June 13, 2017

使用されなければ意味がない

自転車用品のニーズは増えています。


世界の都市で自転車を活用しようというトレンドが広がり、乗る人が増えています。それに伴い自転車や自転車用品のニーズも高まるわけですが、全てがそうとは限りません。例えばヘルメットは、国や地域によって着用が義務付けられているところがある一方、かぶることが一般的でないところもあります。

法令で義務付けられていないのならば、使うか否かは当人の自由です。ただ、思わぬ事故が起きる可能性があるのは間違いありません。仮に低速だったとしても、はずみで頭部を打ちつけたことで、重篤な怪我につながることもあります。それを思えば、着用したほうがベターとは言えるでしょう。

それは自明であるにもかかわらず、ヘルメットを着用しない理由はいろいろあります。頭が蒸れる、格好が悪い、似合わない、荷物になる、髪型が乱れる、特に必要と思わない、といったところでしょうか。もちろん、周囲の人がかぶっていないので、あまり考えたことがない人もあるかも知れません。

EVANカスク

かぶりたくない人がいる一方で、かぶった方がいいとは思うけれど、いろいろな理由でためらっているという人もあるのではないでしょうか。そこで、ヘルメットをかぶりたくない理由をクリア出来れば、潜在的なニーズを掘り起こせるのではないかと考える人たちがいます。

ヘルメットが荷物になるというのも大きな理由でしょう。蒸れるので、自転車を降りてもそのままかぶっている人は少ないと思います。自転車を降りた後、ヘルメットが邪魔になるという人は多いでしょう。普通の帽子と違い、かさばるのでカバンに入らないなど、持ち歩くのには不便です。

そこでヘルメットを折りたためるようにしようと考えるのは、自然な成り行きと言えそうです。ヘルメットを折りたたんでコンパクトにすれば、カバンなどにも入りますし、かさばらず、持ち運びやすくなります。カバンにいれておけるなら、使ってもいいと考える人は少なくないかも知れません。

Michael RoseMichael Rose

こちらは、素材と折りたたみ方を工夫することで、ヘルメットを左右から圧縮できる形にしています。これによって、たたむと本くらいのサイズになるので、カバンに入れて運べるようになります。たたんだ時にストラップを使って、固定しておけるようになっています。

FEND

FEND

前方から見て、扇状にたたむスタイルを考える人もいます。見た目も従来型とあまり変わりません。折りたたみにしたからと言って、強度が弱くなるのでは困りますが、こちらは安全基準も上回り、ヘルメット本来の機能も満足する仕様となっています。

HeadkayseHeadkayse

こちらは左右から押しつぶすような形でコンパクトにすることが出来ます。しかも、つぶした時には幅5センチになるというコンパクトさです。これならばカバンに入れるのにも便利でしょう。やはり一方で、強度にも配慮し、着用感も快適になるよう工夫されています。

CARRERA

自転車用ヘルメットは、通常のものでも、蒸れを防止するため穴やスリットなどが入っています。この特徴を使って、コンパクトにしようという考え方はオーソドックスと言えるでしょう。すでに大手のメーカーで折りたたみヘルメットをラインナップするところもあります。

CloscaClosca

CloscaClosca

こちらは、左右からではなく、上下方向からつぶす形です。この方法で高さを圧縮する形でコンパクトにし、カバンなどに入れやすくしています。仕組み的に強度が気になりますが、北米やヨーロッパ、アジアの主要な国の安全基準を満たしています。折りたたむ時の可変部分がスリットとなるので、通気性にも配慮されています。

自転車にスポーツとして乗る人だけでなく、日常生活の中で自転車に乗る人が増えています。つまり、自転車用のサイクルジャージではなく、普段着で乗る人も多いわけです。スーツ姿で通勤に使う人もあれば、何かの用事で、ちょっとよそ行きの格好で乗る人もあるに違いありません。

ヘルメットをかぶらない理由として、似合わないことを挙げる人もあります。個人的に似合うかどうかは別として、従来型のスポーティーなものだと、普段着やスーツ、よそ行きの服装とはマッチしません。かなり違和感を感じる人が多いでしょう。これもヘルメットが敬遠される理由です。

自転車は、さまざまな場面、さまざまなファッションで乗るのに、ヘルメットはスポーツ用の定番のものがほとんどです。ファッション的に、これではかぶれないと言う人がいるのも間違いないでしょう。もっとヘルメットにもバラエティーが必要だと考える人は少なくないようです。

Closca

CLOSCA

こちらは、前述の上下方向に折りたためるヘルメットに、ファブリックなどを被せて、普通の帽子のように見えるようにしています。これならば、サイクルジャージ以外の服装をしている場合でも、違和感なくかぶれます。オシャレですし、これなら使えると感じる人も多いのではないでしょうか。

SAWAKO UK
SAWAKO UK

SAWAKO UKSAWAKO UK

従来型のヘルメットを、一般の服装とマッチするよう、例えばバッグや靴などと同じようにデザインしようと考えるブランドもあります。こちらは、古河佐和子さんというデザイナーによるイギリスのブランド、“SAWAKO”です。ワニ皮とか、ヒョウ柄など、ファッショナブルなヘルメットがラインナップされています。

Pulp HelmetPulp Helmet

なかには、シトラスフルーツのように見えるヘルメットがあってもいいでしょう。個性を強調したい人もいるはずです。このヘルメットは、個性的ということもありますが、実はパルプ素材で出来ています。樹脂製と違って安価に提供できるため、自転車シェア用などに使うことも考えられます。軽いのも特徴です。

TWO WHEEL COOL

こちらのグッズは、ヘルメットの中に入れて使います。これによって風が通りやすくなり、内部を涼しく保ちます。また、髪がつぶれて乱れた髪型になるのも防ぎます。地味なグッズですが、ヘルメットの蒸れる、髪型が乱れるといった不満に応える製品と言えるでしょう。

こうして見てくると、ヘルメットの進化は性能や付加機能面にとどまりません。折りたためて運びやすくしたり、ファッション性を高めたり、髪型が乱れないようにするなどの進化も考えられます。まず使ってもらわなければ、ヘルメットも意味がないわけで、こうした方向も必要な進化と言えそうです。




豊洲市場の問題に小池都知事が近々決断を下すとの報道、憶測も飛び交っていますが、どうなるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。













この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cycleroad/52105340
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)