October 22, 2019

備えておいて邪魔にならない

自転車にメンテナンスは欠かせません。


ふだんからメンテナンスをしていれば、多くのトラブルは未然に防げるでしょう。パンクも、きちんと空気圧の管理をしていれば、そうそう起きることではありません。ただ、自転車も機械ですから、不具合が出たり、予期せず何らかのトラブルになることもあります。

不具合とまではいかなくても、走っている時に気づいて、その場で少し調整したい、なんてこともあると思います。しかし、手元に工具がないと、ちょっとした調整でも簡単ではありません。一般的なスポーツバイクの場合、サイフにあるコイン等で代替できるものではありません。

CYCLISTS
ツールボックス

休日にツーリングに行く時なら、携帯用工具と替えチューブ、あるいは簡単なパンク修理キットなどを持って出かけるとしても、ふだん、通勤などの移動や、ちょっとした外出の際には工具を携帯していないこともあるでしょう。どこかで借りられればいいですが、なかなかそうもいきません。

何とかの法則ではありませんが、手元に工具がない時に限って、調整が必要なことが起きたりします。かと言って、いつも工具を持ち歩くというのは現実的でないのも確かでしょう。そんな時に役に立つアイテムがあったら便利だと考える人は少なくないようです。

Westwell Tool BeltsWestwell Tool Belts

Westwell Tool BeltsWestwell Tool Belts

Westwell Tool BeltsWestwell Tool Belts

Westwell Tool BeltsWestwell Tool Belts

いつも身につけているアイテム、ベルトを利用する方法です。もちろん、その時の服装にもよりますし、ベルトを使わないという人もいると思います。ただ、ツーリングに出る時はレーパンでも、普段着や通勤時にベルトをしている人は多いでしょう。

似たことを考える人はいるもので、調べてみると、いくつか工具を組み込んだベルトが見つかります。どれもベルトのバックルに工具が仕込まれています。ベルトのバックルの、穴に通す部分、「つく棒」と言うそうですが、この部分がドライバーになっていたりします。

BitBuckleBitBuckle

ベルトならば、外出時に身につけている可能性は高いですし、とくに違和感もなく、工具を携帯していることを、ほとんど意識しないでしょう。着ている服装にもよりますが、ファッション的にも、それほど問題にならないのではないでしょうか。日本で手に入るものもあります。

バックルの部分が栓抜きになっているものもあります。これは、まだまだビンの飲料が流通している欧米ならではのニーズでしょう。アーレンキーが仕込まれているものは、まさにサイクリスト御用達です。滅多に使わないかも知れませんが、イザという時に助かります。

STRETCH TOOLBELT
STRETCH TOOLBELT

STRETCH TOOLBELT
STRETCH TOOLBELT

STRETCH TOOLBELT
STRETCH TOOLBELT

自転車に乗っている時だけではありません。ふだんの生活の中でも、どこか出先でトラブルに出くわすこともあるでしょう。自転車に乗っている時でなくても、誰かが困っている時、さっとベルトを外し、工具で直してあげたら感謝されるに違いありません。

Albert Einstein,This image is in the public domain.余談ですが、相対性理論のアルベルト・アインシュタイン博士は、ベルトもサスペンダーも使わなかったそうです。そもそも、身なりには一切気を使わない人だったと言います。その理由を聞かれて、『肉を買ったときに包み紙の方が立派だったら侘びしくはないか。』と答えたそうです。天才は普通の人と違うようです。

ベルトやサスペンダーを嫌って使わない理由は、『たしかに便利だが、それに慣れてしまうと、無い時に困る。だったら、最初から使わないほうがいい。』と言ったそうです。着る物に一切無頓着な博士は、ベルトが見つからないことがよくあったのかも知れません。

ちなみに、アインシュタイン博士は、靴下もはかなかったそうです。素足に靴でした。当時の靴下は、今と違ってすぐに破れて面倒なので、最初から履かないという考え方でした。なるほど、論理的、合理的なような気もします。そんな身の回りのことより、宇宙の成り立ちを考えるほうが大事だったのでしょう。

偉大な天才物理学者なら、下手に用意しておくより、無いほうがいいのかも知れませんが、凡人の場合は、『備えあれば患いなし』です。わざわざ備えている感の少ない、こうしたアイテムなら、さらにいいでしょう。ユニークですし、持っていて損はないかも知れません。

普通の人は、まず使うことはないかも知れませんが、サイクリストの場合は、使う場面が来る確率は高いと思います。持っていてよかったとなるケースはありそうです。自転車は、出先で不具合が起きると、けっこう困ることがあります。メンテナンス用に、『転ばぬ先の杖』はあってもいいのかも知れません。




◇ ◇ ◇

日本のラグビーW杯は終わってしまいましたが、いい夢を見せてくれました。日本代表、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加




Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。








 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)