July 15, 2016

運びたい時には運べるように

自転車で運べる荷物は限られます。


小さなバッグとか、ちょっとした買物の荷物くらいなら運べますが、大きな荷物や重い荷物、たくさんの荷物となると、普通の自転車で運ぶのは困難です。ふだんは困らないとしても、何かの時に、自転車で運べなくて困った経験のある人も少なくないでしょう。

荷物を運ぶのに重宝するのが、カーゴバイクです。日本で見ることは、ほとんどありませんが、欧米では普通に使われている都市も少なくありません。カーゴバイクにもいろいろなタイプがありますが、いずれも普通の自転車と比べると格段に荷物の輸送能力が高いのが特徴です。

The LIFTThe LIFT

普通の自転車と比べてかなり大きな荷物、重い荷物も運べるため、自転車の使い道が広がります。クルマやトラック、バンを使わなくて済む範囲が広がり、クルマと比べて小回りが効くのも利点です。街の商店が配達に使ったり、宅配便の都市部のデリバリーに使われるなど、商業的にも使われています。

子供を乗せて送迎などに使う場合、カーゴバイクに座席を取り付けたりも出来ます。一般的に子供の乗る高さが低くなるので、日本でよく起きている、停止時に自転車ごと転倒して、子供が怪我をする事故も防げます。重心が低くなるため、子供を乗せても安定して走行出来るのも利点です。

The LIFT

ただ、当然ながらデメリットもあります。普通の自転車と比べて、全長や全幅が長く、総重量も重くなります。荷物を積まない時には荷台が邪魔になりますし、駐輪や保管に場所をとるなどの短所もあります。普通の自転車と別に購入して使い分ける手も考えられますが、そのぶん費用や保管場所が必要になります。

そんな短所を減らすべく考えられたのが、“The LIFT”と名づけられたパーツです。これは、普通の自転車の前輪を外した代わりに取り付けることで、普通の自転車がカーゴバイクに変身するという画期的な道具です。言われてみれば簡単なことです。なぜ今まで気がつかなかったのか不思議なくらいです。



日本のママチャリは出来ないようになっているのですが、スポーツパイクやシティサイクルは、クイックリリースと言って、前後輪を簡単に取り外すことが出来ます。この仕組みによって、タイヤやチューブの交換も簡単になり、パンク修理やメンテナンスがラクになります。

このクイックリリース機構を利用して、前輪を外し、そっくり“The LIFT”と入れ替えることでカーゴバイクになります。同じタイプのカーゴバイクと見分けがつかないくらい自然な形です。荷台部分も、専用のカーゴバイクと変わりませんし、これは便利に使えそうです。

The LIFT

必要な時にカーゴバイクとして使い、不要な時には戻すことが出来ます。その切り替えも簡単です。荷物を積むと総重量も増えますので、安心して止まれるようディスクブレーキもついています。安定して駐輪できるよう、幅広のセンタースタンドも装備しています。

当然ながら全長は大幅に伸びますが、ハンドルをきることで、同じように前輪が動くので、それほど違和感なく乗れるでしょう。外した状態ならば、立てかけるなどして収納することも可能ですので、収納場所を自転車2台分用意する必要もありません。

The LIFTThe LIFT

値段も899ドルとリーズナブルです。日本の格安ママチャリが普通だと思っている人には高く感じると思いますが、欧米で普通のカーゴバイクを購入するのと比べたら、おそらく半額以下の値段になるはずです。2台目として買うことを考えれば、かなりお得と言えるでしょう。

ご多分にもれず、現在クラウドファンディングサイトで資金調達中です。しかし、早々に目標額をクリアしており、このアイディアを高く評価している人が多いことがわかります。少なくとも、現在カーゴバイクが走っているような街なら、相応のニーズがありそうです。



毎日、子供の送迎で使うような人ならともかく、積む荷物がない時には、やはり荷台は邪魔です。この“The LIFT”なら簡単に着脱できます。子供を乗せる期間だけ使うようなことも考えられるでしょう。これは、一台あると便利です。市販されるようになったら、意外に売れるかも知れません。

日本では、欧米諸国などと違って、自転車の歩道走行が常態化しているという特殊な事情もあって、ほとんどカーゴバイクは普及していません。カーゴバイクは日本の法令上、歩道を走行できません。そのため、使い勝手が悪いということもあるのでしょう。

The LIFT

ただ、使う場所によっては、カーゴバイクでも問題ないという人も少なくないと思います。例えば、子供の送迎や買物に使う場合などに、自宅との間で歩道を通らなくて済むような場所ならば、カーゴバイクという選択肢が十分考えられる人もいるに違いありません。

別途カーゴバイクを買うとなるとハードルは高いですが、この“The LIFT”のようなスタイルならば、さらに検討の余地が広がるはずです。欧米のように、荷物を運ぶにも、なるべく自転車を使おうと考える人が少ないので、ニーズは大きくないかも知れませんが、日本でも、これなら使いやすいのではないでしょぅか。

The LIFT

スーパーでのまとめ買いも可能ですし、重い米の袋とか飲料もケースごと運べます。ホームセンターで買うような大きな製品でも持って帰れます。子供も安定して運べますし、商店の小口の配送などにも使えるでしょう。今まで、軽トラックなどを使っていたケースを代替する可能性があります。

今まで自転車を使っていなかった用途、例えば、家庭菜園に農器具や肥料等を運んだり、収穫物を持って帰ったりするのに使えるようになります。年老いたペットを乗せて散歩に連れて行くのにも使えるでしょう。自転車の用途が大きく広がる可能性があります。

The LIFT

この、“The LIFT”のようなパーツが日本でも売られるようになったら、あるいはレンタルで貸し出されるようになったら、使いたい、使ってみたいという人は少なくないのではないでしょうか。まだ日本では、ピンとこない人も多いと思いますが、自転車の活用をさらに広げる可能性を秘めた製品と言えるのかも知れません。




フランス・ニースでまたテロが起きてしまいました。必ずしも重武装でなく単独ても可能な手口の伝播が心配です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52077854
この記事へのコメント
これは良いアイデアだとは思いますが、フロントブレーキレバーが課題に思えます。
Posted by ナゴーヤ at July 17, 2016 06:28
ナゴーヤさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
現物を見たわけではないのでわかりませんが、レバーが問題になるでしょうか。
Posted by cycleroad at July 18, 2016 20:39
ワイヤーをジョイントする器具を使って切り替えているようなので、レバー比の合ったブレーキを備える必要が有りそうです。
引き率の変換アダプタが有ればそれは解決出来そうですが、油圧は厳しいかも。
Posted by ナゴーヤ at July 20, 2016 05:56
ナゴーヤさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
たしかに、細かい部分には、まだ課題があるのかも知れませんね。
Posted by cycleroad at July 21, 2016 23:28
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)