January 23, 2017

自転車用品を変えていくもの

スマホが生活を変えています。


スマートフォンによって、屋外や移動中でもネットに接続して、欲しい情報を得ることが出来て便利になりました。もちろん、スマホ以前にもモバイル機器はありましたし、以前の携帯電話でもネットに接続することは出来ました。ただ、スマホの普及で、屋外でのネット利用が便利になったのは確かでしょう。

これまでも、携帯電話で音声やメールを使って、出先でもコミュニケーションをとることは出来ました。それが、スマホではSNSを使うのも容易になりました。ラインなどのチャットを使ったり、ツィッターやインスタグラムなどを使って大勢の人に同時に発信することも可能になりました。

以前からデジタルカメラはありましたが、スマホのカメラ機能を使うことで、リアルタイムに画像や動画をSNSにアップすることも日常になっています。口コミが言葉だけにとどまらず、視覚情報を伴うようになりました。スマホの普及で、現場にいなければ見られない事件の映像などを目にすることも増えています。

スマートフォンスマホ

ほかにも、スマホが携帯音楽プレーヤーになったり、ゲーム端末になったり、ナビゲーション機器になったりと、さまざまな機能を一台で代替するようになりました。アプリでいろいろな機能を使ったり、機器を制御、操作できたりします。たくさんの機器を持ち歩く必要がなくなっただけでも、その恩恵は大きいと言えるでしょう。

一見、あまり関わりのないように見える、自転車の世界にもスマホの影響は押し寄せています。これまでにも、いろいろ取り上げてきましたが、新しく提案される自転車用品は、必ずと言ってよいほど、スマホと連動したり、スマホで制御、操作するようになってきました。

これまで、電力を使わなかった自転車用品にまで、電子化、ネット接続化の波は押し寄せています。例えば、U字錠などの盗難防止用ロックです。これまでは、頑丈な金属で出来ていさえすれば、十分に役割を果たす製品でした。本体と鍵があれば、必ずしも電池を必要としませんでした。

Lattis EllipseLattis Ellipse

Lattis Ellipse”は、スマートロックと呼ぶべき製品です。手元のスマホとブルートゥースで接続し、持ち主が一定距離に近づくと自動で開錠します。クルマのキーレスエントリー、スマートエントリーのような機能です。暗がりで鍵穴を探したり、カギの方向が合わなくて手間取るようなことはありません。

加速度センサーと、WiFi接続機能を内蔵しており、異常を検知すると即座にスマホに送信してくれます。単なるU字錠ではなく、セキュリティーシステムです。犯人にしても、すぐ持ち主が戻ってくるかも知れないのは脅威でしょう。隠しタッチパッドやデュアルロック機構も備え、当然ながら頑丈な金属で出来ています。

Lattis EllipseLattis Ellipse

さらに、ロック中でなく、走行中にも動作します。事故などに遭い、大きな衝撃が加わった時には、救急通報や、あらかじめ登録しておいた連絡先に送信する機能もあります。ソーラーパネルが搭載されていて、自動で充電してくれるのも便利です。大きな使用電力ではないので十分でしょう。

また、複数の人と自転車を共有する機能もあります。今までのU字ロックだと、家族などが合い鍵を持っている時しか共有出来ませんでした。これなら電子的なキーをアプリを通じて共有できます。例えば友達などに、急に自転車を貸すようなことも、離れた場所から可能になるわけです。

Lattis Ellipse



物理的な壊されにくさが同じだとするならば、モーションセンサーや通報機能などがあるぶん、盗難されにくくなる効果が期待できます。遠隔地からキーを送信して、人に貸せるのも、スマートロックならではの機能です。何かの理由で、誰かに代わりに自転車を取りに行ってもらう時など、案外便利かも知れません。

こちら、“Deeper Lock”は、世界最大の家電見本市、CES・2017で正式発表されました。つまり、金属製品ではなく電化製品、あるいは電子デバイスという位置付けです。こちらはU字錠ではなく、いわゆる馬蹄錠ですが、施錠、開錠はスマホで電子的に行います。従来型のカギはありません。

Deeper LockDeeper Lock

ただの馬蹄錠ではなく、高感度のモーションセンサーが搭載されており、異常を検知すると、やはり手元のスマホに警告を送信してくれます。さらに、110デシベルという大音量のアラームを鳴らして周囲に知らせます。犯人を驚かせ、自転車盗を防ぐ効果が期待できます。

さらに、GPSが搭載されており、手元のスマホから追跡することも出来ます。馬蹄錠単独では、自転車ごと運ばれてしまえば盗難は防げません。しかし、自転車ごと動かそうとすれば、大音量のアラームと持ち主への通報で対処し、GPSや強化された金属も含め、馬蹄錠のセキュリティをアップさせているわけです。

Deeper Lock



生活全般で、スマホと連動するものが増えてきています。自転車用品もスマホ連動のほうが便利で優れているならば、連動させる流れになっていくのは当然でしょう。IoTと言われ、モノが何でもネットに接続していく時代、逆にU字錠などのロックが接続されないほうが不自然です。

プロの自転車泥棒の手にかかれば、ロックも破壊されてしまいます。しかし、ワイヤーロックを切断するのが一瞬なのに比べ、U字錠のほうが時間がかかると言われています。スマートロックであれば、近くにいれば、すぐに駆け付けることも可能です。相対的に防犯効果は高まるに違いありません。

同じロックをするなら、より防犯効果の高いほうがいいと考える人は多いでしょう。今後、少なくともU字錠がスマートロックになっていくのは必然なのかも知れません。このことが、どれほど自転車生活を変えるかはともかく、自転車用品もスマホ連動になっていくのは間違いなさそうです。




稀勢の里が初優勝、白鵬も下し横綱昇進はほぼ確実でしょう。次世代の力士が伸びてきているのも楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52093984
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)