February 01, 2016

一つの種類から部品の一つへ

自転車は、いろいろなタイプに分かれています。


使うシーンに応じて、ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクやフォールディング、電動アシスト自転車やシティサイクルなど、それぞれにあったタイプを選ぶと思います。必ずしも厳密に分けられていない部分もありますが、だいたいどの自転車も、それぞれのカテゴリーに分類される理由や特徴を備えています。

もちろん、多少の不向きには目をつぶって、自分のデザインの好みなどを優先して選ぶ人もいますが、選ぶタイプによって、使い勝手が大きく違ってくるのが自転車です。例えば、ふだん街で乗ったり移動に使うなら、クロスバイクやシティサイクルと呼ばれるカテゴリーから選ぶ人が多いでしょう。

Freygeist

写真の自転車は、典型的なクロスバイクです。シティサイクルと分類される場合もあるかも知れませんし、中にはシティバイクなどと呼ぶ人もあるでしょうが、およそ街乗り向きのオーソドックスな自転車であり、典型的なクロスバイクと言えると思います。

コンポやブレーキなどの部品にはシマノ、ハンドルバーやサドルにはブルックスの製品が使われています。シンプルでオーソドックスなダイヤモンドフレームで、ややスローピングになっています。“Freygeist”とは、日本では聞かないブランドですが、外観やパーツの構成などを見ても、普通のクロスバイクです。

FreygeistFreygeist

ところが、実はこれ、電動アシスト自転車だと言ったら驚くのではないでしょうか。全くそのようには見えませんが、れっきとした電動アシスト自転車なのです。最大の特徴たるバッテリーがないように見えますが、ダウンチューブの中に配置されています。電動モーターは、リアハブの中にあります。

言われてみれば、ダウンチューブが心なしか太いような気がします。確かにリアハプも大きいですが、言われなければ全く気がつかない人も多いのではないでしょうか。この自転車、全く電動アシスト自転車に見えないようにデザインされた自転車なのです。

FreygeistFreygeist

重さも、このタイプの自転車としては決して重くない12キログラムです。よく見ると、ダウンチューブに充電のためのコネクターがありますが、カバーで隠されており目立ちません。乗って、電動アシストが効きはじめなければ、まず自転車に詳しい人でも、電動アシストとは思わないでしょう。

それでも、れっきとした電動アシスト自転車ですから、15.5mph、時速約25キロまでモーターがアシストしてくれます。33Vのパナソニック製リチウムイオン電池が採用されており、平均250W、最大で500Wの出力があります。航続距離も、44〜62マイル、約70〜100キロメートルほどあります。

FreygeistFreygeist

電動アシスト自転車を敬遠する人の大きな理由が、いかにも電動アシスト自転車に見えるデザインの野暮ったさではないでしょうか。特に男性の場合、電動アシストに乗っていると軟弱に見られるとか、イメージが悪いとして選択しない人も少なくないようです。

電動アシスト機構が切れてしまうと、ただの重い自転車になってしまうのもネックです。しかし、走る道路の起伏や停止の多さなどの環境にも左右されますが、約70〜100キロメートル走るなら、ふだんのアシとしては実用レベルでしょう。そして、バッテリーが切れても車重12キロならば、重くありません。



これならば、電動アシストを敬遠していた人でも、その理由のかなりの部分がクリアされるのではないでしょうか。スポーツや趣味で乗る人はともかく、実用面を考えるならば、電動アシスト機構があればラクなのは間違いありません。上り坂でもスイスイ上れます。

弱点としては、バッテリーがフレームに組み込まれているので、電源コードが届かないと充電できません。自転車を室内保管するような人ならば問題ありませんが、日本の電動アシストのママチャリのように、バッテリー部分をとり外せないのが、不便と言えば不便です。

日本で、共同住宅の駐輪場などに保管せざるを得ない場合、電源が取れないと困ることになります。欧米の場合は盗難も多いため、敷地内や、共同住宅なら室内保管する人が多いと思われます。直接コードをつなぐタイプでも、問題ない人が多いのでしょう。

FreygeistFreygeist

問題となるのは値段でしょうか。3千990ユーロとなっています。日本円で約53万円、一般的なクロスバイクとしても、電動アシスト自転車としても、高いのは間違いないでしょう。ただ、格安ママチャリの値段が当たり前と思われている日本と違って、ヨーロッパならば、それほど驚くような価格ではありません。

この“Freygeist”、ドイツのスタートアップ企業です。今後、こうした自転車が支持され、大量に生産できるようになれば、値段ももっと下がるに違いありません。今の価格をどう考えるかは、人によっても違ってくると思いますが、なかなかユニークなモデルではないでしょうか。

この企業に限らず、電動アシスト自転車のデザインを見直すメーカーは増えています。ロードバイクに電動アシスト機構を搭載したモデルなども登場しています。電池の性能も上がっており、素材や加工技術の進歩とあいまって、従来の電動アシスト自転車は改良され、敬遠する人からも見直されていくのでしょう。



これまで、電動アシスト自転車は、自転車の種類の一つという位置づけでした。それが最近は、いろいろなタイプの自転車への搭載が進んでいます。自転車のカテゴリーの一つではなく、いろいろなタイプの自転車について、電動アシスト付きか、そうでないかという位置づけになっていくのかも知れません。

クルマで言えば、日本車におけるハイブリッドのような感じでしょうか。いまや、いろいろな車種にハイブリッドが設定され、同じモデルで、ハイブリッドと非ハイブリッドを選べたりします。値段は違ってきますが、燃費がいいなどのメリットと天秤にかけて、どちらを選ぶかの選択になっています。

このブログでもいろいろ取り上げていますが、最近は、新しいアイディアやデザイン、新機軸を盛り込んだ電動アシスト自転車も続々登場しています。もはや電動アシストは、カテゴリーの一つではなく、自転車のパーツの一つとして、ニューモデルに採用するかしないかの選択になっていくのかも知れません。




それにしてもU-23日本代表、2点取られて3点、よく勝ちました。また一つオリンピックが楽しみになりましたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52062640
この記事へのコメント
cycleroadさん,こんにちは.

この程,ベルギーで開催されたUCIシクロクロス選手権の女子U-23のレースに出場したベルギーの19歳女子選手の自転車に電動アシストモーターが仕組まれていたというメカニカルドーピング問題が斯界に波紋を呼んでおります.

かねてから,いつかは起こりうると言われてはいたようですが,これが事実ならば自転車競技を冒涜する極めて忌々しい問題です.借り物の動力でなく,あくまで自己の体力と位置エネルギーだけで勝敗を競ってこそ意義があるのですから,競技の世界には決して罷り通すべきではありません.

電動アシストは,かの疋田智氏も最近のメルマガでその効用を絶賛しています.しかしそれはあくまで実用面においてこその話で,いい若い者が電動アシストなんぞに依存するのは好ましくありません.

通学用自転車でも,スポーツタイプはダメでも電動アシスト付きは一定の条件付きで容認と言う学校や地域は,私に言わせればまるで納得できません.むしろMTBタイプを規制緩和して多段ギヤを使いこなす努力をさせるのがより望ましいと考えます.
Posted by マイロネフ at February 03, 2016 15:14
ご存知かもしれませんがBB側でアシストするタイプの記事があったのでURLを貼っておきます。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/02/news145.html
Posted by にゃごべい at February 03, 2016 23:25
見た目や重量の欠点はほぼ解消されつつあるようで、進歩のスピードに驚かされました。
こういった形でも自転車がより合理的な交通手段として選択されるようになれば、道路環境の改善も進むのではと期待したいです。

体力差のある人同士でも一緒にツーリングしやすくなる利点もあるでしょうし、
自転車競技の新たなジャンルや障害者スポーツが生まれるかもしれないですね。
Posted by 権八 at February 04, 2016 09:10
マイロネフさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
レースでの不正は当然問題です。ただ、それはレースの運営の問題でしょう。モーターどころかドーピングが蔓延する中で、いろいろな不正が起こりうる要素は十分にあります。
しかし、だからと言って電動アシストの技術を問題にするのは本末転倒だと思います。例え殺人に包丁が使われたとしても、包丁が悪いわけではありません。
ここで話題にしている電動アシストの技術とレースの不正とは、また別の問題でしょう。

若い世代が電動アシストを選択するかどうかは、当人の選択の問題であり、依存などと自分の価値観を押し付けるのは筋違いだと思います。
若い人はエスカレーターもエアコンも使うなと言うのでしょうか。そのような考え方をするのも個人の勝手ですし、自分の子供に言うならいいですが、世間から見れば、それは偏見か偏屈ということになるのではないでしょうか。

自分の価値観を持つのは結構ですが、学校が決めることに納得がいかないのであれば、その学校に言ってみてはいかがでしょうか。多段ギヤを使いこなすほうがいいという意見が関係者を説得できるならば、そうなるのではないでしょうか。
Posted by cycleroad at February 04, 2016 23:08
にゃごべいさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
この話題は私も見ました。もちろん不正は問題であり、レースに使うなんて論外です。レース前の検査など運営方法の見直しを検討すべきです。
ただ、それほど技術革新が進んでいるということでもあるのでしょう。
Posted by cycleroad at February 04, 2016 23:19
権八さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね、技術革新が個人の楽しみを増やすだけでなく、もっと自転車に乗りやすくなり、乗る人が増えることにつながる可能性がありますね。
移動手段の選択肢を増やすことによって、道路交通、さらには社会の変化を促していく可能性も十分考えられると思います。
Posted by cycleroad at February 04, 2016 23:25
cycleroadさん,ご返信有難うございます.

このメカニカルドーピングの問題は,今後は単にレースの運営上の問題では済まなくなると,疋田智氏が最新のメルマガで懸念を表明しております.

http://melma.com/backnumber_16703_6323378

要するに,電動アシストの技術が進めば進むほどメカニカルドーピングもより巧妙化して,メカに精通した運営スタッフでなければ見破るのが困難になるとか,一般公道においても出力面で違法性のある電動アシストなのか,警察官でも見ただけで瞬時に判断できなくなる可能性を指摘しています.

サイクリングを教育の一環として評価するなら,電動アシストは「それをやっちゃおしまいよ」というのが私の実感です.それをあたかも非科学的な時代遅れの根性論の押し売りであるかのように反論されるのはいささか不本意です.なぜなら今日のスポーツ自転車は電動アシスト等無くても軽量化,高機能化が進んでいるからです.

私も無意味な根性論は大嫌いですよ.夏は猛暑の続く今日,教室にエアコン設置はもはや不可避.可能な限り早期に普及を進めて欲しいです.

自転車に関する校則の問題は,PTA関係者でもない部外者が学校へ投書等しても効果は望めないでしょう.自転車界自身の自己改革の“外圧”で促す以外ないかもしれません.
Posted by マイロネフ at February 05, 2016 21:41
マイロネフさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
レースの世界で不正が許されるべきでないのは当然です。『それをやっちゃおしまいよ』なんて誰もがわかっていることです。当たり前の話です。
技術を不正に使うのが問題なことは否定していません。しかし、技術の進化が悪いわけではありません。レースの不正に使われるから電動アシストの進化が問題だとするのは筋違いだと申し上げているのです。

残念ながら、レースにおける不正は、これに限りませんし、今始まったことでもありません。
ツールドフランスなどの例を挙げるまでもなく、残念ながら、そのような例は枚挙に暇がありません。
『自転車競技を冒涜する極めて忌々しい問題』とおっしゃいますが、遺伝子レベルにまで及んでいる、本当の意味でのドーピングと比べれば、発見は比べものにならないくらい容易です。
目に見えないものではなく、多少の知識があれば発見、あるいは使えなくする規定の変更等も可能です。疋田智氏が何を懸念しているのか知りませんが、レース前の検査など、運営上の問題でしょう。

レースで不正を働くのは問題ですが、この世界に限らず、規制があれば、それを破ろうとする人がいるのは古今東西変わらない事実です。
インターネットもドローンもパソコンもICも携帯電話も光ファイバーも、軍事技術から生まれています。
倫理上の問題はあるとしても、それが技術を向上させ、人々の生活ほ豊かにしたのは間違いありません。倫理上の問題と技術の問題は分けて考えるべきでしょう。

電動アシストの技術も当然進化しますし、発覚しにくくなれば使おうとする人が出てくるのも容易に想像がつきます。
でも、ここで話題にしている電動アシストの技術の進歩とレースの不正とは、また別の問題だと申し上げているだけです。
(続く)
Posted by cycleroad at February 06, 2016 23:02
(続き)
試験会場にコンピュータを持ち込む人がいると不公平になるのは当然でしょう。でも、使われるからと言って、コンピュータの進化、小型化、高性能化を批難し、問題視するのは筋違いです。使われないようにするか、一律で使えるようにするなど、運用の問題です。
公道での利用についても、電動アシストでない電動自転車が違法に売られていたりするのと同じで、法律違反になる可能性がありますが、だからといって技術の否定にはならないでしょう。

『サイクリングを教育』として論じるから、『非科学的な時代遅れの根性論の押し売り』に聞こえるのです。
サイクリングを教育と考えるのは勝手ですが、ここでは教育を問題にしているわけではありません。その意味で議論がかみあっていません。
電動アシストが教育上良くないとか、学生に使わせるべきでないと主張されるのは勝手ですが、だからと言って電動アシストの進化が問題だとするのは論理に飛躍があります。
『自転車に関する校則の問題を、自転車界自身の自己改革の“外圧”で促す』に至っては、何をか言わんやです。

私の指摘の意図をまるでご理解されていないようですが、電動アシストの技術の進化とレースや教育とは別の話だと申し上げているだけです。
Posted by cycleroad at February 06, 2016 23:03
cycleroadさん,ご返信有難うございます.

何によらず悪用が懸念されるから技術革新を全て否定する等と言う大それたつもりは毛頭ありません.電動アシストにしても例えば,若い頃1日に完全な自力で完走した二百数十kmの行程に年配になってもう一度チャレンジしてみたいという時には有用になるかもしれません.

しかし問題は,その進化が自転車の世界に必ずしも全てそのようにプラスに機能するとは限らないのではないかという事です.つまり,用途が問題なのです.ああいう装置は骨董品のような実用自転車にでも使えばよいのではないですか.

通学用自転車に関する規制の一例として,下記のURLを是非一度お調べになられたいと思います.

http://blogs.yahoo.co.jp/bsjdw917/12513341.html

この記事の表に「ロードレーサー,マウンテンバイクの類は禁止」という規定が複数見られますが,ロードレーサー(私の言う“特急自転車”)の通学禁止はある程度理解できるとしても比較的頑丈なMTBタイプですら禁止と言うのはそれこそ“非科学的な時代遅れの根性論の押し売り”そのものですよ.

自転車そのものの軽量化や多段ギヤは,補助動力の電動アシストとは全くの別物です.その補助動力以前に多段ギヤを使いこなし,上手なスタミナ配分と安全に対する注意力,判断力を鍛え,その結果,自分の体力と位置エネルギーだけでより遠く,より高く,より速くと目標を設定して努力を重ねることに一種の教育的効果が望めるのではというのが私の持論です.それを称して『非科学的な時代遅れの根性論の押し売り』とは全く理解に苦しみます.

自転車のどれからどれにまで電動アシストが普及したら,自転車レースの選手になりたいという子どもがいなくなってしまうかもしれません.
Posted by マイロネフ at February 07, 2016 20:47
マイロネフさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そもそも私は、サイクリングの教育効果などという話はしていません。それを強引に教育論にしているところが議論の噛み合わない原因です。
マイロネフさんの教育論に興味はありませんが、嘆いておられるように、多くの学校が考えることとは違っていることを客観的に考えるべきではないですか。

『若い頃1日に完全な自力で完走した二百数十kmの行程に年配になってもう一度チャレンジしてみたいという時には有用』
『ああいう装置は骨董品のような実用自転車にでも使えばよい』
と、電動アシストを嫌い、蔑視しているのはよくわかりますが、それは個人の好みであり、『非科学的な時代遅れの根性論の押し売り』に聞こえるというだけです。

少なくとも、学生が、家にあったからとか、好みやそれぞれの事情で、電動アシスト自転車で通学しても、それは個人の勝手ではないでしょうか。それを容認する学校にも学校の考え方があるのでしょう。
それを多段ギヤを使わせるべきという個人の盲信だけで、学生に電動アシストを使わせるなというのが、『非科学的な時代遅れの根性論の押し売り』に聞こえるというだけです。

学生は電動アシストなんか使わずに、身体を鍛えさせろという意見はわかりますが、だからと言って、電動アシストの普及を目の敵にしても仕方が無いでしょう。坂の多い場所等では、自転車を使わなくなるよりマシと考える人もあるかも知れません。

なんだかよく知りませんが、『特急自転車』とか、ことあるごとに自身の独自の考え方を主張されていますが、少なくとも自身の意見と世間の趨勢とが違っていることは客観視されたほうがいいでしょう。
今も電動アシストは普及しつつありますが、それと自転車競技に興味を持つ子供がいなくなるのとは全く別だと思います。
Posted by cycleroad at February 08, 2016 23:15
cycleroadさん,ご返信有難うございます.

私の知る範囲でも,通学区域が坂の多い地形にもかかわらず,通学用自転車は平地用と全く変わらないママチャリタイプか,せいぜい3段までと校則で限定しているのが登下校風景を見て明らかに分かる中学校があります.真に科学的な安全上の根拠でなく所謂生徒指導上の理由があるのかも分かりませんが,これこそcycleroadさんの言う『非科学的な時代遅れの根性論の押し売り』に他ならないのと違いますか?

少なくとも頑丈さに優れるMTBタイプ位は認めて良いだろうにと私は思います.なぜなら,MTBの多段ギヤを使いこなせば大概の登り坂は克服できるからです.おそらくそれらの学校では電動アシストも公認する可能性は低いと考えられます.

電動アシストの普及と自転車競技を志願する子どもの減少は別問題と仰いますが,そもそも現在,大半の子ども達にとって本格的なスポーツタイプの自転車はまるで縁遠い存在であるのはcycleroadさんもご存知の筈です.その専門店も適切なコーチのできる人材も絶対的に不足していますし,保護者の経済的負担も重い.何よりも一時期,競輪にまつわるいろいろな事件が大きく社会問題化した影響が今日なお尾を引いているのです.

今回のこの話題に限ってはこれで終わりとしたいと思いますが,明白なのは,電動アシストの普及や改良が自転車を取り巻く諸問題の改善に即結びつくものではないという事です.
Posted by マイロネフ at February 10, 2016 20:17
マイロネフさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そもそも私は、単に電動アシストの技術が進んでいると述べているだけです。サイクリングの教育効果などという話はしておらず、自転車に関する校則の問題など全く関係のない話です。
それを強引に教育論にしているところが議論の噛み合わない原因だと申し上げています。
その上で、主張のおかしいと思う点を指摘しているのに、全くピントの外れた反論で、はっきり申し上げて議論になりません。
もう少し、文章をよく読んでコメントしていただきたいものです。

学校の規制について議論するつもりはありませんが、それにしても推論ばかり、思い込みでしかないので、まるで説得力がありません。
ご自身の主張を、もう少し客観的に見られたほうがいいのではないでしょうか。

青少年でも電動アシストを使う人は使うでしょう。でも、一方で昨今のスポーツバイクブームや、自転車アニメなどの影響で、自転車競技に目をむける青少年も増えています。
その意味で電動アシストの普及や改良を問題だとするのは、筋違いではないかと申し上げているたげです。

電動アシスト自転車は、

『若い頃1日に完全な自力で完走した二百数十kmの行程に年配になってもう一度チャレンジしてみたいという時には有用』
『ああいう装置は骨董品のような実用自転車にでも使えばよい』

といった偏見、思い込み、固定観念のもと、レースや学校の校則など全く関係のない話を出して、電動アシストを侮蔑しているだけではないですか。
凝り固まった上に、まったくピントの外れた反論、議論になりません。
Posted by cycleroad at February 10, 2016 23:50
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)