June 13, 2013

ありふれた商品に革新のタネ

自転車にはアクセサリーが欠かせません。


例えば夜間はライトが必要です。都市部では街灯があって、路面は見えるので走行できるかも知れませんが、街灯の少ない暗がりもありますし、他の交通や歩行者から視認され、事故を防ぐ効果もあります。無灯火は道交法違反ですし、ライトは必須です。

はじめからライトのついている自転車は別ですが、スポーツバイクなどの場合はアクセサリーとして準備しなければなりません。ほかにも、時と場合によって、いろいろなアクセサリーを使うことも多いと思います。自転車ショップへ行くと、たくさんのアクセサリー、自転車用品が売られています。

こうしたアクセサリーの多くは一般的に必要とされるオーソドックスなものであり、昔から存在するものが大半です。例えばライトでも、デザインや照度や電池の持ちなどは違うでしょうが、前を照らすという基本的な機能は同じであり、ある意味完成した、熟成した商品と言えるでしょう。

自転車のアクセサリーは、これまでに改善し尽くされており、例えばライトが電球からLEDに変わるようなこともありますが、基本的な機能はほぼ変わらず、後はデザインや価格くらいしか違わない印象があります。ところが、そんなアクセサリーの分野でも、新たな価値の創造を目指す人たちがいます。

Lumigrids, www.yankodesign.com

こちらのライト、“Lumigrids”は、ご覧のとおりグリッド状の光を前方の地面に映し出します。これによって、地面の凹凸が把握しやすくなって、未然に危険をキャッチしやすくなるというのです。確かに、ライトの光がぼーっと当たっているだけでは、地面の細かい起伏がわかりにくいこともあります。

Lumigrids, www.yankodesign.com

言われてみればその通りで、これは、ちょっと思いつかなかった視点と言えるかも知れません。ただ、地面の凸凹はわかりやすくても、何かが落ちているような場合は、かえってわかりにくいような気がしないでもありません。実際に使ってみないとわかりませんが、そのあたりが気になります。

Lumigrids, www.yankodesign.com

それでも、自転車のライトのような商品で、性能やバッテリーの持ち、価格のような面ではなく、全く新しいもの、今までとは違う機能の開発を目指すというのは、なかなか出来ない、しないのではないでしょうか。その意欲と発想力は評価されていいと思います。

Monkey Light Pro, www.monkeylectric.com

自転車のホイール面にLEDをリフレクターのように取り付け、カラフルな光を点灯、点滅させ、タイヤが回転することで、さまざまな色や形の模様を映し出すという製品は、すでにいろいろ販売されています。“Monkey Light”もその一つです。

Monkey Light Pro, www.monkeylectric.com

このたび、その上位バージョン、“Monkey Light Pro”を発売するため資金集めが行われています。こちらの製品、“Monkey Light Pro”は、従来のものより機能を向上させています。カラーのアニメーションを表示させることも可能です。



スマートフォンと連携させ、Bluetoothで通信して、表示パターンを簡単に変えることも出来ます。アクセサリーとしては新しい分野で、まだまだ開発の余地があるカテゴリーだと思いますが、単に光らせて目立たせるだけでなく、その表現力をアップさせています。



必要性の低い趣味のアクセサリーという見方もありますが、より夜間の視認性を上げ、安全性が高まるというメリットもあります。広告として活用するような、新たな展開が生まれるかも知れません。好き嫌いは分かれると思いますが、自転車の楽しさを広げる可能性のあるアイテムと言えるでしょう。

Plume, plumemudguard.comPlume, plumemudguard.com

泥除けも実用的なアクセサリーです。晴れた日の乾燥した路面を走る分には不要ですが、雨上がりなど、湿った路面の走行を余儀なくされるような場合、泥が跳ねて、ジャージの背中に茶色い筋がついてしまうことがあります。泥除けがほしいという場面もあると思います。

Plume, plumemudguard.comPlume, plumemudguard.com

最初から泥除けがついているものと違い、スポーツバイクなどには泥除けが標準で装備されてはいません。その見た目のカッコ悪さから、取り付けたくないという人も少なくないと思います。でも、この“Plume”なら、見た目と便利さの両立が図れる可能性があります。



ふだんはたたまれていますが、必要な時に引き出し、泥よけとして機能させることが出来ます。これまでにもアイディア商品として、ロッドアンテナのように伸ばすことが出来るものとか、蛇腹状で空気で膨らませて伸ばすものなどもありました。必要な時に伸ばすという点では共通する発想です。



ただ、この“Plume”は、本当に必要な時に簡単に伸ばし、あっと言う間にたたむことが出来ます。動画で確認するとわかりますが、その動作は走行しながらでも可能なほど簡単です。極端な話、水溜りや湿った路面にさしかかったら、泥除けを準備するようなことも可能になります。

このワンタッチという点が、これまでのものより優れています。たたんだ場合も目立たず、よく見なければ泥除けとはわからないほどです。泥除けもデザインの違いと、せいぜい折りたたみ式とか着脱式くらいしかない中で、これはまた、泥除けに新たな形をもたらすアイディアと言えるかも知れません。

scooteRack, JaredLovelessDesign.comscooteRack, JaredLovelessDesign.com

自転車の荷台、キャリアも実用的なアクセサリーです。最初からついている自転車も多いですが、スポーツバイクの場合はついていないものが大多数です。あまり荷物を運ぶような用途に使わないので、荷台やキャリアは使わないという人も多いと思います。

ただ、何かの理由で荷台、キャリアが必要になった場合、アクセサリーとして取り付けることが可能です。後輪のハブから支えるもの以外にも、シートポストに取り付けるものなど汎用性の高いものも売られています。小さな荷物なら、これに積んで固定すれば自転車でも運べるようになります。

scooteRack, JaredLovelessDesign.com

こちらの“scoote Rack”、荷台、キャリアのように見えて、実はスケートボードを自転車で牽引するような形になるという、ユニークなキャリアです。キャリアと言うより、牽引するためのものなのでトレーラーと呼ぶべきかも知れません。キックスケーターのようになるラックです。

引き伸ばして接地させると、小さな車輪がついていて、この上に乗って自転車に引っ張ってもらうことが出来ます。いわゆる二人乗りの形で荷台に上に座ると、仕様以上の重量が後輪にかかってしまい、タイヤがつぶれるくらいの負荷がかかってしまいます。



しかし、これなら牽引する形なので、後輪に直接体重がかからない点もメリットと言えるでしょう。日本の道路交通法で、これがどう扱われるかは別として、ちょっとした移動ならば、気軽に二人で移動することが出来るというアイテムです。ワンタッチで簡易型タンデムになるアクセサリーと見ることも出来ます。

これなら実用的に二人乗りできるとは言いませんが、何より遊び心があって、子供は大喜びでしょう。自転車で牽引するスケートボードを荷台部分の格納してしまうというアイディア、実用的かどうかは別として、なかなか面白い発想と言えるでしょう。

自転車のアクセサリーと言うと、形も機能も決まっていて、デザインや価格以外、あまり選択の余地が無いように思えます。しかし、世の中にはいろいろなことを考える人がいるものです。改善はあっても、革新は無いように思える自転車アクセサリーにも、まだまだ新しい商品が登場してくるに違いありません。





ファンに嘘をつき裏切ったのが不祥事でないなら、何が不祥事なんでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/51952771
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)