June 28, 2021

巣ごもりでの時間の使いかた

多くの国で、巣ごもりを余儀なくされました。


自動運転昨年来のコロナのパンデミックでは、ロックダウンで多くの国の人々が、外出を自粛させられました。気分的に落ち込んだ人も多かったでしょう。しかし、気分を換えて、家の中で何か新しいこと、今までしなかったようなこと、出来なかったことを始めた人も多かったようです。

例えば、断捨離とばかり、家の中の大掃除を始めた人は多かったようです。新しい趣味、例えばガーデニングとか、料理とか、手芸・裁縫といった家の中や庭で出来ることを始めた人もあったでしょう。いわゆる巣ごもり消費とされ、コロナ禍で売り上げが大きく伸びたものもありました。

運動不足解消で、室内でローラーやトレーナー、あるいはエアロバイクでペダリングを始めた人も少なくありませんでした。そして、自転車に関して言えば、修理やメンテナンス、そしてDIYを始めた人もあったようです。今回は、自転車を自分で作ってしまった人を取り上げてみたいと思います。( ↓ それぞれの動画を参照)



誰でも思いつくのが、手持ちの自転車に電動モーターとバッテリーを取り付け、自作の、e-bike をつくることです。日本だと規制で、そのまま公道走行は出来ないケースが多いですが、普通に走れてしまう国もあります。市販品のように制限することなく、スピードや航続距離を追求する人もいます。



ネット上では、自作の電動自転車を作った人がたくさん見つかります。モーターとバッテリーなどを取り付けるだけなら、比較的ハードルは低いでしょう。しかし、もっと凝った自転車を制作した人もいます。こちらは、なんと自動運転の自転車です。



中国の、Huawei社のエンジニアによる、自作の自動運転自転車です。雨の日に自転車に乗っていて転倒し、顔面を怪我したことで、一念発起したそうです。無人でも左右の微妙なバランスをとり、倒れません。人が乗っても自動運転とはいきませんが、無人でも倒れずに走行します。



以前、日本の村田製作所が、自律してバランスをとって倒れないムラタセイサク君という自転車に乗ったロボットを製作して話題になりました。センサーで傾きを検出し、円盤を回すことで、そのジャイロ効果でバランスをとるものでした。これと同じような仕組みのようです。



ファットバイクをハブレスにした人もいます。相応の技術が必要で、普通の人には出来ませんが、ユニークです。映画の「トロン」に出てくる、“Light Cycle”に触発されたのは間違いないでしょう。リムドライブなのかと思えば、そうではなく、リム部全体がギヤになっています。



家庭用の電動ドリルを動力源にして、自作の乗りものを作る人は少なくありません。しかし、駆動方式にこだわって、車輪ではなく二足歩行のマシンを作ってしまった人もいます。これはもう自転車とは言えそうにありません。これはコロナ禍ではなく、少し前のもののようです。



もっと破天荒なことを考える人もいます。なんとクルマのエンジンの代わりに、タンデムの自転車を取り付けてしまいました。クルマいじりが好きな人はいますが、この発想はなかなか出てこないでしょう。街行く人も驚き、大笑いしたようです。

さらに、これでマクドナルドのドライブスルーを利用して、品物を受け取っています。店員はマスクをしていますが、きっと笑っていたに違いありません。当然のようにパトカーにとめられています。警察官も、これは自転車だと言われ、それ以上何も言えなかったようです。



自転車の自作は、コロナ禍でなくても、普通の人にはなかなかマネが出来るものではありません。でも、もう少し手軽なことに取り組んだ人たちもいます。例えば、自分の自転車の中に、古くて塗装がはげたものなどがあれば、ペイントして再生するのもいいかも知れません。



DIYで、自転車ラックを制作した人もいます。収納場所で整頓されずに邪魔になっていたり、自転車が倒れてしまうなど、懸案だった自転車の収納問題を解決する、実用的な日曜大工です。誰でも簡単とは言いませんが、木材を材料にすれば、比較的敷居は低そうです。





一つを除いて、どれも動画がアップされた日付から見て、コロナ禍での制作だったようです。何かを作っていれば気も紛れるという、巣ごもりを強いられた時間を過ごす知恵という面もあるのでしょう。コロナ禍を、文字通り、「生産的な」時間にしていた人は少なくないようです。




◇ 日々の雑感 ◇

なぜ菅首相は議員や記者の質問に対し、ピントのずれた、論点をすり替えてまともに答えないような回答しか出来ないのでしょうか。政策もさることながら、こうした国民をバカにしたような態度が支持率を下げていると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


Amazonの自転車関連グッズ
Amazonで自転車関連のグッズを見たり注文することが出来ます。



 

 
※全角800字を越える場合は2回以上に分けて下さい。(書込ボタンを押す前に念のためコピーを)