June 17, 2018

将来なくなる職業と残る職業

職業は時代によって変わっていきます。


近い将来、人々の職業を大きく変えるであろうと目されているのがAI、人工知能です。近年急速に発達し、身近なところにもAIが使われるようになってきました。AI機能を搭載した家電も出てきましたし、AIスピーカーや家庭用のロボット、スマホのアプリなどにも使われているものがあります。

Google検索にもAIが使われていますし、ゲームにも使われ始めています。将棋や囲碁のAIはプロ棋士を凌駕するレベルです。ビッグデータ解析などビジネスの現場から、防犯カメラの画像認識・解析による犯罪捜査、正確な診断を下すための医療用まで、既に広く使われ始めています。

日本では、労働人口減少で人手不足が顕在化してきました。就職氷河期ならぬ、採用氷河期はこの先も改善が見込めないため、企業は、省力化投資に力を入れています。今ある仕事が急速に進化するAIによって置き換わる事態は、次第に現実となっていくでしょう。

RPA(Robotic Process Automation)などの技術向上も目覚ましく、すでに定型業務などを中心に、機械に置き換わりつつある仕事も増えているようです。今まで、人間しか出来ないと思われていた仕事でも、あっという間にAIに奪われても不思議ではありません。

Project BIke Tech

もちろん、置き換えが難しい職業もあるでしょう。ワールドカップがロボットのチームでは盛り上がりそうにありません。アイドルや歌手、お笑い芸人も人間のほうがいいでしょう。小説や漫画もAIでは面白くなさそうですし、企業の社長も人間であってほしいものです。

最近、巷では何が消えてなくなる職業なのか、残る仕事は何なのかといった予測があふれています。それほど遠い将来の話ではありません。特に人手不足を背景にした日本では、AIの導入が加速し、職業をめぐる状況がガラリと変わる可能性があります。

今働いている人には失業のリスクということになりますが、これから就職を見据える学生たちは、将来どんな職業につくべきか、そのためにどんな勉強をすべきか戸惑うところではないでしょうか。なるべくなら、なくなりそうにない職業につきたいと考えるのは当然でしょう。

今まで人間にしか出来ないと思われていた仕事、経理や人事の仕事とか、ドライバーやオペレーター、アナリストやファンドマネージャー、行政書士や税理士、コンビニ店員やスーパーのレジ係まで代替されると言われています。だとするならば、例えば自転車ショップの仕事なども、将来は無くなってしまいそうに思えます。

Project BIke Tech

クルマが自動運転になり、ライドシェアが当たり前になると言われています。コネクティッドカーで便利になれば、人々は自転車に乗らなくなってしまうのでしょうか。遠い未来のことはわかりませんが、私は自転車自体はなくならないと思います。

これまで、オートバイやクルマが出来ても自転車は残ってきました。例え、自動運転のクルマがライドシェアで利用できたとしても、自転車に乗りたい人はいるはずです。時と場合によって使い分けることになると思います。これまでにように、これからも自転車と他の乗り物の住み分けが出来ていくのではないでしょうか。

Project BIke Tech

ただ、商売をめぐる環境は変化しています。百貨店から総合スーパーへ、スーパーからコンビニ、ドラッグストアへと小売りの主役が変わり、それがネット通販に置き換わろうとしています。自転車も、街の自転車屋さんは減少の一途で、ネットでの取引が増えています。

流通の形は変わるかも知れません。でも、自転車ショップの役割の中に、修理やメンテナンス、整備・調整などがあります。これらは、AIやロボットで代替するのは難しい仕事ではないでしょうか。故障の原因や状態の判断、どのような措置が適切かは、熟練の店員でないと難しい部分があると思います。

Project BIke TechProject BIke Tech

アナログな機械ですし、使用状態も千差万別です。例えば異音の原因など、なかなか突き止めにくいケースもあったりします。部品の馴染みとか、微妙な力のかかり具合、摩耗や経年劣化のバラつきなどもあって、一台一台への対応は、いわば職人的な部分があるでしょう。

通販などの攻勢を受けて、自転車ショップが減少傾向なのはアメリカも同じです。しかし、必ずしも今後も減り続けるとは限りません。気候変動を背景に環境への関心も高まっています。健康増進への寄与もあり、自転車通勤をする人も増えています。確実に自転車、特にメカニックのニーズは増えると考えられています。

Project BIke TechProject BIke Tech

アメリカ労働統計局によれば、自転車のメカニックのニーズは、2026年までに29.3%増加すると予測されています。都市の交通計画の重要な要素として、自転車を重視する都市が増えており、バイクメカニックは大幅に不足すると予測されているのです。実際に、求人のニーズ急拡大に追いつかない状態だと言います。

PBT(Project Bike Tech)は、高校生にバイクメカニックのスキルを教える、就職に向けたトレーニングプログラムを提供しています。複数のカリフォルニア州の学校で運営されるほか、今般コロラド州へも拡大し、さらに全米に展開する計画になっています。すでに自転車業界への就職の実績もあります。

Project BIke TechProject BIke Tech

同じカリフォルニアのシリコンバレーは、言わずと知れたIT技術の最先端の集積地です。IT企業やベンチャーを目指す若者が集まります。一方で、ハイテクとは真逆の方向に見える、自転車のメカニックを目指す若者たちに向けた育成も行われているのです。

これからの産業分野として、AIやITが人気なのは当然でしょうが、自転車のメカニックという、アナログで前時代的とも考えられそうな仕事も学生を惹き付けていると言います。安定した就職が見込め、キャリア形成のチャンスも大きいと目されているのです。



もちろんデスクワーク、ホワイトカラーの仕事のほうが、一般的には人気があるでしょう。しかし、学生の中には、デスクワークが苦手な人だっています。コンピュータに向き合うより、手先が器用で機械いじりのほうが性に合う、楽しいと感じる生徒だっているはずです。

むしろ、人気があるからと言うだけで、やみくもにIT系の仕事を目指すより、自分のやりたいことや、適性を重視するほうが賢明ということもあるでしょう。AIが職業を大きく変えると言われている中で、自転車のメカニックを目指す若者を後押しする場が増やされているわけです。



先のことですから、どんな職業がなくなり、何が残るのかはわかりません。残る職業を目指したいのは当然です。ただ、それに囚われ、大勢が目指す方向を向くのがいいとは限りません。自分の適性や得意なことを優先し、あまり世の中の喧騒に惑わされすぎないことも必要なのかも知れません。




いよいよサッカーW杯が始まりました。日本代表の前評判や盛り上がりはイマイチですが頑張ってほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。








 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)