March 12, 2017

背中のポケットはいつも満杯

出かける時に携行するものがあります。


近所を散歩するくらいなら手ぶらでもいいですが、出かける場所や目的によって、何かしら持って行く必要のあるものが出てきます。もちろん、通勤や通学の時の持ち物と、買い物に行くとき、どこかへ遊びに行く時とでは持ち物も変わってくるでしょう。

歩いて出かける時、電車やクルマ、そして自転車で出かける時と、移動方法によっても変わってくるかも知れません。徒歩で、あまり重い荷物、大きい荷物を持って行くのは大変ですし、自転車に乗るときも、なるべく余計な荷物は持たず、軽くしたいと考えるでしょう。

サイクリングバッグメッセンジャーバッグ

走る距離や目的、行程などによっても変わってくると思いますが、自転車で出かける時の持ち物にもいろいろあります。現金やカギなど身の回りの物、スマホ、サングラス、レインウェアや防寒具、ライトやテールライト、工具やパンク修理キット、携帯ポンプ、飲料、行動食、ちょっと考えただけで多岐にわたります。

電車やクルマで出かけるなら、全部バッグに放り込んで持って行けば済む話かも知れません。多少余計なものが入っていても問題にならず、傘などは、雨が降る確率が低くても入れっぱなしだったりするかも知れません。しかし自転車、特にスポーツバイクで出かける場合は、極力減らしたいと考えるのが一般的でしょう。

大容量サドルバック自転車用バッグ

いろいろな携行品のうち、何をどのようにして運ぶかが問題です。バックパックやメッセンジャーバッグを使う人は多いでしょう。なるべく携行する品を少なくして、出来ればジャージの背中のポケットだけで済ませたいと考える人もあると思います。

重量だけでなく、バックパックやメッセンジャーバッグだと、汗をかいて背中が蒸れて不快ということもあります。一方でジャージのポケットだけでは、持っていける量が限られます。いろいろ工夫をしたり、携行方法を考えている人も多いのではないかと思います。

腰に巻くウェストバッグ等を使う人もあるでしょう。自転車に取り付けるサドルバッグという手もあります。ただ、それだとジャージのポケットと違って、走行中には取り出しにくくて不便ということもあります。何をどう持って行くか、自転車で出かける時の悩みどころと言えるかも知れません。

SuperBandSuperBand

SuperBandSuperBand

そんな「携行品のソリューション」をうたう製品があります。その名も“SuperBand”です。自転車に携行品を取り付けられる、汎用性の高い取り付け具です。基本的にゴムバンドを使って取り付けます。ネーミングはベタですが(笑)、スーパー多用途なバンドです。

これならば、自転車のフレームやハンドル回りなどに、いろいろな携行品をマウント出来ます。スマホやライト、ジャケットやサングラス、携帯ポンプからブルートゥースのスピーカーまで、通常自転車で持って行くようなものは、ほぼ取り付けられるでしょう。

SuperBandSuperBand

SuperBandSuperBand

これは、ジャージのポケットに入りきらない場合に便利です。取り付けておけば、走行中や一時停止している時に、素早く確認したり、取り外して使うことも出来ます。簡単な仕組みですが、なるほどこれは、サイクリストの痒いところに手が届く製品と言えるかも知れません。

ただ単に、太い輪ゴムやゴムバンドなどを使えば出来そうなものですが、やってみると、意外に上手くいきません。ジャケットや衣類のようなものなら大丈夫かも知れませんが、形が柔軟に変形しないようなもの、硬いものだと、安定した形で固定するのは難しいと思います。

SuperBandSuperBand

SuperBandSuperBand

フレームやハンドルなど、筒状で曲面になっていますから、ゴムバンドで止めようとしても、回転してしまったり、滑って移動したり、落下してしまったりします。グルグル巻きにすれば可能かも知れませんが、それでは取り外すのに不便です。運ぶだけならともかく、ものによっては不便でしょう。

この“SuperBand”は、まずベースとなる部分をゴムバンドかジョイントパーツでとめます。そのベースにゴムバンドを使って、いろいろなものをマウントするわけです。これなら安定してしっかり固定できます。なるほど簡単な仕組みですが、たしかに便利かも知れません。

SuperBand

ライトやサイコン等、専用のマウント器具が用意されているものもありますが、これならば、専用の器具がないものでもフレームやハンドル回りなどに固定出来ます。スマホを買い替えても、いちいちマウント器具を買い替える必要はありません。すこしの間、行動食をはさんでおいたりも出来ます。

バックパックのショルダーベルトや、メッセンジャーバッグの肩ひも部分などに取り付けられ、そこにライトやスマホを取り付けるような使い方も出来ます。ゴルフカートとか、子どもを乗せるバギーなどのハンドルや持ち手に取り付けて使うことも可能です。

SuperBandSuperBand

SuperBandSuperBand

取り付けるチューブに直交するような形で、ネジで取り付ける金具や、ボトルなどを安定して取り付けられるジョイントなども用意されています。これは、工夫次第でさまざまなものを、好きな場所に取り付けることが出来、かなり広範囲にも使えそうです。

この“SuperBand”のベース自体、簡単に取り外しが出来ます。少しの間だけ、例えばスマホをハンドル回りなどに取り付けて、確認しながら走行したりするにも便利です。常にこの“SuperBand”のベースを取り付けておく必要はなく、コンパクトに収納できて邪魔になりません。



この“SuperBand”、例によってネットで資金調達を試み、あっという間に予定の5倍以上の資金を集めました。これは便利と思った人が多かったのでしょう。自転車に乗るとき、ジャージのポケットが満杯になってしまう人も多いと思います。ちょっとした工夫で、ツーリングが快適になるかも知れません。




韓国史上初の大統領罷免、正男氏殺害にミサイル発射、THAADの配備、米中の対応など今後が懸念されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

人気blogランキング(自転車)へ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


ギャザリーギャザリーギャザリー
(上左)自転車に乗るのが楽しくなるアイテム、スポーツバイクの魅力を演出するグッズ。
(上中)なぜ今、自転車が注目されているのか、スポーツバイクはどこが違うのか?
(上右)スポーツバイクに乗り始めると困る置き場所、自転車の室内保管のアイディア












この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52097965
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)