August 21, 2017

人のフリ見て我がフリなおせ

自転車に乗る人が増えています。  <続きを読む>

Posted by cycleroad at 13:00Comments(2)

June 01, 2017

他人の意見で気づくべきこと

最近はSNSで多くのことが発信されます。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 13:00Comments(2)TrackBack(0)

March 11, 2016

迷惑駐輪は場所だけではない

日本では、毎年200万件以上の犯罪が起きます。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

July 12, 2015

自転車の通行に秩序をつくる

改正道交法施行から、一月半近く経ちました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(17)TrackBack(0)

May 28, 2015

関心が高まれば意識も変わる

今月は全国的に記録的な暑さになりました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(9)TrackBack(0)

May 04, 2015

穏当で婉曲に伝える注意喚起

前回、違法駐車対策のサイトを取り上げました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(2)TrackBack(0)

May 15, 2014

サイクリストの立場で考える

道路を自転車で走っていると、ヒヤリとすることがあります。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(21)TrackBack(0)

March 19, 2014

自転車乗りに呼びかける方法

ユトレヒトは、オランダ第4の都市です。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

October 05, 2013

抑止するための仕組みが必要

自転車利用者のマナー向上のため、さまざまな努力がなされています。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(4)TrackBack(0)

June 01, 2013

地域それぞれのルールや整備

都道府県ごとに、独自の自転車行政が行われています。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(6)TrackBack(0)

March 09, 2013

気持ちに余裕があるかどうか

「忙しい」は現代人の枕詞のようになっています。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(4)TrackBack(0)

December 09, 2012

ガスとEVとスポーツバイク

スポーツバイクを間近に見て驚く人がいます。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(2)TrackBack(0)

June 30, 2012

自転車のルールを意識させる

自転車には、当然ですが走行のルールがあります。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(8)TrackBack(0)

May 10, 2012

知ってるだけでは意味がない

今月は自転車月間です。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(13)TrackBack(0)

December 09, 2011

世界でも日本の文化親しまれ

日本文化が広く世界で親しまれるようになってきました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(2)TrackBack(0)

November 18, 2011

歩道走行のままではいけない

自転車は歩道通行のままでいい、と考える人が少なくないようです。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(29)TrackBack(0)

October 01, 2011

ノーブレーキがもたらすもの

11100101秋の交通安全運動が終わりました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(16)TrackBack(0)

August 08, 2011

断固とした態度を示すことで

リトアニアは、ヨーロッパの北東に位置するバルト三国の一つです。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(10)TrackBack(0)

July 12, 2011

マナー改善では済まない段階

大阪府が自転車のマナー向上に力を入れています。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(14)TrackBack(0)

May 10, 2011

道行く人を笑顔にするために

自転車に乗るのは楽しいものです。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

July 17, 2010

社会を良くする為のスポーツ

最近、新しいスポーツが話題になっています。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(6)TrackBack(0)

June 20, 2010

一人で聴くか皆と楽しむのか

iPod が発売されたのは2001年の10月でした。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(6)TrackBack(0)

March 25, 2010

街の安全を守るのは誰なのか

今日もすれ違う人たちがいます。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(8)TrackBack(0)

December 07, 2009

周囲へ配慮するための決まり

クリスマスパーティーなどが増えてくる季節です。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(4)TrackBack(0)

November 16, 2009

ルールやマナーは誰のためか

世の中には2種類の人がいます。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(8)TrackBack(0)

May 14, 2009

少しずつでも広がっていけば

先日、少し気になる光景を見かけました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(10)TrackBack(0)

March 12, 2009

自転車ブームのマイナス部分

今年は開花が早まりそうです。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(10)TrackBack(0)

May 28, 2008

自転車生活に突然訪れる危機

私の友人の知り合いの話です。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 23:30Comments(59)

December 30, 2007

秩序と安全を取り戻すために

自転車教則が30年ぶりに改正されます。
  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 06:00Comments(6)TrackBack(0)

April 30, 2006

自然に出る動作を身につける

江戸しぐさ最近、「江戸しぐさ」という言葉を見聞きすることがあります。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 22:00Comments(2)TrackBack(0)

September 29, 2005

仕切りばかり増えていく社会

京都府警京都府警が、秋の全国交通安全運動の一環として、自転車でスピードを出して坂を下る危険を知ってもらおうと、高校生らの速度を測定したそうです。スピードガンで測ったのでしょうか。ちょっと珍しい試みです。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 07:00Comments(8)TrackBack(1)

September 25, 2005

急なブームは悲劇のはじまり

ウォーキードッグ最近は小さな犬をよく見かけます。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 08:00Comments(0)TrackBack(1)

April 04, 2005

珍しい標識が立てられるワケ

謎の標識先日、川沿いを走っていたら、こんな標識を見つけました。れっきとした国土交通省の看板です。あまり見ないマークですが、この標識の意味は何だと思いますか。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 21:53Comments(0)TrackBack(0)

March 31, 2005

髪の長い女性の後ろ姿に幻惑

暖かくなってきました。なるべく鳴らさないようにはしているのですが、とっさの危険を知らせるために、自転車のベルを鳴らすことはあります。先日まさにそういう場面がありました。前方の自転車を追い抜こうとした時、急に右側に寄ってきたのです。思わずベルを鳴らしました。  <続きを読む>
Posted by cycleroad at 21:12Comments(2)TrackBack(0)