November 15, 2020

道具の使い易さを広げる道具

あらゆる場面で使われるようになってきました。


スマートフォンです。まだ発売されて十年と少ししか経っていませんが、もはや生活に欠かせない、片時も手放せないという人も多いのではないでしょうか。最近はスマホ決済も普及し始めており、その便利さもあいまって、無いと生活に支障が出るという人もあるでしょう。

出先で調べものをするにも便利ですし、SNSで家族や友人とメッセージをやり取りしたり、空き時間に動画を見たり、ゲームをしたり、写真を撮ってアップしたり、ネット通販で何かを買ったり、不要になった品を売却したりと、さまざまな用途に使われ、文字通り手放せない道具となっています。

スマホホルダー
スマホホルダー


最近はサイクリストの中にも、自転車で出かける時に欠かせないという人があると思います。地図アプリで道順を調べたり、周辺のお店の情報を検索したり、友人と連絡を取ったり、GPSでルートの記録を残したり、沿道の写真を撮ってアップしたり、いろいろな使い方が出てきています。

日本での利用者はまだ少ないと思いますが、最新の自転車アイテム、例えば盗難防止用のセンサーとかアラーム、GPSを使った盗難時の追跡システム、落車時の緊急通報装置、自転車を複数の人で共有できる遠隔ロックといった製品をコントロールするために、スマホアプリを使うのが標準的になっています。

そして、必要な時に取り出して使うのではなく、常時使うようなスタイル、例えばナビゲーションで道案内させたり、走行動画を撮影したり、ドライブレコーダーのような使い方をしたり、現在値をリアルタイムで共有してSNSでつながるようなアプリを使う人もあるでしょう。

そのような時に必要になるのが、自転車用のスマホ・ホルダー、ハンドル回りに固定するためのアタッチメントです。すでに多くの製品が市販されており、使っている方も少なくないと思います。最近は自転車用品の一つとして、さまざまな製品が売られています。

MobileMobile

Mobile

Mobile

こちら、“Mobile by Peak Design”も、スマホ・ホルダーです。しかし、これまでのものとは設計思想が違います。スマホは、自転車に乗っている時だけでなく、生活の中のさまざまなシーンで使われます。そこで、その使い方に応じて、トータルでデザインされているのです。

基本はスリムで安全な磁気ロックシステムが使われています。加えてさまざまなシーンに応じたアタッチメントが用意されます。クルマのダッシュボードに固定する時、写真撮影する時の三脚、デスクにおいて使う時用のスタンド、それぞれに応じたアダプターが容易されています。

MobileMobile

MobileMobile

例えば、レシピを見ながら料理を作るのであれば、キッチンの壁にマウント出来たら便利でしょう。場合によっては身体に身につけておきたいこともあるに違いありません。自転車のハンドルに取り付ける時と、オートバイにマウントする時ではアタッチメントも少し違ってくるはずです。

充電スタンドもありますし、持ちやすいスマホケースとしても使えます。クレジットカードなど、スマホと一緒に常に携行したいものを運べるウォレットもあります。持ち歩いたり手で持って使う時に落下を防ぐストラップも用意されています。

MobileMobile

Mobile

汎用性の高いスマホのアクセサリーであり、トータルなアダプターの選択肢、あるいはスマホを使う上での統合されたシステムと言えるでしょう。個々の機能のものは売られているかも知れませんが、日常的な使い方を網羅するようなアクセサリー、スマホ・ホルダーというのは新しい発想と言えるでしょう。

その中で、自分の使い方に必要なタイプのアタッチメントを選べばいいわけです。自転車のハンドル回りは、特に密集して取り付けの余地の少ない人もあると思いますが、サイクルコンピュータと一緒に取り付けられるアダプターといった特殊なものまであります。なるほど、これは便利そうです。

MobileMobile

MobileMobile

おそらく、自転車に乗らない人にとって、自転車とスマホは結びつかないと思います。スマホを操作しながらママチャリに乗る人は見ますが、わざわざ自転車に取り付けないでしょう。スマホで音楽を聴きながら乗る人もいますが、その場合はポケットなどに入れておけばいいだけです。

そう考えると、この“Mobile by Peak Design”に自転車にマウントするアダプターが用意されているのは、近所へのアシに使う人ではなく、趣味のサイクリスト向けなのでしょう。それだけ自転車に乗る人、自転車に乗りながらスマホを使う人が増えており、そのニーズが意識されているということなのかも知れません。

MobileMobile

MobileMobile

クリエイターである“Peak Design”は、クラウドファンディングでユニークな製品を展開しています。今回の製品も今、資金調達と製品販売を行っていますが、10万ドルの目標は早々にクリアし、まだ33日を残してすでに140万ドルに達しています。多くの人に支持されたのは間違いありません。



ちなみに、スマホをハードに使うようになると、どうしても気になるのがバッテリーの持ちです。予備のモバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いでしょう。スマホにつないだまま持ち歩くことは可能ですが、モバイルバッテリーをつないだまま自転車に取り付けるのは難しいかも知れません。

モバイルバッテリー
モバイルバッテリー


こちら、“Rolla”は、柔軟性のあるポータブルバッテリーパックです。クリエイターの、Alon Hattingh さんは唯一だと主張しています。確かに、箱型でないモバイルバッテリーは見たことがありません。これならば、身体に巻いたり、バックパックに取り付けたり、何ならハンドルに巻いておくことも出来ます。これはこれで便利かも知れません。

RollaRolla

RollaRolla

スマホ以外のモバイル機器を使うことも増えています。より大きな電力を使うもの、ノートパソコンや一眼レフデジタルカメラ、動画カメラや照明パネル、ドローンなども想定しているようです。最近は屋外でのバッテリーの需要も高まっていまし、持ち運びに向くバッテリーのニーズも増えそうです。

いずれにせよ、スマホを自転車に乗りながら使うニーズは、今後も増えていくことになるでしょう。これまでにないアクセサリー、アプリも出て来るに違いありません。もちろん、乗車中の注視は危険ということはあるとしても、自転車に乗る時にも、ますますスマホが使われるようになっていきそうです。




◇ ◇ ◇

ここのところ関東では好天が続き、一時の寒さも和らいでいます。自転車に乗れるチャンスを逃したくないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。



 

 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)