December 15, 2020

密を避けて自転車で気分転換

今年はレジャーの動向も変わりました。


言うまでもなくコロナの影響です。毎年恒例の「今年の漢字」は『密』に決まりました。この漢字は、清水寺の貫主が決めるのではなく、応募数の多いものですから、今年は多くの人が『密』、いわゆる三密を気にしていたのは間違いないようです。

三密を避けるレジャーと言えば屋外、アウトドアということになるでしょう。自転車に乗り始めた人もあると思いますが、家族連れのレジャーも、密にならないアウトドアに出かけた人が多かったようです。屋外、密閉された空間でなければ、換気も気にしなくてすみます。

キャンプ椅子
キャンプクッカー


あまり人が密集することなく、密接になることもないレジャーとして、今年はキャンプも人気だったようです。有名観光地の混雑を避け、キャンプ場で家族や仲間だけでゆったり過ごす人が増えたと言います。2015年頃から広まったグランピング、優雅で豪華なキャンプというトレンドも続いています。

これも今年からの現象ではありませんが、ソロキャンプをする人も増えていると言います。ブームに火をつけたのは、キャンプ芸人と呼ばれる、お笑いタレントのヒロシさんです。やはり2015年頃から、YouTubeに「ヒロシちゃんねる」を開設。かねてより趣味だったソロキャンプを扱った動画がブレイクしました。

テント
バーベキューコンロ


ヒロシさんは、ソロキャンプで焚火をしたりして過ごすのが好きなのだそうです。心置きなくソロキャンプを楽しむため、自分専用のキャンプ場を確保すべく、郊外の山林を購入しています。これに触発され、意外と手頃な金額で買えると、周囲に何も無いような山林を購入する人も増えていると言います。

そのほかにも、TVアニメ「ゆるキャン△」の影響もあったようです。これも以前から放映されていますし、キャンプブームが、必ずしもコロナの影響とは言えませんが、今年はコロナが拍車をかけた面があったのは否めないでしょう。今年の新語・流行語大賞のトップ10にも「ソロキャンプ」が入っています。

アウトドアテーブル
バーベキューコンロ・焚火台


キャンプと言っても、グランピングからソロキャンプまで、いろいろなスタイルがあります。ヒロシさんは、軽の四輪駆動車で行くそうですが、家族でいわゆるオートキャンプという人、最近増えているキャンピングカーを使う人、一人でオートバイの人、バックパック一つで電車で行く人もあるでしょう。

自転車でキャンプへ行く人もいるとは思いますが、あまり多くはないようです。自転車だと、どうしても機動力が限られ、遠くまで行くのが難しいですし、持って行ける荷物も限られてしまいます。日帰りでツーリングをする人はいても、日本では自転車で旅行をしようという人は少ないのが実情です。

Image Eurobike , www.eurobike.at/Image Eurobike , www.eurobike.at/

これがヨーロッパとなると事情が違います。旅行に行くのに自転車という人が少なくありません。もちろん、全体から見れば一部ですが、日本とは比べものにならないくらい多くの人が自転車で旅をします。定年になってから、自転車の旅を楽しむという人も少なくありません。

ヨーロッパを網羅するように自転車専用道が整備されています。道幅や傾斜などの基準が決められた、誰でも走りやすい高規格の自転車専用道だけをカウントしでも、ヨーロッパ全土で6万キロにも及びます。たいていの国の観光地、人気の場所は、この専用道だけ使っても行けるほどです。

Image Eurobike , www.eurobike.at/Image Eurobike , www.eurobike.at/

自転車で荷物を運ぶのは大変なので、荷物だけ次の宿泊地に運んでくれるサービスも普及しています。何かのトラブルの際には電話一本で駆け付けてくれたり、旅行中の、例えば洗濯を頼めるサービスもあります。こうした商売が成り立つくらい、ヨーロッパを自転車で旅行する人が多くなっています。

自転車は健康にもいいですし、景色を楽しんだり、寄り道をしたり、地元の人と触れ合ったりするのにも持って来いです。なんと言っても、移動自体が楽しいことがポイントです。わざわざ自転車で旅行するのが人気であり、決して珍しいことではないのです。

Image Eurobike , www.eurobike.at/Image Eurobike , www.eurobike.at/

そんなヨーロッパですから、自転車でキャンプという人も、少なくとも日本よりは多くいます。荷物を少なくして自転車で運ぶスタイルだけでなく、「キャンピング自転車」を自作してしまうような人もいます。これまでにも、オリジナルのキャンピング自転車を何度か取り上げました。

さて、ヨーロッパでも今年はコロナが流行したため、多くのレジャーや娯楽を諦めざるを得ませんでした。そして、やはり同じようにキャンプが人気となり、出かける人が急増したと言います。自転車での旅行だけでなく、自転車でキャンプに出かけたいというニーズも増えたようです。

ScoutScout

ScoutScout

ScoutScout

こうしたニーズに応えて登場したのが、キャンプ用トレイラーです。自転車に連結するだけで、気軽に自転車でキャンプに出かけられます。キャンプ自体が目的ならば、近場の河川敷とか、雑木林とか、ちょっとした里山などでも楽しめます。普段使う自転車に、サッと連結して出かけられる気軽さがあります。

自転車で一人用のテントを運ぶやり方もありますが、テントを設営したり、畳んだりするのは意外に面倒です。食材や飲料も持って行きたいですし、座ってのんびりするのに日よけも欲しいところです。こうしたニーズを全部トレイラーに詰め込んでいます。





しかも、展開するのも格納するのも非常に簡単です。どちらも3分で出来るとあります。もちろん荷物も運べるようになっています。これはなかなか楽しそうです。宿泊を伴わなくても、昼下がりに出かけてコーヒーブレイクするだけでも気分転換が出来るでしょう。一人の空間を確保してテレワークにも使えるかも知れません。

日本だとトレイラーを牽引して遠くまで行くのは簡単でないと思いますが、近場の河川敷や里山に行ったり、少し郊外まで足を伸ばしたりするくらいなら十分可能でしょう。クルマで進入できないような場所でも、自転車ならば入って行けたりすると思います。

ScoutScout

ScoutScout

ScoutScout

コロナ禍も、さすがに日本で自転車キャンプまでは流行らせませんでしたが、自転車で気軽にソロキャンプというスタイルがあってもいいでしょう。自転車キャンプと言うより、近場への自転車ピクニックといった感じであれば、もしかしたら日本でも受け入れられるかも知れません。




◇ ◇ ◇

アメリカでもコロナワクチンの接種が始まりました。まだ安全性など未知の部分はあるにせよ、この開発期間の短さは画期的です。新しいタイプなので、早期の大量供給も期待できます。これが世界の福音となることを祈ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。



 

 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)