さらにユニークなのは、夜間のパンク修理の際などに、ポンプを路上に自立させておくことが出来、後続車への合図にも使えます。クルマにおける三角表示板の役割を、夜間も実現するアイテムというわけです。山道など、安全な場所に退避出来ない時には有効でしょう。なかなか面白い発想です。

Protector Portable Inflator by Jurmol Yao, www.tuvie.com/protector-portable-inflator-by-jurmol-yao/Protector Portable Inflator by Jurmol Yao, www.tuvie.com/protector-portable-inflator-by-jurmol-yao/


小さなLEDライトを後方に向けただけでは、視認性的に有利とは言えません。そこで、道路を照らすことで目立たせようと考える人もいます。道路に矢印型の光を投影することで、自転車の存在を知らせ、後続車に注意を促します。間接的に投影したほうが、面積が大きくなって目立つというわけです。

Stay Outta My Lane II, by Junwon YangStay Outta My Lane II, by Junwon Yang

Stay Outta My Lane II, by Junwon YangStay Outta My Lane II, by Junwon Yang

似たようなことを考える人は多いようで、以前にも、光で自転車レーンを描き出すというアイテムを取り上げたことがあります。下の製品、それとはまた別のもののようですが、路面にラインを投影する製品は既に通販などで実際に販売されているようです。

AZ-RTR8AZ-RTR8

なかには、こうした工夫を滑稽に感じたり、たいして意味がないと考える人もあるでしょう。しかし、自転車の対クルマの事故の過半は日没後の暗い時間帯に起きているという統計もあります。自転車の夜間の視認性は、実は重要な要素で、生死の分かれ目になる可能性があります。

夜間の視認性なんて気にしたことがない人も多いと思います。しかし、クルマから見落とされたり、発見が遅れたことが影響して死傷するような事故が実際に起きています。事故に遭ってから、夜間視認性の重要性を理解し、重視しなかったことを後悔しても遅いのは確かです。

クルマやトラック、オートバイなどが夜間点灯して走行しているのは当たり前の光景です。前照灯、ヘッドライトだけでなく、車幅灯や尾灯なども当然のこととして点灯させています。道路照明が明るいところばかりではないですし、夜間の暗い中を走行する以上、安全のためには必要不可欠です。

それに対し、同じ暗い中を走行するのに自転車だけは何も光らせていないというのは、考えようによっては、不合理で無謀で、非常識で危険なことにも思えてきます。ひとたび事故になれば、車道上では一番弱い立場の自転車であるにもかかわらず、です。

エンジンや大容量のバッテリーを搭載しないという点でハンデがあり、クルマやオートバイと比べるのは酷かも知れません。しかし、自転車だって夜間走行することは当然あるのに、そのための機能が、あまりにも貧弱であると見ることも出来るでしょう。

技術的に難しかったこともあり、夜間の視認性を高める機能は、これまでリフレクターなどに限られてきました。それが普通だったので、リフレクターと前照灯くらいで自転車が走行していても、特に違和感を感じる人は少ないだろうと思います。

WinCycle001 Futuristic Bike by Younes Jmoula, www.tuvie.com/wincycle001-futuristic-bike-by-younes-jmoula/WinCycle001 Futuristic Bike by Younes Jmoula, www.tuvie.com/wincycle001-futuristic-bike-by-younes-jmoula/

しかし、最近は技術も発達してきましたし、自転車を夜間、何らかの方法で光らせることは充分に可能になってきています。大手メーカー等が自転車に、夜間、光を発するような機能を採用し、一般に認知されれば、それが当たり前の機能になっていっても不思議ではないと思います。

未来に向けて、自転車がどう進化していくかはわかりません。新しい構造が取り入れられたり、新しい機能を獲得するなど、未来のデザインはいろいろ考えられるでしょう。写真は未来の自転車を想像したデザインの一つですが、例えばこんな風に、夜間は点灯・発光するのが当たり前になってもおかしくないような気がします。





多くの人が指摘していますが、自民党の安倍総裁が主張する国債買取りは問題でしょう。歴史的な教訓を無視し、ますます放漫財政になって国を破滅させかねない暴挙だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51920659
この記事へのコメント
通勤の時間帯が真っ暗な季節です。特にこれから正月まで世の中慌ただしくなり車の速度も速くなりがち。本当にきをつけないと此方が安全運転していてもキチガイに突っ込まれたらおわり、きをつけないと。
Posted by タニグチ at November 24, 2012 00:18
Bridgestone Anchor が蓄光を選べたんですが、数年前止めちゃいましたね
Posted by anonymous at November 24, 2012 22:10
タニグチさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね、これから年末にかけては要注意ですね。忘年会シーズンで、飲酒運転をするような悪質な人も増える時期です。わき見運転だけでも怖いですし..。
Posted by cycleroad at November 25, 2012 20:21
anonymousさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
やはり、人気がないようですね。夜間の視認性を重視して選ぶという人は、少ないということなのでしょう。
Posted by cycleroad at November 25, 2012 20:23
初めまして。
蓄光で塗装したフレーム持っていますが、夜間の視認性の点では役不足です。
十分に蓄光していても、何時間も明るく光り続けるわけではありません。
昼間太陽光で蓄光しても、日暮れとともに少しずつ発光してゆくので暗くなったときにはもう光っていないのです。
夜、照明の強い室内などから暗い屋外に出して、人の反応を楽しむ塗装ですね。
倉庫の照明を消して、闇に浮かぶフレームに自分が何度も驚いてしまいます。
電圧をかけると発光する塗料なんかが開発されないかなんて思っています。
Posted by 24:00 at November 28, 2012 01:40
24:00さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですか。確かに何時間も蓄光しないとは思いますが、あまり役に立ちませんか。
このフレームやホイールは、実験と改良を重ねた結果、全く新しいレベルで光るとはなっていますが、実際にどれくらい役に立つかは、わかりませんね。
少ない電力で光る有機EL照明なども実用段階に入りつつあるようですから、フレーム全体を小さなバッテリーで光らせるようなことは充分考えられそうです。
実際に製品化されるかどうかは、どのくらい需要があるかの問題になるとは思いますが..。
Posted by cycleroad at November 28, 2012 23:08
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)