June 26, 2018

対立の図式で考えるのは不毛

対立する図式で考えられる傾向があります。


クルマと自転車についてです。人によってどちらを選ぶか、どちらか一方の視点に立って語られることが多いように思います。ふだん主にクルマに乗る人はクルマ中心に考えますし、自転車に乗る人は自転車になりがちです。そして、おたがいに対する非難などへ発展しがちです。

日本では、長年の交通行政や道路整備がクルマ優先で来てしまった結果、クルマが一番優先されると勘違いしている人も少なくありません。昔は日本も自転車は車道走行だったのですが、40年以上前に緊急避難的に歩道走行させ、そのままで来てしまったため、道路はクルマ優先のように思われています。

高度経済成長期には、いかにクルマをスムースに走らせるかが最優先課題となり、自転車は歩道に押し込められてしまいました。世界的にも特殊な状況ですが、結果として、自転車が車道走行するなんて邪魔だ、自転車は歩道走行するものだと思っている人が少なくありません。

Share The RoadShare The Road

自転車に乗る人は歩道走行に慣れてしまい、歩行の延長のような感覚で乗る人が多くいます。このため、交通ルールに無頓着で、結果として無法で無秩序な、非難されるべき利用者がいるのは確かでしょう。しかし、クルマだって住宅地の細い道路を抜け道にして猛スピードで通り抜けるような非常識な人もいます。

最近よく話題になる、あおり運転をしたり、スマホを見ながら運転し、歩行者をはねる人もいます。これらは、法治国家において、法を順守・尊重しない人がいるという話であり、クルマが悪い、自転車が悪いという議論ではないはずです。そのへんが一緒になっている部分があります。

心理学的に、クルマに乗ると気が大きくなるものだそうですが、そのためか、法で定められている交通弱者優先、歩行者や自転車に乗る人の安全に配慮しない人も少なくありません。横断歩道で待っている人がいても止まりませんし、自転車に対してクラクションを鳴らし、どけどけと言わんばかりの人もいます。

何ら違法行為や問題のある走行をしていないにもかかわらず、自転車を目の敵のようにして、幅寄せをしたり、進路をブロックしたり、危険な嫌がらせをするような人もいます。これは、どんな人が乗っているかではなく、自転車全般を一緒に考えてしまっているため、そのような行動になるのでしょう。

BMW BICYCLES.BMW BICYCLES.

そのあたりにも、クルマ対自転車の構図、考え方が背景にあるような気がします。私は自転車に乗りますが、クルマも所有しており、日常的に運転します。同じ人がクルマを運転したり、自転車を使ったり、歩行者だったりするわけで、どちらかの立場だけから擁護したり批難したりする話ではないはずです。

自分は乗らなくても家族が自転車に乗る人もあるでしょう。常にクルマ派の立場から考える人もいますが、クルマと自転車と対立させて論じるのではなく、いかに共存していくか、どちらも便利に安全に使えるようにしていくためには、どうするかという視点で考えるべきでしょう。

海外では、少し違うような気がします。日本では、クルマメーカーは当然ながらクルマに関してしか発信しません。しかし、海外のメーカーの場合は、クルマメーカーであっても、自転車について積極的に関与する会社も少なくありません。そのあたりに考え方の違いが出ているように思えます。

Ford GoBikeFord GoBike

例えば、フォードは、“Ford GoBike”という自転車シェアリングを運営しています。それ自体も事業として運営しており、自転車シェアを使う人が増えたら、自社のクルマが売れなくなって不利益とは考えていません。クルマのユーザーと関係ないことだとも考えていないのです。

すなわち、クルマが便利な場合はクルマを使うし、自転車のほうが便利なケースで自転車を選ぶのは当たり前だという立場です。クルマのドライバーだって、自転車に乗り換えて移動したほうが便利なケースはあります。むしろフォード車のユーザーに対してもサービスになるという考え方です。

ReachNowReachNow

BMWは“ReachNow”というカーシェアリングのサービスを展開していますが、カーシェアのクルマを使う人でも、場合によっては自転車も使えたほうが便利なケースもあるでしょう。そういうニーズが増えているのを見て、カーシェアのクルマに自転車用のキャリアを取り付けました。

プジョーは、折りたたみの電動アシスト自転車を自社で開発しています。自社のSUVに搭載してもらうことを想定しています。渋滞する都市部だけでなく、アウトドアのフィールドであっても、自転車に乗り換えられたほうが便利なことはあります。それはユーザーに対する利便性の提供の一部だと考えるわけです。

PEUGEOT CYCLESPEUGEOT CYCLES

BMWも電動アシスト自転車を開発しています。こちらは、クルマに積むタイプではありませんが、クルマのユーザーが、ふだんの生活の中で、クルマと自転車を必要に応じて使い分けることもあるでしょう。自社のファンが自転車もBMWブランドを選んでくれる可能性を排除する必要はありません。

フォードは、積極的にクルマと自転車の事故を減らすことを目指しています。交通事故の減少は自社のクルマのユーザーにとってもメリットです。そこで、サイクリスト用の“SmartJacket”まで開発しています。視認性に配慮したジャケットに、ウィンカーやブレーキランプを内蔵したものです。

CYCLING JACKETCYCLING JACKET

米国トヨタのディーラーも、トヨタブランドの自転車を開発しています。ハイテクを搭載し、世界で最も安全な自転車というコンセプトです。いかに、クルマと自転車の事故を防ぐかという観点で、どのような技術の搭載が有効なのか試行錯誤しています。

こうした事例は、これまでにも取り上げてきましたが、要はクルマメーカーだからと言って、クルマのことだけを考えていればいいというスタンスに立っていないということです。クルマだけでなく自転車にも関与していくのは、おかしなことではありません。



特に欧米では近年、環境に対する意識の高まりから、自転車を活用しようというのは自然な考え方になってきました。クルマのユーザーであっても、自転車が使える場面では活用するのが一般的になってきており、メーカーとしても、それに対応した面もあるのでしょう。

なかには、クルマを売却して自転車だけにする人もいるかも知れません。しかし、それは仕方ないことです。クルマメーカーが阻止しようとしても、世界の趨勢には逆らえません。仮に、そのような態度をとれば、世間からのバッシングを買うだけです。



もちろん、自転車では移動が困難だったり、クルマを使わなければならない場面はたくさんあります。必要に応じて使い分けようという人が増えているならば、クルマメーカーとしてそれに対応するのが当たり前です。自転車そのものを開発したり、使い分けに便利なサービスを提供するのも不思議ではありません。

当然ながら欧米にも、無謀・危険なドライバーはいますし、対立もあります。ただ、全般的には、日本のドライバーより、交通弱者に対する配慮がなされる傾向があると思います。市街地ではスピードを落として、サイクリストの安全に配慮したり、信号のない横断歩道でも必ず停止して、歩行者の横断が終わるまで待ちます。



事故になれば、自らも不利益を被るわけですし、自転車や歩行者の安全に配慮するのは当然です。自分だってクルマを降りて歩いたり、自転車を使ったりすることもあるわけで、相手の立場での感じ方もわかっています。その上で、良識のある人なら、一番の交通強者であるクルマが譲り、配慮するのが当然というスタンスです。

日本でも、いだすらにクルマ対自転車という不毛の対立図式に囚われるのではなく、全ての当事者が安全かつ便利に共存していくことを考えるべきでしょう。日本のクルマメーカーも、自転車にもっと関与してもいいはずです。都市交通全体として、どのような形が最適なのかを考えていくべきではないでしょうか。




セネガルからも勝ち点をあげ、いよいよ期待が高まってきました。是非ポーランドに勝って決めてほしいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。








この記事へのコメント
長い間道路構造、生活環境がクルマ優先になってしまっていたのが原因でしょうね
自転車で車道を走行すると左折レーンに誘導されて直進不能になったり、自転車レーンを走行していても大きな交差点に差し掛かると歩道橋に誘導されて手押しになったりして腹立たしい事が多いです
特に歩道橋での手押しは電動アシスト自転車にはきついだろうと思います
こうしたクルマだけを走り易くした設計が歩行者や自転車に配慮しないドライバーを生み出し、車道から切り離された歩行者や自転車はルールを覚える必要がなくなりルール無視になってしまうんだと思います
Posted by 乗り物大好き at June 29, 2018 10:19
乗り物大好きさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
道路構造、生活環境だけでなく、人々の意識までクルマ優先になってしまっている気がします。自転車で走りにくい構造が多々あるのも間違いないでしょう。
本当は安全を確保するために弱者優先、弱者保護を徹底しなければならないのに、逆の思想で道路整備が進められてきたため、事故の原因となっている部分も大きいと思います。
そのへんの意識転換が必要ではないかと思いますね。
Posted by cycleroad at July 01, 2018 22:41
 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)