May 19, 2015

自転車インフラも世界標準に

日本には8千6百万台もの自転車があります。


資料によって多少違いますが、この規模の自転車が所有されていることは間違いないでしょう。中には複数台所有する人もいますが、全体から見ればわずかです。子供やお年寄りなど、自転車に乗らない世代を抜いて考えると、相当の割合の日本人が何らかの形で自転車を利用していることになります。

所有台数は世界でも有数の規模であり、自転車の利用する人の割合の点では自転車大国と言えるでしょう。しかし、台数は多くても、日本人1人が年間に移動する距離に占める自転車による移動距離は諸外国と比べて小さく、自転車が有効に活用されているとは言えない状況です。

自転車が歩道を走行しているという、世界の常識からすれば信じられないような状況を見てもわかる通り、この国では自転車インフラが圧倒的に不足しています。足りないから自転車の利用が進まず、自転車の利用が最寄り駅に行く程度だからインフラの必要性も認識されないという悪循環です。

Cycling infrastructure
ドイツ、ベルリン近郊の自転車レーン

欧米諸国をはじめ、最近は新興国にまで自転車の活用を推進しようという動きが広がっています。政府や自治体が自転車インフラの整備に前向きで、市民の自転車の利用率や移動距離を増やそうとしています。渋滞の低減や温暖化ガスの削減、国民の健康増進による医療費の抑制など、多くのメリットがある政策だからです。

日本でも、最近でこそ自転車インフラの整備について、一部で話題に上るようになりましたが、その整備状況については、諸外国と比べ、まだまだ格段の差があると言わざるを得ません。ごくわずかな道路で、車道の端が青く塗られているに過ぎません。

一方、世界では、オランダやデンマークなどの、いわゆる自転車先進国以外でも、最近は自転車インフラが充実してきています。The Guardiand 紙などに載った世界の自転車インフラを見ると、日本の自転車インフラが、その貧弱さ、みすぼらしさ、レベルの低さを通り越して、哀れで悲しく見えてきてしまいます。

Cycling infrastructure
タイ、バンコクの空港周辺の自転車道

Cycling infrastructure
オランダ、ズーテメールの自転車専用橋

Cycling infrastructure
オランダ、アムステルダムの駐輪場

Cycling infrastructure
オーストラリア、ブリスベンの川沿いの自転車道のループ部

Cycling infrastructure
オーストラリア、シドニー近郊パラマッタ川のマングローブ林の共用遊歩道

Cycling infrastructure
スペイン、セビリア近郊の自転車レーン

Cycling infrastructure
フランス、イゾアールへ向かう道

Cycling infrastructure
ベルギー、アントウェルペンの専用トンネル

Cycling infrastructure
カナダ、カルガリーの自転車専用橋

Cycling infrastructure
イギリス、バースの専用トンネル

Cycling infrastructure
イギリス、グラスゴーの共用通路

Cycling infrastructure
カナダ、バンクーバーのセパレートされた自転車レーン

Cycling infrastructure
アメリカ、オレゴン州ポートランドの鉄橋の走行部

Cycling infrastructure
スペイン、サンセバスチャンの専用トンネル (→雨にも強い自転車通勤者の道

Cycling infrastructure
オーストラリア、パースの自転車専用道

Cycling infrastructure
スペイン、マドリードの自転車専用橋

Cycling infrastructure
オランダ、プルムレンドの自転車・歩行者分離式ブリッジ

Cycling infrastructure
オランダ、アイントホーフェンの自転車レーンの環状交差点型の立体交差 (→オリンピックを呼び水にする

Cycling infrastructure
イギリス、ブリストル近くの自転車専用道

Cycling infrastructure
デンマーク、コペンハーゲンの自転車・歩行者分離橋

Cycling infrastructure
カナダ、カルガリーの自転車・歩行者分離橋

Cycling infrastructure
デンマーク、コペンハーゲンの自転車専用高架道路 (→自転車行政の革新のチャンス

Cycling infrastructure
北アイルランドのベルファストの自転車レーン

一番最後のものは、何の変哲もなく見えますが、物理的に分離され、充分な幅が確保されています。ここでは、見た目が特徴的なものを中心に取り上げましたが、当然ながら、ほんの一部に過ぎません。普通ですが走りやすそうで、うらやましくなる自転車道は無数にあります。

日本では、自転車インフラの必要性に対して、まだまだ認識が低いのが実情でしょう。長年、クルマ優先で来てしまった結果、その固定観念が抜けない人も大勢います。クルマのための道路整備は充実させるべきだが、自転車用は必要ないと考えている人も多いはずです。

自転車利用者はマナーが悪いし、ルールを守らない奴らにインフラなんて整備してやる必要はないと嘯く人もいます。確かに問題がないとは言いませんが、それとインフラ整備とは別の問題です。クルマは税金を負担しているが、自転車は負担していないと指摘する人もいます。

しかし、その議論もおかしいでしょう。クルマは道路へのダメージが大きいだけでなく、その道路の利用者負担以上に、環境に大きな負荷をかけています。交通事故で人の命を奪い、大気汚染やヒートアイランドなど、より大きな問題を発生させてもいます。

Cycling infrastructure
オランダ、ロッテルダム近くの自転車道

クルマの経済波及効果を言う人もいます。しかし、自転車インフラだって、渋滞を減らし、交通事故による人命の損失を減らし、観光資源となったり、移動時間の短縮による生産性の向上、健康増進効果、その他もろもろの経済価値を生みます。クルマと同列に語ることは出来ませんが、決して無駄な設備ではありません。

そんなことを言い始めたら、例えば公園の植栽の整備などは無駄ということになり、公園そのものもいらないという話になってしまいます。電線の地中化とか、道路の清掃だって不要、直接経済価値を生まない公共投資は全て無駄ということになってしまいます。

自転車インフラは、歩道や公園や街灯や街路樹などと同じように、本来あって当然の公共物と考えるべきでしょう。日本では、長らくそれが欠落していたため、その不備に気づかないだけです。自分は公園を使わないからいらないと言わないのと同じで、自転車に乗らないからいらないと考えるべきものではないと思います。

自転車インフラは街の基礎的な公共物で、市民の財産であり、それがあることで、事故が減ったり、渋滞が減ったり、大気汚染が減ったりします。国際公約を守るための温暖化ガス削減費用が減るかも知れません。誰もが直接・間接的に恩恵を受けるはずです。

Cycling infrastructure
デンマーク、コペンハーゲンの階上の部屋でも自転車に乗ったまま上り下りできる大規模住宅

日本は敗戦後、欧米に追いつくこうとしてきました。前回の東京オリンピックを機に、インフラの整備は大きく進んだと言われています。その後、高度経済成長を経て、欧米並みになったと思われている社会インフラですが、まだまだ足りないのが、電線の地中化と自転車インフラではないでしょうか。

諸外国の都市を訪れると、それらが日本で欠落していることに気づきます。他の部分は見劣りしないのに、自転車が歩道を走っている様子は、外国人には奇異に見えます。そんな国は日本くらいしかありません。例えるなら、せっかくスーツでビシッと決めているのに、ビーチサンダルをはいているようなものです。

ここに挙げたようなインフラは、諸外国においても、見本となるような部分、理想的な場所ということはあるでしょう。もっと貧弱な設備もたくさんあると思います。しかし、いろいろと制約はあるにせよ、日本では望むべくもないレベルの整備が進められているのも確かです。

ようやく日本でも、車道に自転車レーンを設置しようという機運が出てき始めています。しかし、まだその内容はお粗末と言わざるを得ません。オリンピックで外国人が多数訪日しても恥ずかしくないよう、自転車インフラもグローバルスタンダードにすべきです。そのためにも、世界のインフラのレベルは意識しておきたいものです。




浅田真央選手の復帰を喜んだ人は多いでしょう。彼女を悪く言うのは某元首相くらいで、国民的ヒロインですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52033521
この記事へのコメント
日本は細長い道を確保しにくいから、自転車道は廃線系か用水系ばかりですね。
Posted by なななな at May 22, 2015 22:52
ななななさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
日本だけが確保しにくい理由はないと思います。確保しないだけでしょう。
Posted by cycleroad at May 23, 2015 23:26
>しかし、自転車インフラだって、渋滞を減らし、交通事故による人命の損失を減らし、観光資源となったり、移動時間の短縮による生産性の向上、健康増進効果、その他もろもろの経済価値を生みます。クルマと同列に語ることは出来ませんが、決して無駄な設備ではありません。

>自転車インフラは、歩道や公園や街灯や街路樹などと同じように、本来あって当然の公共物と考えるべきでしょう。日本では、長らくそれが欠落していたため、その不備に気づかないだけです。自分は公園を使わないからいらないと言わないのと同じで、自転車に乗らないからいらないと考えるべきものではないと思います。


まさに!
先進諸国を見ても、日本だけが異常なまでに自転車安全通行インフラ整備が遅れているんですよね。本当に悲しくて恥ずかしいレベルなまでに。なのにそのインフラ整備の怠慢を自転車利用者のモラルのせいにしているのですから、呆れを通り越して、憤りまで感じるレベルですよ。諸外国の行政は、それを乗り越えて、今の日本より高いレベルの自転車インフラ整備をやり遂げているのですからね。
真っ当なインフラを整備すれば、自転車利用者はそれに従うまでなのですから。これは世界中すべての国で言えることです。日本はそれができていないだけです。
Posted by Greentoptube at May 26, 2015 09:36
また、サイクルロード氏のおっしゃるとおり、日本以外のあらゆる先進諸国ができているのに、日本だけができていない、その理由は「本気で、やろうとすらしていない」だけですね。
自転車は健康と環境にやさしい乗り物のシンボルとしてあります、なのに、京都議定書の国ニッポンでは、自動車優先という過ちをおかし、その結果、メタボ蔓延による医療費高騰や渋滞による緊急車両到着遅延や経済停滞、大気汚染、ヒートアイランド、道路の損壊、地域の安全の破壊等、極めて強い害をまき散らしています。
これらのほとんどは、自動車から自転車への人々の乗り換えで解決できる問題なのにも関わらず、です。

先進諸国ができている自転車インフラ整備が、なぜ日本でできていないのか?それは、単に、地域の魅力を高めるために自転車を活用しよう!という意識の高さ、低さの違いだけで、日本はまだまだそれを高められる見込みがたくさんあり、いつまでも自転車インフラ後進国のままで居てはならない、ということを示しています。

すべて善良な市民は、もっともっと自転車インフラ整備を行政に繰り返し要請しつづけてよいものでしょう。自転車への乗り換えは、地域を安全にし、大気汚染を減らし、渋滞を減らし、ヒートアイランドを抑制し、人々の健康を高め、観光資源を増やし、街のコンパクト化を促すことによって、地域の持続可能性を高めるのですから。
Posted by Greentoptube at May 26, 2015 09:36
GreenTopTubeさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
高度経済成長時代の、いわば歪みのせいで自転車を歩道走行させるという、結果からみれば最悪の道路行政を長年おこなってきてしまった結果、クルマ優先、自転車は歩行者と一緒という固定観念が生まれてしまったというのが一番の理由だと思います。
無駄に広くて立派な歩道はつくれても、自転車インフラはつくられないのも、必要性を感じていないからでしょう。
あるいは歩道だけでいいと考えているのだろうと思います。
自転車の歩道走行は、自転車行政に関して、あらゆる点で諸悪の根源になっていると思います。
政治や行政に携わるような人は、ほとんど自転車に乗らないことも影響しているかも知れません。
Posted by cycleroad at May 26, 2015 23:11
本当ですね。
環境や医療、人命、健康の大切さを、政治家や行政に携わる人は口にしますが
根本的な解決方法として、自動車から自転車へ乗り換えること、そしてそれを推進するために自転車インフラ整備が必要であるという事実に気がつけている人、その解にたどり着けている人は、悲しいながらまだまだ少ないと言えます。
いえ、気が付きながらも、自動車という害のつよい麻薬のような存在にとりつかれているがゆえに、目を覚ますことができない、とも言えるとも考えられるでしょう。
そして、心から地域の環境や医療を考えているのならば、率先して自転車に乗り、環境と健康にやさしい象徴的な乗り物である自転車を活用しやすいようにインフラを整備するための活動に本気で注力するはずなんですよね。
自動車はその車体重量と占有面積及び速度により地域を極めて危険にし、排ガスによる大気汚染や騒音で地域を劣悪化し、渋滞を発生させ緊急車両の到着を遅延を起こし、渋滞解消のために自動車道路を作っても自動車が増えて渋滞がさらに起きるのでキリがなく、自動車道路の維持費コストがかさんで財政破綻も現実的になり、自動車漬けの生活はメタボを蔓延させて医療費を割高にさせる。あまりに害と社会的費用が大きすぎる公害車両としての面が、自動車は強すぎるんですよね。

先進諸国が次々と自動車から自転車への乗り換え、転換を推進するための政策を実行し続けるには、それだけ自動車の害が強く、自転車への乗り換えが地域と財政と人々の健康をより良くすることが明白だからだと言えるでしょう。
この辺りは、サイクルロード氏が、これまであらゆる先進的な国々、先進的な地域の代表的な事例を紹介してくださっている通りですね。
Posted by GreenTopTube at May 27, 2015 21:52
GreenTopTubeさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
クルマから自転車に乗り換えるために自転車インフラをと言うと、誤解を招く部分があると思います。
自転車でも可能で、自転車で充分な移動については自転車にしようと考える人が世界的に増えつつあるのは事実ですが、依然としてクルマも交通や輸送手段として必要です。
必ずしもクルマを排除しようというのではなく、クルマと安全に共存しながら、自転車をもっと活用するためにインフラ整備ということだと思います。
Posted by cycleroad at May 28, 2015 23:48
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)