October 30, 2018

非日常の空間と未知への挑戦

世界には、いろいろな自転車乗りがいます。


趣味のサイクリストの中には、ロードレースやヒルクライムなどの大会に出たり、何か目標を立ててチャレンジしているという人も多いでしょう。世界を見渡すと、私たちの常識からは考えられないような挑戦をする人もいます。今回は、そんな人を取り上げてみたいと思います。



自転車での最高速へのチャレンジは、絶え間なく続いています。風の抵抗を極力受けないようにすると、信じられないようなスピードが出るものです。その速さ、なんと時速296キロ、今回新記録を樹立したのは、アメリカ人女性、デニス・ミューラーさんです。



フランスの、Eric Barone さんは、雪上でのマウンテンバイクによる滑走での世界記録を打ち立てました。スキーの直滑降でもかなりのスピードが出そうですが、それをマウンテンバイクで滑り降りようというのですから、相当な勇気がいりそうです。



こちらは、BMXによる4回転バックフリップ成功という歴史が作られた瞬間の記録です。凄いワザに挑戦する人がいるものです。失敗すれば大怪我だってありえます。それに、一度成功すればマスターして、もう次からは安定て出来るというものでもなさそうに見えます。



尾根ぞいの設定されたコースなのでしょうが、映像を見ているだけで手に汗を握ってしまいます。荒い呼吸の音もリアリティを増しています。特に最初のほうの、山の上のほうで失敗すれば、崖から落下し、命の保証はないでしょう。すごい挑戦です。



Danny MacAskill さんが、故郷であるスコットランドのスカイ島での挑戦を映像にしています。大自然の中を行くのはカッコいいですが、簡単には真似が出来ないライディングも含まれています。特に頂上に立つところなどは、見ているだけで背筋が寒くなります。



イタリアの、Michael Guerra 選手は、ダウンヒルのコースでは、ペダルをこぐよりも空気抵抗を減らしたほうが早いことを身をもって示しました。たしかに、その通りかも知れませんが、このスピードでこの態勢をとって、もしバランスを崩したらと考えてしまいます。



Tom Bannister さんは、数年前の事故で左腕が麻痺して動かなくなりました。それでも自転車に乗ります。街乗りではありません。MTBでのオフロードです。スピードも出ています。努力して、芸術的なバランス、両手のライダーをも凌ぐほどのスキルを取り戻したのです。



スリルを求めて、アメリカ・ユタ州の、Gooseberry Mesa という山へMTBで登ったのはいいですが、岩の割れ目にひっかかるアクシデントです。撮影者もあわてて駆け寄りましたが、あやうく落下するところでした。笑っていますが、まさに死と隣り合わせのライディングです。



山を超えるより、大幅なショートカットになるのでしょうが、これはいただけません。挑戦というより、悲惨な事故になりかねません。いくらローカル線で、列車の通らない時間を知っていたとしても、臨時列車などもあります。これは、絶対にマネをすべきではありません。



これは挑戦というよりアクシデントですが、山に行けば、こういうこともありえるでしょう。これがもし、上りだったとしたらスピードも出ず、どうなっていたかわかりません。山へ行く時、場所によっては、このような可能性も考えておく必要がありそうです。



こちらも恐ろしい動画です。突然道で出くわしたら、その恐怖は相当なものでしょう。この後、おそらく反転して逃げたのだろうと思いますが、無事帰れたようで何よりです。実際、日本でも襲われて死亡する人は後を絶たないわけで、充分に起こりえることかも知れません。



普通に道路を走っていても、思わぬ攻撃を受けることがあります。こちらは、Magpie というオーストラリアの鳥です。ふだんはかわいらしい鳥だそうですが、子育ての時期などには狂暴になって、人を襲うこともあるそうです。いきなり後ろから攻撃されて、はずみで転倒でもしたらシャレになりません。



もう一つ、オーストラリアと言えば、こちらのほうがメジャーでしょう。現地では、道路に飛び出して来ることは珍しくないのだそうです。体当たりに備えて、クルマにも専用のバンパーを取り付けたりしますが、サイクリストの生身の身体に突撃されたら、相当な衝撃と思われます。

最後は挑戦と言うより、遭遇になってしまいましたが、世界にはいろいろな挑戦や経験をしている人がいるものです。いつも同じでは面白くない、何か新しいことを、と考える気持ちは、わからないではありません。ただ、せめて、どういうリスクがあるのか、よく考えて挑戦したほうがいいと思います。




ドイツのメルケル与党は大敗、ブラジルで極右の新大統領、サウジ情勢など国際情勢は混沌としてきてますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。








 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)