July 14, 2014

女性の社会進出を表わす割合

首相が新成長戦略を打ち出しています。


その中心に据えているのが「女性の活躍」です。昨日開かれた「国際女性ビジネス会議」で講演した安倍首相は、「日本が発信源となり、女性が輝く地球を実現していきたい。日本が世界の女性の元気をリードしたい」と、日本が女性の社会進出を主導する決意を表明しています。

欧米諸国に比べて、女性の社会進出が大きく遅れている日本がリードするとは大きく出た感じがしないでもありませんが、女性の活躍支援は、これから労働人口の減っていく日本には不可欠の要素です。経済成長にも大きく影響するのは、そのとおりでしょう。

政府は、社会の指導的地位に占める女性の割合を2020年までに3割以上とする目標を設定しています。ほかにも待機児童の解消、育児休業期間の延長、職場復帰の支援、男性の育児休暇取得率の向上など、さまざまな政策目標が掲げられており、女性の採用に積極的な企業に対する税制上の優遇措置なども検討されています。

制度や待遇の上で男性と同等にするのは当然としても、それだけでは十分とは言えません。考え方や慣習などの男性が気づかないところにも、見えない壁や差別が存在しているのは、よく指摘されるところです。出産するのは女性だけですし、身体的にも、そのままでは男女平等にならない部分は少なくありません。

国際女性ビジネス会議具体例は、女性ならば、おそらくたくさん挙げられるだろうと思います。私は推測で書くしかないわけですが、例えば職場での服装などもそうかもしれません。男性は好きなスーツでいいのに、女性だけ制服が決まっているのが不満な人もあるでしょう。

私服が認められていても、暗黙裡にドレスコードのようなものがあって、スカートでないとダメとか、白いブラウス着用とか、女性というだけで制約が多いということもあるのではないかと思います。女性の化粧はマナーのように思われているのも、差別と言えば差別かも知れません。

女性の中には、化粧をしたくないのに強いられていると感じている人もあるはずです。男性は化粧をしなくても咎められないのに、女性は化粧をするのが当たり前という暗黙の了解があり、無言の圧力を感じたりするかも知れません。女性だけメイクする時間が余計に必要ですし、そのための費用や道具を持ち運ぶ手間もかかります。

化粧は女性の特権と、プラスにとらえている人には問題ないでしょうが、女性というだけで当然のように思われていることには不満を感じる人もあるでしょう。他にも、女性だからというだけで気を使わなければならなかったり、暗黙のうちに求められてしまっているようなことは少なくないのではないでしょうか。

女性の意識の問題で、化粧をしたい、スカートをはきたいということもあるでしょうから、必ずしも差別とは言いません。ただ、それが制約か自分のこだわりかは別として、女性の場合には男性と違って、余計に気を使う、手間がかかる、制約がある部分は少なくなさそうです。

Cycling to workCycling to work

ところで、こうした制約は、女性の自転車通勤の妨げにもなります。スカートで自転車に乗るというのは、物理的にもペダルをこぎにくい部分があるでしょうし、スカートの中が見えてしまうようでも困ります。女性の自転車通勤の服装は、なかなか難しい部分があるのではないかと思います。

実際に、職場まで自転車通勤している女性が、男性より大幅に少ないのは確かです。もともと、ふだんから自転車に乗る人が男性と比べて少ないこともあるでしょうが、女性の場合、男性と比べて自転車通勤のハードルが高いことも影響しているものと思われます。

BIKE EVERYWEARBIKE EVERYWEAR

男性には、最近自転車通勤用のスーツなども売り出されていますが、女性用の自転車通勤用の服というのは、あまり聞きません。女性の場合はスーツ以外の選択肢も多いとか、流行のデザインの問題などもあるでしょうが、自転車通勤する女性が少ないのが大きな理由と思われます。

Perfect Bike PantPerfect Bike Pant

スカートでなくパンツスタイルであっても、最近のデザインは股上が短く、自転車にまたがると後ろから下着が見えてしまうのが悩みという話も聞きます。もちろん、汚れることもあるでしょうし、そのまま仕事をするのが憚られるなど、通勤の時の服装に悩む人は多いに違いありません。

The Mindy SkirtThe Mindy Skirt

海外では、少しずつ女性の自転車通勤用の服が出てきているようです。タイトスカートだと、裏地にもよりますが、ペダルをこいでいるうちに、スカートがずり上がってしまうのが難点と言います。でも、こちらは、形はタイトスカートでも、素材が伸び縮みするため、裾がずり上がりません。

Reveal SkirtReveal Skirt

Reveal SkirtReveal Skirt

タイトなスカートですが、自転車に乗るときには裾を短く出来るスカートもあります。これによって、ペダルをこぐのがラクになります。そのまま短い丈だと、オフィスではばかられる場合には、丈を戻せます。女性がどう捉えるのかわかりませんが、なかなか機能的なスカートだと思います。

Bikie Girl BloomersBikie Girl Bloomers

こちらは、スカートの下に自転車用のショーツをはき、必要な時に裾をまくって乗るという新しい提案です。知らない人が見たら、スカートのスリットから下着が見えていると勘違いしそうですが、見慣れれば問題ないでしょうし、なかなかリーズナブルなスタイルです。





先日取り上げた、自転車のライフハックを持ち寄るイベント、“Cyclehack”では、1ペニー硬貨と輪ゴムを使った、女性向けの、ちょっとした工夫が発表されています。自転車に乗る際、この二つを使ってスカートをキュロットスカートのような形状にするわけです。



これならば、自転車に乗ってもスカートの中が見えてしまわないというアイディアです。似たようなことを、既にクリップなどを使って実践している人もあるかも知れません。スカートのタイプにもよるでしょうが、自転車に乗るための工夫は、いろいろ考えられそうです。

Perfect Bike PantPerfect Bike Pant

ただ、服装の問題がクリアできたとしても、女性が気になる自転車通勤の難点は、他にもあります。化粧が崩れる、汗をかくので、その匂いや汗ジミが気になる、紫外線対策の問題、髪型が崩れるなど、いろいろと気になるところがあるに違いありません。

ヘルメットをかぶらないとしたら、髪型は問題にならないだろうと男性は考えがちですが、そうではありません。あるアンケートでは、女性が感じる自転車の難点の1位に髪型の崩れがあがっているのを見たことがあります。サンプル数が少なかったので、確度は不明ですが、多くの人が懸念するようです。

Biking To Work In StyleBiking To Work In Style

自転車で走行すると、風を受け、せっかくセットした前髪が崩れてしまうというのです。女性の髪形において、前髪は重要なポイントであり、風を受け続けることでセットが崩れ、元に戻らないのが困るという説明でした。頷く女性は多いかも知れません。

女性にとっても自転車通勤は大きなメリットがあります。運動不足解消になりますし、ダイエットに効果的です。通勤時間を使ってダイエットが出来る上、ストレス解消にも効果大です。満員電車で痴漢行為に遭うこともありません。朝から頭がスッキリします。生産性が上がり、企業にもメリットがあるという調査もあります。

Biking To Work In StyleBiking To Work In Style

通勤路に暗い夜道がある場合、徒歩よりも危険が少ないということもあるかも知れません。いろいろハードルがあっても、自転車通勤をすると、その楽しさにハマる女性もいます。少しずつですが、女性で自転車通勤を始める人、始めたいと考える人も増えつつあるようです。

服装や化粧崩れ、汗などの問題を考えると、勤務先でシャワーを浴び、着替えられるのが一番だろうと思われます。最近は、都市部でシャワーやロッカーが使えて自転車を預かるサービスを提供するところが出てきていますが、まだまだ少ないのが現実です。

roadbikin’ in skirt and heelsroadbikin’ in skirt and heels

女性の自転車通勤のハードルを理解し、そのための施設を設置したり、利用を支援するような企業が出てくれば、もっと女性の自転車通勤も増えるでしょう。女性どころか、男性の自転車通勤にも寛容な企業は、まだまだ少ないようですが、制度を充実させる企業も出てきています。

女性の社会進出と自転車通勤、直接関係あると言うつもりはありません。ただ、女性ならではの自転車通勤における制約を理解する企業が増えることを期待したいところです。当然ながら、自転車通勤も男性だけのものではありません。この面においても、女性の割合が3割くらいになってもいいような気がします。




日本の次期代表監督が取りざたされていますが、ザックがダメなら次、とサッサと決めていいのでしょうか。日本に何が足りなかったのか、よく検証するべきであり、著名監督を次々取り替えるだけでは同じことの繰り返しのように思います。長期戦略を立ててかからないと、もう一段上に行くのは難しいのではないでしょうか。ちなみに、MVPはノイアーでもよかった気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52000697
この記事へのコメント
まずトップチューブの形状が厳しいものがあるのではないでしょうか。
ダイヤモンドフレームは勿論の事、
ミキストフレームでも乗る降りの際にも足を浮かせなければならず、
開発者が乗る際に見えない形状を想定していない、
服装を選んでしまうという事が、
自転車に乗る女性を遠ざけていく背景の1つにあたるのでは。
とはいえ単純にV字フレームだと実用を含めた車体の剛性不足が懸念されそうです。

幸いにも国産だと京都の舞子さんなどが乗れることを想定して作られた
フレームや電動自転車でもそれに近い形状をしている物もあって、
方向性としてはスカートガートが足りない程度で
良い具合に進んでいるのかと。

これにこういった車体を煮詰めて車道を走行可能な走行性能に引き上げて、
携帯電話の様にフレームの色や装飾などの外装をアパレル用品の様に
もっと選択肢を持たせると、
乗る側の敷居も少しは下がってくるのではないかと思います。
Posted by しがないママチャリ乗り at July 15, 2014 22:02
これだけ懸念材料を長々と提示しておきながら、既に普及している完璧なソリューションを一切推さないのはどうかと…。

ええ、もちろん、V字フレームのママチャリですよ。スカートでも難なく乗れるし、低速なので髪も乱れなければ汗も出にくい。さらにハンドバッグを籠に入れることができ、スタンドがあるので駐輪場所も選ばない。そして、圧倒的に安い! その名の通り、女性たちのニーズに適合した乗り物ですね。

これだけ利点があれば、わざわざ女性がスポーツバイクを選ぶ理由なんて、ないでしょ?

Posted by ほのおちゃん at July 15, 2014 22:25
しがないママチャリ乗りさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
フレームの形がスカートでの乗車をしにくくしているのは、その通りだと思いますが、フレームの形状は別にしても、やはりタイトなスカートだと、ペダルをこぎにくいということはあると思います。
ここで問題にしているのは、職場での女性の服装に対する制約が、自転車通勤をしにくくしているのではないかという話です。
京都の舞妓さん用に開発されたフレームは過去に取上げましたが、そういう自転車を選ぶという選択肢がないとは言いません。
ただ、わざわざスカートで乗るために自転車を選ばなければならないとしたら、それは女性に対する制約の一つではないかという話です。
もちろん、そういうフレームの自転車が普及してくるとするならば、それを否定するものではありません。
ただ、女性ならではの制約がなくなり、男性と同じように自由に自転車通勤できる環境ができることを望みたいものです。

Posted by cycleroad at July 15, 2014 23:24
ほのおちゃんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
全てわかったかのように、完璧なソリューションなどとおっしゃっていますが、それは職場まで、ある程度以上の距離の自転車通勤をしたことがない人、ママチャリしか乗ったことのない人の空論に過ぎません。
職場で着るようなタイトなスカートだと、ママチャリでもペダルがこぎにくいでしょう。最寄り駅までならともかく、低速では時間がかかりすぎ実用的ではありません。
髪が乱れると不評なのは、ほとんどママチャリを使う人の意見です。低速だから乱れないわけではありません。
安くてフレームの重いママチャリほど、少しの起伏でも上るのが大変になります。むしろ、そういうママチャリのほうが汗をかきます。
実際に、職場まで、ある程度の距離以上の自転車通勤をしている女性の多くがクロスバイクなど、スポーツバイクを選んでいるのは、なぜだと思いますか。最初はママチャリでも、多くが乗り換えます。
なぜ乗り換えるかは、実際にママチャリである程度の距離を自転車通勤してみればわかるでしょう。
上のコメントでも述べていますが、ここで問題にしているのは、職場での女性の服装に対する制約が、自転車通勤をしにくくしているのではないかという話です。
制約があるなら、V字フレームのママチャリで、低速で汗をかからいように走ればいいなんていうのでは、そもそも話になりません。そういう考え方が女性への制約になります。
もちろん、ママチャリを選ぼうが何で通勤しようが、個人の勝手です。ただ、それが完璧なソリューションとは、見当違いもいいところです。
Posted by cycleroad at July 15, 2014 23:46
cycleroadさんは勘違いしているようです。

>男性と同じように自由に自転車通勤できる環境ができることを望みたいものです。

自転車通勤は圧倒的に女性の方が多いです。
我が家のおかあもそうですが、パートさんは自転車通勤が多いですよ。
日本の女性は困っていません、ママチャリに乗っているから。
Posted by トンサン at July 16, 2014 11:16
トンサンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
最近、さまざまなメディアで取り上げられていますが、そこで注目されているツーキニスト、自転車通勤と言えば、通常電車で通勤するような距離を自転車で、職場まで通勤する人のことを指しています。最近増えていることで注目されています。
パートの主婦などが、自宅近くのスーパーや工場に行くのも、言葉的には自転車通勤でしょうが、それは昔からあることで、ここで論じている自転車通勤とは別の話です。
近所にパートに出かけるのは女性が圧倒的に多いなんて話をしているわけではありません。
いわゆる自転車ツーキニストに女性の占める割合が低いのは誰の目にも明らかでしょう。
私が勘違いしているのではなく、それは屁理屈というものです。

>日本の女性は困っていません、ママチャリに乗っているから。

いわゆる自転車ツーキニストについて、一部の女性について述べています。まったく見当違いの反論です。
近距離や買い物などには便利だと思いますし、ママチャリを否定するものではありません。でも、ある程度以上の距離を走行する自転車通勤の場合、ママチャリが向かないのは誰もが指摘しているところであり、実際に通勤してみれば、すぐにわかることです。実際にクロスバイクなどを利用する人が多いのは、都心で観察してみればすぐわかりますが、なぜママチャリを利用しないのでしょう。
ママチャリに向かないケースもありますし、いずれにせよタイトなスカートでは乗りにくいでしょう。
何かどうしてもママチャリ推しをしたいようですが、全く筋違いの話です。
Posted by cycleroad at July 17, 2014 23:11
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)