January 17, 2017

地域完結型が機能する可能性

生活する上で避けられないものがあります。


それはゴミの発生です。生活していく上で、食料や日用品などを消費すれば、どうしてもゴミが発生します。住んでいる自治体によってルールは違いますが、ゴミの種類によって分別し、曜日ごとに分けるなどしてゴミを出しているという人が多いと思います。

なかにはルールを守らない人がいて問題になることもありますが、多くの人は市民の義務としてゴミを分別してリサイクルに協力しているでしょう。しかし、それが実際にどのように処理されているか、どのくらいのコストがかかっているのか、わかっている人は少ないはずです。

わざわざ住民に分別させているのにリサイクルせず、まとめて焼却処分をしていることが明るみに出て問題になった事例もありました。現実問題として、リサイクルするほうが、焼却処分をするより、はるかに費用がかかる事例があることが指摘されています。

今どき、自治体が分別せずに全て燃やしていたら、環境負荷の観点から、何を言われるかわかりません。イヤでもリサイクルに取り組まざるを得ません。そして、一度分別を始めたのに、途中でやめたというケースは、ほとんど聞いたことがありません。例え、採算が合わなくなったとしてもです。

再利用する資源にも流通市場があって、ものによっては海外に輸出されます。当然ながら市況によって価格も変わります。当初は採算があっていたものでも、集めれば集めるほど赤字ということも十分ありえるわけです。しかし、だからと言って、分別をやめたりルールを変更するのは容易ではありません。

Compost Pedallers

すでに、回収する仕組みが出来ており、いわゆる利権構造も確立しています。一旦既得権益となった事業が廃止されないよう、政治的に相当な圧力がかかるのも容易に想像がつきます。役所にしても、行政の無謬性ということがあって、リサイクルを簡単に廃止するわけにもいきません。

どこの役所も縦割り組織で、各部署間の予算獲得競争があります。一旦、リサイクルのために獲得した予算を、自ら事業を廃止して手放すはずがありません。関係団体や委託先のへの天下りや、各種の利権が発生する権益構造を壊そうとする役人など、いるはずがないのです。

リサイクルも含めたゴミの処分には、当然ですが私たちの税金が使われ、ゴミ処理場や清掃工場の建設から、回収の費用まで、相当のコストがかかっています。しかし、通常はいちいちゴミ収集に対して、料金を支払っているわけではないので、そうした事実に目を向ける住民も滅多にいないのが現状です。

かくして、リサイクルの仕組みが、必ずしも有効でないのに放置されている可能性があるわけです。無駄な費用を使い、かえって環境負荷を高めたり、エネルギーを余計に使ったりしています。分別し分けて収集する仕組みが、大きなコスト要因になっているとの指摘もあります。

住民は、意味のない分別、諸外国と比べてダントツに多い種類に分別させられ、無駄な費用を作り出している可能性があるわけです。一部の事業者、天下りする役人、議員など利権構造を構成する人々のために、無駄な労力や無駄な費用を払わされている可能性があります。

ゴミの処理や、リサイクルは複雑な問題を包含しており、簡単に解決できる問題ではありません。環境負荷を考える一方、例えば、使い捨ての容器による利便性を手放したくないのも本音でしょう。本当に意味のあるリサイクルや再利用が行われているか疑問でも、社会の仕組みを変えるのは簡単ではありません。

Compost PedallersCompost Pedallers

Compost PedallersCompost Pedallers

ならば、自分たちに出来る部分からやろうと考える人たちがいます。アメリカ・テキサス州はオースティンという街で活動している、“Compost Pedallers”の人たちです。彼らは荷物運搬用の自転車、カーゴバイクで、地域の家庭やレストラン、事業所などを回り、食べ物から出るゴミ、いわゆる生ゴミを回収しています。

集めた食品などの廃棄物は、地域の農場、市民農園、一部の学校などに搬入し、コンポスト、堆肥にします。コンポストは、有機野菜などを栽培するために利用します。生ゴミを回収して利用することで、ゴミの排出量を減らし、有効に活用するわけです。地域の狭い範囲で資源を循環させる仕組みになっています。

Compost PedallersCompost Pedallers

Compost PedallersCompost Pedallers

自転車だと、たいして運べないようにも思えますが、実はカーゴバイクで360キロくらいのコンポストを運ぶことが出来ます。限られた地域の区割りされた範囲を集めるので、自転車でも充分です。自転車ならば燃料費もかかりませんし、車両代、保険、その他経費を考えると大幅に安く運べます。

もちろん、収集・運搬において、排気ガスも出さないのでクリーンでエコです。このリサイクルシステムにふさわしい運搬方法です。オースティンでは、現在7人のサイクリストが、この収集・運搬に携わっています。そして、今後も規模を拡大したいと考えています。

Compost PedallersCompost Pedallers

家庭やレストラン、事業所などから出る不要な生ゴミを、価値のある堆肥に変えます。地域の農場、農園は、肥料の経費を安く抑えられるので歓迎されています。また、これによって、地域から出るゴミの減量化になり、焼却費用や、灰の埋め立て地の容量の節約になり、そのぶん自治体の経費の節減になっています。

計算上、多大な量のメタンの発生を減らしたことになると言います。そのぶん温暖化ガスの削減に貢献したことにもなります。さらに、生ゴミは水分を含むぶん燃えにくいので、コンポストにしなかった場合に、焼却処分のために使われたであろうエネルギー、燃料費を減らした効果も大きいと言います。





このサービスを利用するには、月に、19.75ドルの費用がかかります。しかし、一方で、このサービスを利用した人に対して、地域のレストランや事業所で使えるポイントを付与するなど、積極的に分別回収に貢献した人に還元する仕組みも構築しています。

地域によっても違いますが、アメリカでは、ゴミ収集が有料になっています。出すゴミ箱の量によっても料金が変わってきます。生ゴミを減らせば、ゴミ収集に出すゴミの減量化になって料金節約になります。だから、このようなサービスが成り立つのだと思いますが、地域住民の意識が高いのも間違いないでしょう。

Compost PedallersCompost Pedallers

Compost PedallersCompost Pedallers

一般のごみと一緒に出して焼却するより、確実にエコであり、CO2の10倍も温暖化効果の高い、メタンガスの発生を減らすなどの効果も確実に見込めます。一般ゴミの減量により収集費を低減し、堆肥としてリサイクルされて、農家にもプラスになるのですから、皆がハッピーです。

日本では、ゴミ収集料金が税金としてまとめて徴収されるため、このような仕組みは金銭的なメリットが明確になりません。そのまま見習うのは難しいでしょう。ただ、もし行政も含めて、生ゴミ再利用の仕組みが確立されるならば、そのメリットは小さくないでしょう。

Compost Pedallers

なにしろ日本の食品ロス、生ゴミの量は膨大な量と言われています。まず食品の廃棄を減らすことも重要ですが、生ゴミの再利用は、社会的、財政的、環境的にも大きなメリットが得られる可能性は高いと思われます。リサイクルの一部でしかありませんが、考えてみる価値はあると思います。

日本の国土の4分の3は山地で、限られた平野に集まるようにして人が住んでいます。農地も同じ平野にあります。例外もありますが、多くの地域で、住宅や事業所と農地の距離は、それほど遠くありません。その点でも、生ゴミを堆肥として利用するための、地域完結型の収集・利用は十分に成り立つ可能性があるでしょう。



地域単位の、規模の小さな取り組みですが、ゴミ問題、食糧問題、環境の問題につながっていきます。“Compost Pedallers”は、他の地域にも、この仕組みを広げていこうとしています。日本で、そのまま取り入れるのは難しいかも知れません。ただ、私たちも、ゴミの問題に目を向け、考えてみるべきではないでしょうか。




豊洲市場で基準を大幅に超える有害物質が、なぜ今回だけ突然高濃度になったのか、深い闇がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52093516
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)