July 04, 2017

現代のクルマに補うべき機能

日本には8千万台のクルマがあります。


これはバスやトラックなども含めた数字ですが、膨大な数のクルマが走っていることになります。移動や物流から、救急や消防、ゴミ収集に至るまで、我々の生活に欠くべからざる存在です。しかし、一方で事故を発生させ、多くの死傷者を出すという負の面があるのも事実です。

私は自転車だけでなく、クルマも所有しており日常的に運転しています。サイクリストとしてだけでなく、ドライバーの立場としてもクルマを見ているわけですが、なるべく客観的に見ても、クルマのメーカーの姿勢に疑問を感じることがあります。

メーカーは企業として、一台でも多くのクルマを売ろうとするのは当然です。そのために、ドライバーにとって良いクルマをつくろうと努力しています。しかしながら、必ずしも安全性やドライバーの利益を優先するのではなく、売ることが優先されている面はないでしょうか。

例えば、最近はデザインを優先して、窓ガラスの大きさが小さくなる傾向にあると聞きます。流行もあるのでしょうが、窓を小さくして流れるようなデザインのほうが売れるのでしょう。しかし、それはドライバーの死角を増やし、安全面では逆行することになります。

Smart BellSmart Bell

多少、左後方や右後方、側方などが見えにくなっても、販売が優先との判断なのでしょう。目視ではなく、センサーやカメラを搭載する方向なのかも知れません。窓を大きくして周囲の見通しを良くしたほうが事故防止になると思いますが、安全性より販売面を優先したデザインのようです。

海外では、国や地域によって義務付ける動きもあるそうですが、日本では、酒気帯び運転防止装置を搭載するという話は聞きません。酒気帯び運転をさせないのは、ドライバーのため、社会のためになると思いますが、オプションであっても用意されません。技術的には可能なのに残念なことです。

GPSなどの技術を使えば、住宅地の抜け道や、通学時間帯の通学路、歩行者の多い狭い道路などで、出せるスピードを制限させるような仕組みも可能なはずです。そんな場所でスピードを出すのは、住民はもちろん、結局はドライバーのためにもなりません。しかし、そのような装置は開発されません。

最近は、センサーによって歩行者や自転車を感知する装置を装備しているメーカーもあります。ドライバーの能力を補助する意味で有効かも知れません。しかし、わざわざまだ誤認・誤作動の可能性もあるセンサーを搭載し、車両価格を上げる前に、もっと出来ることがあるのではないでしょうか。

Smart BellSmart Bell

例えば、周囲の状況に、ドライバー自身がもっと耳を傾けるという基本姿勢に戻ってもいいはずです。そのことを指摘している企業があります。世界的に展開している保険・金融会社、AXAです。“Smart Bell”という装置を提案しています。これは、自転車のベルの音を、クルマのドライバーまで届けるための仕組みです。

“Radio Data System”というサービスを利用します。残念ながら日本では提供されていないのですが、、FMラジオを使って、選局中の放送局やその放送局で再生中の曲名をラジオに表示させたりすることが出来るサービスです。この仕組みを使った自転車のベルなのです。

自転車に乗っている人が鳴らしたベルの音が、クルマの室内のスピーカーから流れます。自転車に取り付けるベルから、サドルの後ろに取り付けた装置を通して信号が送られ、クルマの室内に届くのです。サドルに取り付ける装置は、後方へ注意を促すランプにもなっています。



近年のクルマは窓を閉めると密閉性が高く、特に中でラジオを聞いていたりすると、周囲の自転車のベルなどは聞こえません。そこで、ラジオを通してベルの音を聞かせることで、自転車の存在に気づかせたり、自転車からの警告や注意喚起に気づくようにするわけです。

自転車のベルは、危険が迫った時にそれを知らせるのが役目です。しかし、自転車同士ならともかく、クルマの車内にいるドライバーには届かないケースも多いでしょう。肝心の時に役割を果たせないことが多いわけで、この解消を狙っているわけです。

警笛や注意喚起だけでなく、サイクリストとドライバーのコミュニケーションにも貢献します。両者の安全で円滑な関係の構築を目指すのが目的と説明しています。簡単な仕組みで、すでにあるラジオのサービスを使うのでコストが低く済むのも利点で、社会的にも意義のある取り組みと言えるでしょう。

Smart BellSmart Bell

ただ、残念ながらこれはAXA保険と広告会社が展開するマーケティングキャンペーンであり、実際に製品化されてはいません。アンケートをとっていますが、今のところ販売の予定はありません。もちろん、ドライバーがラジオをつけていないと意味がないという弱点もあります。

このスマートベル、ドライバーはもっと周囲に耳を傾け、注意することが必要ではないかという問題を提起しています。クルマの中という快適な空間に閉じこもり、音楽を聴いて、安全のために周囲の状況に注意を払うという基本的な姿勢を忘れているドライバーへの問いかけです。

メーカーにとっては、クルマの外からの騒音をシャットアウトし、静粛性を上げ、快適にオーディオを楽しめることは、クルマという商品の魅力の一つ、セールスポイントでしょう。しかし、一方で周囲の必要な音を聞こえなくすることで、危険に気づくのを遅らせ、事故防止を難しくしています。

Smart BellSmart Bell

室内の静粛性を上げたことで、安全性が損なわれる面があるとするならば、それを補うことが必要だと思います。交通事故の防止というドライバーの利益は見えにくい面がありますが、安全面を軽視すべきではありません。技術的、コスト的に可能なことも、多々あるはずです。

スマートベルにしても、ラジオを使っていなくても室内に音が響くようにし、その発信機を無償で自転車メーカー、もしくは利用者に提供することだって可能でしょう。静粛性の向上の一方で、クルマが起こす死傷事故を減らすため、やるべきことがあると、“Smart Bell”はメーカーに暗に問いかけている面もありそうです。

もちろん、営利企業ですから利益も大切です。しかし、売ることを優先し、少しでも高く売るための装備ばかり追求し、死傷事故を減らすという基本的な安全への努力を怠っていると見なされるならば、それはクルマメーカー自らの首を絞めることになるに違いありません。

Smart BellSmart Bell

今後、クルマはエンジンから電動モーターへ、EVにシフトしていくと言います。EVになると、クルマ作りへの参入障壁が一気に下がり、新たに多くのライバルと争うことになると言われています。そして、クルマの自動運転ということになれば、IT企業などとの闘いにもなるとされています。

さらにシェアリングエコノミーが進展し、ライドシェアなどが当たり前になれば、クルマの販売台数は大幅に減ると目されています。いずれにせよ、クルマは大転換の時期に向かっており、メーカーは遠からず大きな転換局面を迎えることになるでしょう。

果たして、この先、クルマメーカーは、ドライバーだけでなく、歩行者やサイクリストも含め、広く社会全般から支持されていくでしょうか。社会的な責任を果たす企業として、その姿勢を認めてもらえるでしょうか。クルマメーカーは、もっと出来ることがあるような気がします。




自民党の歴史的惨敗、森友・加計、稲田発言だけでなく、共謀罪の強行採決など政権の驕りへの反発でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。








この記事へのコメント
私は教習所で自転車教習があれば車と自転車のお互いの立場が
分かって良いんじゃ無いかと思います
Posted by あるふぁ at July 05, 2017 16:58
あるふぁさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
自転車の立場に立ってみるのは重要だと思いますが、そのうち忘れてしまう人が大多数ではないかと思いますね。
Posted by cycleroad at July 06, 2017 22:33
こんにちは、私が普通免許を取った教習所では教習時に自転車についても話が有りましたが、あまり記憶に残らないのかもしれませんね。

さて、本題について
序盤でご指摘の自動車メーカーがデザイン優先で窓を小さくしているとの部分について、私の印象ではニーズに合わせて作り分けているように見えます。
ミニバンや軽自動車では窓を大きく、死角を少なくして"運転しやすさ"をアピールしている物が多く有りますし、デザイン優先の車種では窓を小さくしているものも確かに見られます。
ただ、自動車も好きな者としては、一定以上の安全性が確保されているのであれば商品の多様性は確保してほしいと思います。
本来運転免許の保有者は自動車の特性や危険性を十分理解しているはずなので、死角の特に多い車両(貨物車両等もそうですね)であればそれなりの運転を心がけるべきですし、上に書いた一定の安全性が確保された車両であれば、運用上の責任は運転者が負うべきではないかと思っています。

最後になりましたが、ラジオの電波に乗せて自動車の車内へベルの音を届ける装置、面白い発想ですが、自転車が主に歩道を走っている日本では導入してもあまり活躍出来ないかもしれませんね(^^;
Posted by ta_iso at July 07, 2017 15:31
ta_isoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

もちろん、営利企業の製品ですから、当然オリジナリティも必要ですし、そのデザインコンセプトを必ずしも否定するつもりはありません。ただ、もし仮に、安全性より売ることを優先するような企業体質があったとしたら、いずれ問題に結びつく可能性は高いと思います。

安全性を後回しにするような企業体質は、いつか事故などにつながり、社会的な非難をあびるような事態になることも十分ありえます。実際、過去に社会的に大きな批難の的になったメーカーは、海外も含めていくつもあります。

個人的には、クルマメーカーは、社会的責任を負った企業として、悲惨な事故を減らすため、起きないようにするために、もっと出来ることがあるような気がします。
Posted by cycleroad at July 08, 2017 21:51
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)