January 08, 2020

機能と価値を理解してもらう

クラウドファンディングが一般的になってきました。


クラウドファンディングサイトは、基本的に個人やスタートアップが事業資金を調達したり、寄付や支援、投資を求めたり、サイトを利用して販売を行ったりする場所です。一方で、クラウドファンディングサイトを見ていると、人々が何に不満や不便、不足、不快、不安を感じているか、よくわかります。

私は自転車や自転車用品などに関して、面白いアイディアやユニークな製品が出ていたりするので、よく見ます。独創的で驚くようなもの、その手があったかと膝を打つようなものもあります。ただ、多くは、ちょっとした不満や不便を解消するための、小さな改良の提案です。

地味でも実用的、あるいは現実的な改良として、よく見かけるのが、ライトやリフレクターなど、夜間の視界の確保や、視認性に関連したグッズです。これまでにも多くのアイディアが登場しており、夜間の視認性について、真剣に考えている人が少なくないことがわかります。

日常では、夜間無灯火の自転車もよく見ますし、ライトはつけたとしても、視認性まで意識している人は多くないでしょう。視認性を高めるグッズを使っていたおかげで事故に遭わなかったとしても、その事実はなかなか実感出来ません。重要性が理解されないのも、仕方のない部分があります。

ただ、クラウドファンディングサイトでは、夜間の視認性の向上は、よく見るテーマです。多くの支持を受け、目標金額を集めているものも多いところを見ても、その必要性を理解していたり、不足によるリスクを切実に感じている人も確実に存在していることがわかります。

FLECTR CLIPFLECTR CLIP

FLECTR CLIPFLECTR CLIP

以前から、このブログでも記事にしてきましたが、最近目についたものをいくつか取り上げてみたいと思います。例えば、こちらのリフレクター、“FLECTR CLIP”です。高輝度で目立つリフレクターを、自転車やバッグ、衣服にクリップ、取り付けるようになっています。

自転車用のものは、サドルの後ろにクリップします。固定するのは上側だけなので、前後に揺れるようになっています。このことで、チカチカと点滅するような形で光るでしょうし、固定するのと比べ、広い角度からのライトの光を反射できるでしょう。

FLECTR CLIPFLECTR CLIP

FLECTR CLIPFLECTR CLIP

ショルダーバッグ、メッセンジャーバッグ、バックパックなどのストラップに通すことで、反射素材を身につけられるようになっているピースもあります。自転車の場合、ウェストバッグ、ヒップバッグといったバッグを使う人も多いでしょうから、それらに取り付けてもいいでしょう。

衣服に取り付けるピースもあります。強力なマグネットを使って、裏と表で挟む形です。これならば、いちいち衣類に縫いつける必要はありません。その時に着ている服に簡単に付け替えることが出来ます。手間もかかりませんし、自転車から降りて徒歩の時にも使えます。



Orb Droid”はライト、前照灯ではなく、前方からの視認性を高めるライトであり、後方からの視認性のためのテールライトです。ただ、ライトは往々にして、それだけ盗まれてしまうことがあります。必要な時に無ければ意味がありませんし、駐輪するたびにライトを外して持ち歩くのも面倒です。

このライトは、特殊なネジを使うことにより、盗難を防ぐ構造になっています。海外では、ハンドルバーごと盗む犯人もいるのでしょう。ステムの部分のネジも特殊なものに換装できるようになっています。これなら、専用工具なしには盗むのは困難です。

Orb DroidOrb Droid

Orb DroidOrb Droid



さらに最近は、側方からの視認性を高める、光るボトルも製品化しようとしています。重大な結果をもたらす事故の1/3は側方からだと言います。前と後ろだけでは不十分、ならばボトルを光らせようというアイディアです。もちろん、ボトルとして飲料を入れておいて飲むことも出来ます。

Orb bike light & bottleOrb bike light & bottle

Orb bike light & bottleOrb bike light & bottle



ShineOn”は、一見して何の変哲もないライト、前照灯のように見えます。最大の特徴は、ライトが後ろ方向も照らすようになっていることです。つまり、乗っている人の身体を照らします。広角の光で、身体全体が闇の中に浮かび上がらせ、前方からの視認性を高めているわけです。

きちんと左側走行している限り、後方の視認性さえ考えておけば十分と考える人もあるでしょう。しかし、狭い道ですれ違うこともあります。交差点で出会い頭に交錯するような時も、前方からの視認性は重要になります。前照灯だけだと、向きによっては見えにくい、目立たない場合もあるため、これは有効に作用しそうです。

ShineOnShineOn

ShineOnShineOn



既存の自転車用品メーカーにしてみれば、夜間の視認性は地味で、大きな売り上げが見込めないため、あまり力が入れられていない部分なのかも知れません。そんな状況や、既存製品に満足していない人たちに応えるためにクラウドファンディングがあり、スタートアップが挑戦する余地があると言えるでしょう。

夜間の視認性は、なかなか重要性が理解されませんが、確実にサイクリストの安全性を高め、実感はわかないとしても死傷事故を回避するという、大きなメリットをもたらします。スタートアップには、既存製品の不満に応えるとともに、広く使ってもらうことを目指してほしいものです。




◇ ◇ ◇

イランが米軍駐留基地にミサイル攻撃しました。双方、戦争は望まないでしょう。何とか回避してほしいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。

にほんブログ村自転車ブログへ
 自転車・サイクリングの人気ブログが見られます。


 

 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)